• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  11:00 AM

職場の「困った人」に対処するための4つの方法

職場の「困った人」に対処するための4つの方法

『人づき合いが楽になる20のコツ』

人づき合いが楽になる20のコツ』(榎本博明著、新潮社)で紹介されているのは、誰の近くにもいる「ちょっと苦手な人」の「心の癖」を読み取り、「無難」に接するためのコツ。「職場で遭遇する困難な会話場面」「初対面の人との困難な会話場面」「身近な人との気になる会話場面」「かなり困った状況の会話場面」と状況ごとの対処策が説明されているので、とても実践的です。

「職場で遭遇する困難な会話場面」に焦点を当てた第1章「相性が悪くても避けられない!」から、いくつかを拾ってみましょう。



1.「君のため」と思ったアドバイスにどうしてムキになる?(14ページより)


世の中が方向性を失い、誰もが自分の生き方について不安を抱える時代。そんななか、上司や先輩のアドバイスにやたらと反発する人が増えてきたといいます。ちなみに彼らが反発するのは、不安が強く、自信が持てないから。だからアドバイスを受けると、優位性を誇示されたように感じてしまうという悪循環です。

そんな相手への対処法は、不安を刺激せず、長所を褒めること。褒めるべき点を見つけ、「承認欲求」を満たすメッセージに変えてアドバイスするというわけです。なぜなら自分の「承認欲求」を満たしてくれる相手は、非常に心地よい人物だと映るものだから。そうなれば、アドバイスを聞く姿勢も持ってくれるようになるといいます。


2.アドバイスしただけで悪口を言われてはもう何も教えられない!


ちょっと注意すると自分を全否定されたように受け取り、ときに被害者意識をもって周囲に大げさにふれ回る。言うべきことを言っただけなのに、理不尽なことを言われたような噂を広める。そんな部下や後輩に手を焼く人が増えたとか。

こういう「見下され不安」の強いタイプは、歪んだ受け止め方をするもの。そこではっきり言葉にし、丁寧すぎるくらい丁寧に伝えるのがちょうどいいそうです。そして前項と同じく、褒めるべき点を見つけて褒める。褒めながら、その合間にさりげなく注意事項を混ぜる感じがベスト。


3.たったひと言でそこまで落ち込まれては仕事が進まないんですけど...(34ページより)


「うつ」「心が折れる」などの言葉が頻繁に使われるようになった現代では、ひどく落ち込みやすい人が目立つようになりました。そういう人は極度に自信がないため、失敗したり批判されたりすると、すぐに心が折れてしまう。だから周囲は、腫れ物に触るような扱いを強いられることになります。

このタイプは「認められる」経験を充分にしていないため、認められることを求めているそうです。そこで大事なのは、とにかく認めてあげること。認められる経験を重ねることで、自信が持てるようになっていくというわけです。だから、このタイプと接する際は、親心を発揮して相手の自尊感情を支えてやる心づもりが重要。親の代わりのようで抵抗を感じるかもしれませんが、自分のなかの親心を発揮することも、人を動かす力、集団をまとめる力、リーダーシップの開発につながるといいます。


4.有能でプライドの高い部下にはどう指示を出したらよいのでしょう?(47ページより)


有能でプライドの高いタイプは、自律欲求が強く、自分の思うように動きたがり、人から命じられたままに動くのでは満足できないもの。しかし、そうした積極的姿勢を活かさないと、組織にとっては大きな損失でもあります。

自信がなく不安な人が自由な状況を恐れるのに対し、自信がある人は、自由な状況を求める。そこで後者に対しては、自律欲求を満たしながらやりがいを感じて動いてもらうため、「任せる」ことが大切だそうです。工夫の余地を与えれば、それがやりがいにつながるため、本人の創意工夫に任せる部分を多くするよう配慮すべきだということです。


こうして列記すると、「なぜここまで気を遣わなければならないのだろうか」と感じてしまうのも事実。しかし、そうした配慮が求められる時代である以上は、本書の役割も大きいのかもしれません。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.