• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,,  03:00 PM

マウス感度を調整、理想の操作感を手に入れる『カーソルセンス』【試用期間延長!】

マウス感度を調整、理想の操作感を手に入れる『カーソルセンス』【試用期間延長!】


Mac:Macには、マウスカーソルの加速度を調整するアプリが、いくつかあります(たとえば『Decelerate』は、その代表作と言えます)。

しかしこうしたアプリでマウスを調整しても、過敏に反応するようになるだけで、好みの設定にならない経験をしたことはないでしょうか? 私はこの類のアプリで理想とする調整をできたことがないので、積極的に使うことはなかったのですが、ご紹介する『カーソルセンス』は、ひと味違います。

カーソルセンスは、加速度に加えて「感度」が調整できます。このおかげで、自分のフィーリングに合うように、マウスカーソルの動きが調整できるというワケです。


カーソルセンスは「加速度」と「感度」の2つの要素を使って、マウスカーソルの動きを調整できるアプリです。価格は税込で980円で、サイトからダウンロードできます(試用期間も2013年10月31日までと大判振る舞いです!)。


カーソルセンス独自の「感度」。マウス操作をどう変える?


その他のアプリでは聞くことのない「感度」とは、マウスを1インチ動かした時のマウスカーソルの移動量のことを言います。通常は、OS内部で固定値が使われていますが『カーソルセンス』を使えば、これも調整できます。加速度と感度を調整することで、マウスカーソルの動きを自分の感覚に合ったものに調整できます。

私は加速度を2.8、感度を504に設定することで、若干違和感を覚えていたMagicMouseのカーソルの動きにも満足できるようになりました。設定は機種ごとに保存できるので、MagicMouseとMagicTrackpadを使い分けている場合でも問題はありません。

Macユーザーであれば、マウスの操作感にこだわりを持っているはずです。設定は簡単ですし、長期間試用できるので、試してみてはいかがでしょうか?


カーソルセンス

(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.