• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,,  11:00 AM

ウェブでコンテンツは売れる? 挑戦するメディア「cakes」がiPhoneアプリをリリース

ウェブでコンテンツは売れる? 挑戦するメディア「cakes」がiPhoneアプリをリリース

130516cakes_app_1.jpg


2012年9月にスタートしたコンテンツ配信メディア「cakes(ケイクス)」。ビジネス、小説、マンガ、エッセイ、写真、食など多様なジャンルを取り扱っています。著名な書き手が多く参加しているのも特徴で、マンガ家の三田紀房 、写真家の青山裕企、作家の大槻ケンヂを始め、ウェブで著名となった山本一郎、May_Roma、finalvent(すべて敬称略)など、多彩な顔ぶれがそろいます。


ネットでコンテンツが売れないのは仕組みやデザインがないから

cakesの面白さは運営方法にも見られます。月額ではなく「週額」150円という価格で、メディア内の全記事が読み放題に(一部は無料コンテンツもあり)。CEOを務める加藤貞顕さんは、ベストセラー書籍『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を仕掛けた編集者であり、同著を電子書籍で15万部売り上げた人物。実績と経験から、デジタルコンテンツには可能性があると感じたそうです。

TechWaveのインタビューに、加藤さんは「ネットにはプロがド本気で作ったものだけがない。それがない理由は習慣はもとより、課金の仕組みや見せるためのデザインがないからである」と答えています。これまでに読んだ記事の履歴から、読者の好みの話題を優先して表示するようにレイアウトを変えるなど、cakesは先駆的に「仕組みやデザイン」そのものを生み出そうとしているのです。


iPhone版で「ウェブの不十分さ」を解消したい

さて、そのcakesが本日iPhoneアプリをリリースしました。一瞬、見た目はこれまでのスマートフォン版サイトに近い印象を受けますが、あえて単体でのアプリを作った理由はどこにあるのか。前述の加藤さんに伺うと、cakesの「コンテンツ配信の模索」がそこにも現れていました。


加藤:cakesはウェブでプロのコンテンツをディストリビューションすること、マーケティングすること、マネタイズすることの3つにこだわって運営しています。「ウェブで」という点について考えは変わっていませんが、現状ではアプリのほうが便利な面も多いので、開発しました。まだ、ウェブ閲覧の環境は十分とは言えません。UX(ユーザーエクスペリエンス)を考えるとしばらくは並存することになると思います。アプリを含め、より快適にcakesをご利用いただけると幸いです。タブレット版やAndoroid版アプリも開発中なのでご期待ください。


実際に触ってみると、今回のアプリは、cakesのコンテンツを楽しみたい人にとってはさらに便利に、より親しみやすく使える機能性を持っていると感じました。以下に、紹介していきます。


130516cakes_app_2_b.jpg

(山本一郎さんや田端信太郎さんらによる「子育て座談会」は必見!)


トップ画面から検索、各種設定をはじめ、記事やジャンルの選択ができます。設定よりcakesのアカウントをお持ちの方はログインしましょう。なお、有料記事を読むためのアカウント登録はアプリからはできないため、まずはWeb版(PCまたはスマートフォン)で購読申し込みをしましょう。

アプリからできれば便利なのに...という方、ちゃんと理由がありますが、それは後ほど。


130516cakes_app_3.jpg

(元Apple社シニアマネージャーの松井博さんが語る「アメリカン社畜」とは?)


記事画面のメニューからは4つの動作が行えます。中でも注目は連載の「フォロー」。フォローをすると、連載更新時に「お知らせメール」で通知が来たり、アプリからプッシュ通知を受け取れたりします。メールの場合は通知時間帯を選べるので、「会社のデスクに着く頃」などメールチェックをする少し前に設定しておくと、気になる記事を見逃さずに済みそう。好きな記事をいち早く読みたい! という気持ちにはプッシュ通知が応えてくれます。


130516cakes_app_5.jpg

(写真家・青山裕企さんは「美少女図鑑」とコラボ。全国の美少女とデート気分が味わえる)


ちなみに、記事画面のメニューは「下へスクロールする」と非表示になり、「上へスクロールする」と再度表示されます。最初は「おや?」と思うかもしれませんが、読み進める動作が基本となるため、慣れてくると心地よく感じます。表示もスムーズで、読むこと以外のストレスが少なくて良いです。


130516cakes_app_4.jpg

(作家・木暮太一さんは現代人必須の「マネー・リテラシー」を人気マンガ『カイジ』から読み解く)


メニューが非表示になることで、スマホ版に比べてより広い画面で記事を表示できています。スクロールする回数も減り、読むことにより注力できそう。私はiPhone 4Sなので少々の違いですが、iPhone 5であればさらに恩恵があるでしょう。Safariの「リーダー」ボタンを使う手もありますが、文字詰めなどがイマイチのため、あまり使う気になれない私のようなタイプには嬉しい機能です。


プラットフォームとしてのcakes、次なる一手は?

cakesのキャッチコピーに「クリエイターと読者をつなぐ」というものがあります。先ほど、アプリから有料登録ができないと書いた理由はここにあります。cakesは全体収益の6割をクリエイターに分配しているため、現行のAppleの課金システムだとcakesとしての収益がなくなってしまうのだとか。

また、配分額も「読者数(PVなど)」によって変動があるといいます。つまり、クリエイターからすれば人気連載となれば得るものも大きくなり、読者にとってはコンテンツを楽しむことが直接クリエイターを応援することにつながる仕組みなのです。

オープンから半年が経ち、iPhoneアプリのリリース、そして先頃にはベンチャーキャピタルから3億円の資金調達を行うなど、プラットフォームとして着実に進化するcakes。次なる目標を加藤さんに伺いました。


加藤:いま目指しているのは、コンテンツを爆発的に増やすということです。オリジナルコンテンツと、コンテンツホルダー、クリエイターからのコンテンツを増やしていきます。

また、リコメンドやタグやソーシャルの活用を通じて、読者のみなさんが好みのコンテンツに確実にたどりつけるための工夫をさらにしていきます。これは同時に、クリエイターにとっても、マーケティングの課題を解決することになります。


週額150円というスタイル、マンガ雑誌が好きな人ならわかるかと思いますが、「毎週お金を払って読む」感覚としては特に目新しいものではありません。この感覚がより身近になるためにも、コンテンツの拡大や充実にはぜひ期待したいところです。例えば、ライフハッカーで過去に取り上げた書籍『統計学が最強の学問である』は、もともとcakesの連載をまとめた人気書籍。これに続くコンテンツも今後出てくるかもしれません。

cakesが目指すのは、Amazonがインターネットでの物販を「普通のこと」にしたように、コンテンツの売買を「普通のこと」にすること。メディアプラットフォームとしての次なる展開、新たな一歩にかかる期待と注目は、決して小さいものではないと感じます。


WebiOS | cakes(ケイクス)

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.