• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuokamatsuoka  - ,,  10:00 PM

海外で暮らすアノ人に...。お手軽価格でかさばらない、日本のお土産たち

海外で暮らすアノ人に...。お手軽価格でかさばらない、日本のお土産たち

130601omiyage1.jpg


海外の友人への手みやげや、来日した海外のクライアントへのちょっとした「お餞別」などでは、海外で手に入りづらい、日本らしいアイテムを贈りたいものですね。こちらでは、手頃な価格で、かさばらない、日本のお土産をまとめてみたいと思います。



1.日本茶

130521omiyage4.jpgGenmaicha(玄米茶)、Sencha(煎茶)など、日本茶は、欧米のスーパーでも広く販売されており、特に、健康コンシャスな層に人気があります。とはいえ、現地で販売されているものは、比較的高価な上に、本来の日本茶とは味も香りも異なるものが多いです。そこで、元祖「日本茶」をプレゼントする、というアイデアはいかがでしょう?「祇園辻利」(左画像)や「一保堂茶舗」などの老舗では、ちょっとした手みやげにも使える、オシャレなティーバッグの詰め合わせが用意されています。


2.布モノ

130521omiyage3.jpg風呂敷やてぬぐいなど、日本ならではの布モノは、海外でも人気があります。手ぬぐい専門店「かまわぬ」は、色・デザインも豊富。プレゼントする相手を想いながら、あれこれ選ぶのも楽しいです。

実用性も兼ねたモノとしておすすめなのが、布巾。海外のキッチンでも、布巾は必須アイテムなので、毎日、日本を楽しみながら使ってもらえること請け合いです。遊中川の「花ふきん」(左画像)は、蚊帳生地を使っており、吸水性がよく、とても丈夫。ベーシックな和柄のほか、「東北ふきん」、「富士山ふきん」など、ご当地バージョンもありますよ。


3.紙モノ

ノートや和紙を使った雑貨は、欧米でも注目度高し。仏パリのオシャレなセレクトショップ「merci」では、海外の一流アイテムとともに、日本のアピカノートや紙食器「wasara」がディスプレイされていますし、フィンランド・ヘルシンキの雑貨店では、和紙から生まれた日本ブランド「SIWA」のポーチ・バッグなどが北欧デザインと一緒に並んでいます。オシャレに敏感な方へのお土産なら、このような変わり種の日本土産もいいかもしれません。

また、カリタのコーヒーフィルターに代表される日本製ペーパーフィルターは、プロの間でも品質の高さを評価されており、米国の「Blue Bottle Coffee」独ベルリンの「Chapter 1」といった、欧米の本格派カフェでも業務用として使われています。コーヒーフリークの方になら、日本のペーパーフィルターも有力候補でしょう。


おまけ

多少のチープさは避けられないものの、100円ショップでは、紙ちょうちんやのれん、扇子、ウチワといった、コテコテの和グッズが調達可能。また、ユニクロの一部店舗では、「NIPPON-OMIYAGE」プロジェクトを通じて、Tシャツやバンダナなどを展開しています。ド直球の日本土産なら、これらのお店を覗いてみるのもいいかも!?


このほか、「これぞ、おすすめ!」という日本のお土産にピッタリな逸品をご存知でしたら、ぜひご共有をお願いいたします!


(松岡由希子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.