• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuokamatsuoka  - ,,,  10:30 PM

船酔いの防止法と対処法~憧れのクルージングもこれで安心!

船酔いの防止法と対処法~憧れのクルージングもこれで安心!

船酔いの防止法と対処法~憧れのクルージングもこれで安心!


人生で一度くらいは経験してみたい、優雅なクルーズの旅。「船酔いするからダメだ」とハナからあきらめているあなたに、とっておきの船酔い対策をご紹介しましょう。

船酔いを防止する方法として、以下の5つがあります。



防止策1. 船の安定した場所に移動する

クルーズ客船で立っていられないほどの激しい揺れにあったら、歩き回るのは最小限にとどめ、客船の中心部に位置する下層デッキのラウンジで、座ってリラックスしましょう。ここが客船内で最も安定した場所ですし(クルーズ船のときの船酔い防止策についてはこちらの英文記事も参照)、いざとなったら近くにトイレもあるはず。しばらくすれば、穏やかな波の方向に舵が切られ、次第に揺れも収まるでしょう。


防止策2. 近くのものではなく、遠くの水平線に視線を合わせる

船の揺れは、ヒトの平衡感覚や視線の方向を狂わせます。重力の中心を安定させるため、近くのものに視線を合わせるのではなく、船室もしくは廊下の先から水平線を探しましょう。くれぐれも、ゆらゆら揺れる波は見ないこと。波打つプールの水からも離れましょう。デッキに座って、新鮮な空気を吸うのはいいですが、読書は避けるほうが賢明。症状が悪化することがあります。船の揺れに伴って上下左右に動くページを水平に捉えようと、視線が頻繁に調整されるからです。波打つ海のはるか先、水平線を眺めましょう。


防止策3. 忙しくして、気を紛らわせる

筆者の息子さんは、幼い頃、舵をとって航行の補助をさせてもらえるまで、彼の祖父の船で船酔いすることがあったそう。クルーズ船で一般の乗客が舵をとらせてもらえることはないでしょうが、音楽を聴く、映画を観る、洗濯をする、ラウンジで他の乗客と話す、スパでトリートメントをしてもらうといったことで、気を紛らわしましょう。クルーズ船では、ゲームやレクチャーなど、乗客が参加できるアクティビティが数多く用意されていますよ。


防止策4. 気をつけて食べる

ビュッフェで、あれこれごちそうを食べ比べている場合ではありません。食事は軽めにし、刺激の少ない食べ物を選ぶこと。重いもの、脂っこいもの、辛いものなど、胃に負担をかけるような食事は避けてください。


防止策5. 脱水状態にならないよう水分を摂る

ミントティは吐き気を伴う胃痛を和らげますし、スポーツ飲料は失われた電解質の補給を促します。水、リンゴジュース、ノンカフェインティー、しょうがドリンクもいいでしょう。一方、腸内ガスを誘因する炭酸飲料は避けること。水などの透き通った液体は吸収され、体内システムを穏やかに通過し、透明度の低い液体のように消化後の残留物がないので、ベストです。なお、アルコールの摂取は最小限にとどめてください。


さて、無念にも船酔いしてしまった場合は、次のいずれかの措置を講じましょう。


対処策1. 自然素材を摂り、症状を緩和する

症状の緩和に、青リンゴやジンジャータブレットが効果的なことがあります。青リンゴはビュッフェにありますし、ジンジャータブレットは売店で入手できます。ショウガの根を噛むのもいいでしょう。寄港先の地元市場なら見つかるかも。


対処策2. 抗ヒスタミン剤は避ける

ドラマミン(Dramamine)やボナイン(Bonine)のように眠気を催すような抗ヒスタミン剤は避けましょう。どうしてもこれらの薬を摂る必要があるならば、眠気を催さない方法を見つけること。


対処策3. 「ツボ押しリストバンド」を使ってみる

手首のツボを指圧するリストバンドで、船酔いが和らぐこともあります。


対処策4. 船内の医務室を利用する

船内の医務室では、耳の後ろにつけるパッチや、薬、注射など、船酔いを緩和するための様々な手段が準備されています。


なお、小腹が空いてきて、吐き気が5~6時間は収まったら、刺激が少なく、穏やかに消化できる食事を摂りましょう。バナナ、すまし汁、水で炊いたオートミール、塩味のクラッカー、ドライシリアルなど、嘔吐や下痢によって失われた栄養分を補う食べ物がおすすめです。これらの食べ物なら、必要な栄養分を摂りながら、船酔いがぶり返すリスクも軽減できますよ。

また、船酔いの措置によって、継続中の他の治療に影響が及ぶのを避けるため、心配な場合はクルーズの前に受診しておくのがベストです。

このように、船酔いを避ける、もしくは軽減する方法はいくらでもあります。せっかくのクルーズ旅行が「船酔いで苦しんだ記憶しかない...」なんてことにならないよう、ぜひこれらのコツを参考にしてください。


Preventing Motion Sickness On A Cruise | Wanderplex

Mary Fiore(原文/訳: 松岡由希子)
Photo by roger4336.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.