• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  -   02:00 PM

海外ブランドならではのコンパクト・大容量なモバイルバッテリーTOP4【米LHおすすめ】

海外ブランドならではのコンパクト・大容量なモバイルバッテリーTOP4【米LHおすすめ】

130528battery.jpg


外出先でiPhoneやノートパソコン、デジカメなどの充電が切れそうになった──。そんな経験は誰にでもあるのでは。予備のバッテリーを常に持ち歩けばいいのでしょうが、できれば1つのバッテリーであらゆるデバイスを充電したいものです。

最近では、さまざまなデバイスの充電ができるモバイルバッテリーがあります。今回はその中でも、米Lifehackerおすすめのモバイルバッテリーを紹介しましょう。


1.Anker「Astro」


130527_BatteryPack_02.jpg


Ankerのモバイルバッテリーのシリーズは大容量(「3E」は1万mAh、「E4」は13000mAh、「Pro」はとてつもなく大きくて14400mAHもあります。最新の「Pro2」はなんと2万mAh!)。にもかかわらず、モデルにもよりますが、スリムでポケットサイズなので持ち運びが簡単で、一度に複数のデバイスの充電ができ、瀕死のバッテリーでも何時間も保たせることができます。

おすすめポイントは、持ち運びがしやすく、実際のサイズは小さいのに容量は大きく、手頃な値段で、何でもというわけではないですがUSB経由で充電(別途USB充電ケーブルが必要)ができるところ。フラッシュライト付きのものもあります。

スマホやタブレットはもちろん、ノートパソコンのようなかなり電源が必要なデバイスも充電できます。日本のAmazonでは「3E」が2999円、「E4」が4179円です。


New Trent「iCarrier」「iGeek」


130527_BatteryPack_03.jpg


New Trent社は、iPhoneとiPadのモバイルバッテリーを製造し始めて以来かなり成長してきた会社です。「iCarrier」は12000mAhと大容量にも拘わらずポケットサイズで、「iGeek」は9900mAhです。どちらもiPhoneやiPad、Androidの携帯、その他microUSBやUSBで充電するタイプのデバイスを充電することができます。

おすすめポイントは、かなり長時間充電できるところでしょう。上に付いているインジケーターのライトが分かりやすいので、あとどれくらい充電できるのか迷うこともありません。どちらも、接続しているデバイスの充電が終わったら自動的に終了し、一度に2つのデバイスを充電することもできます。

米LH読者のweendexさんは、キリマンジャロ登山の際に持っていき、7日間の登山の間ずっとiPhoneの充電を切らさずGPS機能を使い続けることができたのだそうです(驚きです)。日本のAmazonでは1万2000mAhのモバイルバッテリーが4530円です。


MonoPrice「External Battery Packs」


130527_BatteryPack_04.jpg


Monopriceのモバイルバッテリーも、軽量で、持ち運びもでき、人気があります。突出して大容量のものもあり、スマホやタブレット(それも複数)の緊急時の充電にはもちろん十分ですし、かなり低価格です。Monopriceの製品は低価格志向ですが、安いからといって、容量が小さかったり、デザインが悪かったりするわけではありません。

すべてのモデルがポケットに十分入るほど小さく、5000mAh(「9283」・上の画像)は、デバイスを何時間分も充電することができる上に、USBポートが2つあるので、一度に2つのデバイスを充電できます。何よりすばらしいのは、たったの29米ドルということです。軽量の1400mA(「6915」)は、マイクロUSB経由でデバイスに2〜4時間分の充電ができ、なんと8米ドルです。1900mAh(「7663」)は、プラグが付いているので直に挿しながらでも、マイクロUSBの延長ケーブルやコネクタープラグを使ってでも、充電することもできます。価格は16米ドルです。

Monopriceには、様々なカテゴリーに、あらゆる形やサイズの製品があります。いわゆる普通の下にプラグを挿すバッテリーから、スマホやタブレットなどもっと複雑なものにも対応する複数の方法や、取り外し可能なケーブルもあります。自分に合ったバッテリーが、しかも驚くほど安く見つかるはずです。


Mophie「Juice Pack Powerstation」


130527_BatteryPack_05.jpg


今回は色々な種類のデバイスを充電できるモバイルバッテリーを紹介していますが、Mophieはスマートフォンのケース型バッテリーJuice Packが有名です。Powerstationシリーズは、光沢のある持ち運び可能な「4000mAh Powerstation」(上の画像)が80米ドルです。もっと軽量な「2500 mAh Powerstation mini」は60米ドル、もっと容量の大きな「6000 mAh Powerstation Duo」は100米ドルです。

万人受けするものではありませんが、Mophieファンも少なからずいます。おすすめポイントは、サイズと容量の比率です。ポケットに入るくらい大きさは小さいけれど大容量で、スマホでもタブレットでもノートパソコンでも、USBであらゆるデバイスが充電できます。

Mophieのバッテリーは他社製品によくあるプラスチックではなく、メタル素材でできています。MophieのWebサイトから直接購入もできますが(一応海外からの購入もできるが関税や地方税など国や地域によって別途料金がかかる)、Amazonでは4000mAh Powerstationのレッドが5781円、ブラックが6325円です。


※日本のAmazonでの購入価格は2013年5月27日現在のものです。


Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.