• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

igarashiigarashi  - ,,,  06:00 AM

人を怒らせた時にやりがちだけれど、やってはいけないこと(そして、すべきこと)

人を怒らせた時にやりがちだけれど、やってはいけないこと(そして、すべきこと)

130529someone_angry.jpg


思いがけず誰かを怒らせてしまったら、「そんなつもりではなかった」とすぐさま弁明して、真意を説明しようとするでしょう。けれども、「あなたの真意」を、あなたの行動が引き起こした結果と比べても、ほとんど意味はありません。相手の怒りが収まりそうにないとしたら、それが理由です。

誰かのせいであなたが迷惑を被ったり、仕事がやりにくくなったり、あるいは遅刻したりしてしまったとしましょう。そのとき、その誰かさんが「自分はこうするつもりだった」とだけ述べ、自分がしたことは不適切だったということには触れないとします...頭に来ませんか?

逆に、あなたが相手に迷惑をかけてしまった場合はどうでしょう。あなたがどういうつもりだったかを理解してくれれば、相手もあなたの行動に理解を示して、落ち着いてくれるだろうと思うかもしれませんね。でも、そうはいかないのです。

Peter Bregman氏は「Daily Good」で、真意を説明するのではなく、あくまで結果に注目しようと言います。さらに、相手がどう感じているのか、どういう風に問題なのかを認めるべきだと指摘しています。


要するに、相手にとっては自分のことではないから、あなたの「考え」も「行動」も重要ではありません。相手が自分のこととして経験するのは、あなたが取った行動の「結果」です。

実に、驚くほど単純なことです。誰かの機嫌を損ねてしまったら、どちらの言い分が正しかろうと、あなたの行動がどのように相手に影響を与えたのかを認めるところから会話を始めましょう。どういうつもりでそんな行動をしたのかという議論は後回しです。ずっと先まで取っておいてかまいません。たぶん、それを言う機会が来ることはないでしょう。なぜなら結局のところ、あなたがどういうつもりだったかなど問題ではないからです。

相手は自分のほうが正しいと思っているようだが、あなたにはそう思えないとしたらどうでしょう? それも関係ありません。あなたにとって必要なのは同意することではなく、理解することだからです。


Bregman氏はこれについて、口で言うのは簡単でも実行するのは難しく、感情的な反発から自分中心に話を進めたくなると認めています。私たちはみな、自分の立場をきちんと説明しさえすれば、相手も理解してくれると思いたいのです。わかってもらえないのは相手に問題があるからだとか、意見や感じ方が異なるのだと考えてしまいますが、根底にあるのは「共感」の問題です

相手の言い分を認めることから会話を始めれば、事態を悪化させることなく、お互いに問題を乗り越えやすくなるでしょう。Bregman氏は、それをスムーズに行うためのヒントを紹介しています。


ちょっとしたコツを紹介しましょう。相手が「あなた」に対して腹を立てているとしても、あなたではない「ほかの誰か」に対して腹を立てていると想像してください。そして、そういう場合と同じように対応するのです。おそらくあなたは、まず話を聞いて、相手がどんなに頭にきているか分かっているということを相手に伝えようとするでしょう。

それで、自分の意図を説明する機会がやってこなかったら? 実際に試してみてわかったのは、自分でも驚いたのですが、「結果」について理解していることを伝えると、自分の意図を正当化する必要性もなくなることでした。

なぜなら、どういうつもりだったかを説明するのは、そもそもが関係を修復するためだからです。けれども、相手のいやな思いに共感を示したことで、すでにこの目的は達成されています。たいていの場合、この時点でお互いにその話題から離れられるようになっているはずです。

それでも、まだ自分の意図を説明する必要があると感じたら? 「ちゃんと話も聞いてもらえたし、理解もしてもらった」と相手が感じたら、機会はまだあります。

こういうことがすべてうまくいくと、お互いの関係が変化するだけでなく、ほかにも改善される点がしばしば見られます。それは、お互いの振る舞い方です。


いくつかの具体例については、下記リンクを参照してみてください。Bregman氏はそこで、同僚を電子メールで意図せず怒らせてしまったり、妻と約束していたディナーに遅れてしまったりした場合など、このアプローチが役に立ちそうな例を紹介しています。


What To Do When You've Made Someone Angry | Daily Good

Alan Henry(原文/訳:風見隆/ガリレオ)
Photo by Thinkstock/Getty Images.
読者のMaryさん、このアイデアを紹介してくれてありがとう!

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.