• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  10:00 PM

会議で使える「マインドマップ」使い方講座

会議で使える「マインドマップ」使い方講座

会議で使える「マインドマップ」使い方講座


会議中ノートをとるのが遅くて議事の進行についていけない、思いついたアイデアをメモっておいても後で何を書きたかったのか思い出せないというような経験はありませんか?

そんなときは「マインドマップ」を使ってみましょう。主要コンセプトは以下の通りです。


  • マインドマップは自由な道具です。使い方に正しいも間違いもありません。多くの人がカラーペンやイラストを使うのを勧めていますが、すべてはあなた次第です。コンピュータを使ってもよいでしょう。とにかく始めることが大切。慣れてきたら自分流にアレンジしましょう
  • マインドマップは右脳と左脳の両方を使うようにデザインされています。色や絵を使うことで創造脳を、メモをとることで分析脳を活性化します。脳の両側を働かせることで、集中力を保ちながら自由な発想を広げられるのです
  • マインドマップではグラフィカルな表現を用います

    • 「矢印」は、アイデアの流れを表します

    • 「双方向の矢印」は、お互いに関連がある同価値のテーマを結びます

    • ほかのアイデアと線で結ばれていないアイデアは「フローティングトピック」です。メインテーマには関連しないが重要なアイデアを表します


マインドマップを描いていく


それではさっそくマインドマッピングを始めましょう!

マインドマップの中央に会議の「メイントピック」を書いてください。例えば次の図では「12月までに市場でのシェアを30%アップさせる」とあります。

メイントピック


次に、メイントピックを囲むように「サブトピック」を書き込んでいきます。配置や順番は気にしなくてOK。


サブトピック


これが会議のマインドマップの基本形です。会議の全体像が一目でわかりますね。


もっと便利に


また、会議中にメイントピックとは無関係だけど重要な発言があったら「フローティング・サブトピック」にします。例えば下図の「シカゴのエンターテイメント状況を調べる」がそれです。


フローティング・サブトピック


誰かがアイデアやコンセプトを発言したら、関連するサブトピックから枝を伸ばしてアイデアを書いていきます。大事なアイデアは目立つようにしておきましょう。下図では「他社とジョイントベンチャーする」というアイデアを赤字にしています。予算(Budget)問題を解決する重要なアイデアだと思ったからです。

アイデアの横に落書きしたくなったら、迷わず描いてください。マインドマップは左右両方の脳を使うようデザインされているのです。メモが分析脳を働かせる一方で、落書きは創造脳を活発にします。


アイデアを赤字にしています


また、後で誰の発言かわかるように、発言者の名前を書いて、そこから枝を伸ばして発言内容を書き入れるのもよいでしょう。


発言者の名前を書いて


マインドマップじゃない従来のメモの取り方だと、些細なアイデアや思いつきが抜け落ちやすくなります。その点、マインドマップはすべてのアイデアを網羅できます。別々のトピックに属するアイデアでも、関連があると思ったら躊躇せず線で結んでください

一度マインドマップを試してみれば、アイデアがうまく整理されたと感じるはずです。マインドマップは創造力を解放します。プロジェクトの主要な情報はもちろん、一見些細だが重要なアイデアも漏れなく書き留めることができます。

とくに会議のメモとりにはうってつけ。すばやく全体像を把握して、トピック同士の関連性も発見できます。他の人が退屈そうに時計をちら見している間に、会議をクリエイティブにするのはそう、あなたです!


Brad Isaac(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.