• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太年吉聡太  - ,,  05:30 PM

マイクロソフトは最高の仕事場? 日本マイクロソフトの女性たちの働き方

マイクロソフトは最高の仕事場? 日本マイクロソフトの女性たちの働き方

130527ms01.jpg


5月27日、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)で開催された「IT系キャリアに従事する女性に向けたトークセッション」を見学してきました。

会場に集まったのは、30人強の「IT女子」。エンジニア、営業・マーケティング職を中心としたIT系企業勤務の女性たちです。彼女たちを前に、日本マイクロソフトの女性社員(+子どもをもつ父親でもある男性社員)が自身の働き方を紹介するというのが本会の主旨でした。

そこで聞いたのは、「働くための環境づくり」のために日本マイクロソフトが何をしているのか、ということ。在宅勤務をはじめとする制度とそれを支えるシステムには、非常に充実している印象を受けました。内容を一部、紹介したいと思います。


まずは日本マイクロソフトの会社規模を。これから紹介する仕組みが実際にどう機能しているのか、想像する助けになると思います。


2012年7月1日現在、社員数は2208人。うち、男性が1745人、女性が463人です。社員の平均年齢は39.2歳。本社は品川駅から歩いて3分くらいのビル群にあります。「キャリアとは、ひとりひとりがつくっていく」というのが、社員に求められる仕事のスタイル。社内を歩いていてぱっと見の印象ですが、男性も女性もスーツ姿が多い印象です(もちろんそれは、来訪者が立ち入れるエリアだけでの話ですが)。



日本マイクロソフトでは最大で週3日、在宅勤務できる


トークセッションで挙げられていたのが、特徴的な3つの制度でした。


  • 在宅勤務制度:週3日間まで、在宅での勤務が可能
  • 短時間勤務制度:1〜3時間/日の時短、育児や介護と仕事の両立を支援
  • 有給の看護休暇:5日間の有給休暇を取得可能、社員の家族の介護・看護のための休暇


在宅勤務の制度は5年ほど前から実施されているそうで、とはいえ3日間をフル活用して在宅勤務するというよりは、週1日程度のペースで利用している社員が多いとのこと。育児や介護に限らず、通勤時間の節約や集中作業に充てるなど、生産性向上を目的として選択している人も多いようです。

オフィスを離れて仕事をする際の課題のひとつが、コミュニケーションを絶やさず業務をいかに円滑に行うかということでしょう。この点に対する手段がひとつ。日本MSは、同社のメッセージング・オンライン会議ツール「Lync」を採用しているとのこと。オフィスにかかってきた外線電話をそのまま、オフィス外の担当者につなげるというのには驚きました。


130529ms03.jpg


実際に「働きやすいのか」


いわゆるテレワーク導入のもうひとつの障壁になるのが、個々人の生産性をどう管理していくかということ。日本MSにおいては、先に挙げた「キャリアとは、ひとりひとりがつくっていく」というポリシーが、効果的に機能しているのだと感じました。

つまり、社員それぞれが自分の目標を設定し、達成することで部署に貢献し、会社全体の業績を上げる。会社はそれぞれの目標に対してのパフォーマンス・成果でもって判断を下す(その徹底ぶりは、機会あればまた紹介したいと思います)。同時に、目標達成のために可能な限りのサポートをする。「自由をあいまいにしない個人主義」が、この会社の働き方だといえるかもしれません。


以下は、パネラーとして参加していた2人の女性社員が紹介していた自身のワークスタイル。グローバル企業らしさも垣間見えて興味深かったです。


・エンジニア職の女性社員の場合

エンジニアひと筋。入社して10年目を迎える。普段の業務は「デベロッパーサポート」。アプリケーションの開発者や個人向けの開発支援を行うのが仕事。

毎日の生活リズムに大きな波はあまりない。朝9時に出社し、夜9時に帰宅。その間、北米やインドのパートナーとオンラインでやり取りをしているが、時差を利用して「タイムスライス」。仕事を時間で区切るのは、試行錯誤の末たどり着いたワークスタイル。プライベートの予定がある時はフレックスタイムを利用し、15時に帰ることも。


・マーケティング職の女性社員の場合

マーケティング部門での仕事は「学生の頃から志望していた」。在職中に結婚・出産、米国での勤務を経て今に至る。

毎朝小学生の子どもを送り出し、8〜9時頃に出社。9時前後にすでにミーティングの予定が入っている日も少なくない。ランチの時間も仕事に活用し、夜7時には帰宅。家では極力PCを開きたくないので、仕事のメールは会社支給のWindows Phoneでチェックする。

自分のこと、子どものことはもちろん、親の健康状態についても考えることも多くなった。実際に看護休暇をとれたことには感謝した。


マイクロソフトのダイバーシティ

(年吉聡太)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.