• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,  01:00 PM

世界を知るには外に出よ:雑誌に本に大活躍のライター、クリーブ・トンプソンの仕事術

世界を知るには外に出よ:雑誌に本に大活躍のライター、クリーブ・トンプソンの仕事術

雑誌に本に大活躍のライター、クリーブ・トンプソンの仕事術


敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ第38回。大人気アニメ「Regular Show」のクリエイターJ.G. クインテル(J.G. Quintel)氏に続く今回は、ジャーナリストのクリーブ・トンプソン(Clive Thompson)氏にインタビュー。

トンプソン氏は、自身の仕事の生産性について「わりとスローな方」とツイートしていますが、これは果たして本当でしょうか? 「Wired」や「The New York Times Magazine」での連載に加え、この秋には著書も刊行予定と、大活躍同氏。これほど多くの仕事を抱えたライターですから、絶対に何かのトリックを隠しているはず。

彼を突き動かすものは、ガジェットなのか、アプリなのか、それともひらめきなのか? 直撃取材を試みました。


氏名:クリーブ・トンプソン(Clive Thompson)
居住地:ニューヨーク市ブルックリン区
職業:ライター(「New York Times Magazine」や「Wired」への執筆)
著書:『Smarter Than You Think: How Technology is Changing our Minds for the Better』(Penguin Press、2013年9月刊行予定)
現在のモバイル端末:iPhone 4S
現在のコンピューター:MacBook Pro 1台(メインで使用)、旧式のDell 2台(Ubuntu1台、XP1台)
仕事スタイル:爆発的


「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは何ですか?

トンプソン:私はリサーチとなると、とにかくモノを集めるタイプです。いつか役に立つかもしれないから、何でも取っておく。長めの雑誌記事や本を書くことが多いので、短くても数カ月、長い場合は数年間アイデアを温めていることもあります。3年以上前のインタビューや調査を急に思い出して使うこともしばしば。そのため、モノを発見すること、そしてため込むことに役立つツールにだいぶお世話になっています。

  • 直接のインタビューには、Evernoteに記録できるデジタルペン「Livescribe pen」を使用しています。ソフトウェアはちょっと古臭いけど、ものすごく重宝しています
  • 電話インタビューの場合、Skypeで電話をかけ、『Call Recorder』で会話を録音します
  • リサーチには『Scrivener』データベースを使っています。何かを読んでいて面白いと思ったら、すぐに内容をメモして、関連するパッセージに貼り付けます。実はこのメモというのが、私にとって非常に重要なタスクなのです。なぜなら、メモを取るためには、読む速度を落として、内容を理解する必要があるから。何も考えずに手当たり次第切り抜いておくこととは異なります
  • Scrivenerのメモを複製するために、『DEVONthink』も使っています。これは、私が読んで、残しておく価値があると思った数千件もの科学論文や記事の全文を保存する際にも役立ちます
  • 何かを読む際には、後で情報を検索できるよう書き込みをたくさんします。PDF形式の文書を読む場合、デスクトップでは『Acrobat Professional』を、iPadでは『iAnnotate』を使用します
  • 読書は、紙の本と電子書籍が半々といったところでしょうか。電子書籍の大半は、iPadかiPhone上で、『Kindle』か『Stanza』を使って読んでいます。メモやハイライトは、ローカルにエクスポートします
  • 著作権切れの電子書籍を読む際は、「Project Gutenberg」と「Googleブックス」を使用しています。これで、いともたやすく、素晴らしい情報が手に入ります。著作権法が強化されない限り、私の頭の中は1923年以前の情報であふれてしまうかもしれません
  • 紙のメモや書き込みには、「Palomino Blackwing」の鉛筆を使います。豪華な芯が使われていて、色の濃さはインク並みです!
  • 鉛筆削りは、「Blackwing Long Point Sharpner」が最高です
  • 執筆時には紙の上でまとめることが多いですが、紙へのこだわりは特にありません

  • Palomino Blackwing


  • 本に関しては、ブルックリンの公立図書館システムにかなりお世話になってます。最寄りの図書館は歩いてすぐだし、中央図書館も自転車で行ける距離なので便利。中央図書館には、「JSTOR」ほか、学術論文データベースが充実しています。科学的なリサーチには最高の環境ですね
  • 編集者、研究者、他のライターとのコラボには、Google DocsやDropboxを使うことが多いです。ただしこれらは、あまりプライバシーにうるさくない相手か、そもそも取材相手のプライバシーが重要でない場合に限ります
  • プライバシーやセキュリティが重要な場合は、全てのファイルを「
    TrueCrypt」ボリュームに保存して、ローカルで管理するように心がけています
  • ケータイメールは、かなり病的にやっています。そのうち3分の2は、Siriで書いています。特に、近所を散歩している時にはSiriが大活躍ですね。でも、Siriに話したことはAppleにも長期保存されるそうなので、不安が残ります。もっといい音声文字変換ツールがあったらいいのに

  • Siriは、デスクから離れている時に思いついたメモやアイデアを書き留めておくのにもよく使います。コンピューターに向かっている時には、メモや本の文章を書き留めておくために、『Dragon Dictate』を使うこともあります。
  • 興味のあるニュースや人におくれを取らないよう、RSSには「Bloglovin」を。その他、Twitter、Instagram、Facebookなども使っています

  • 日々のニュースに関しては保守的で、米紙「New York Times」と「Wall Street Journal」を、いまだに紙で読んでいます
  • モノを作る時や直す時には、Youtubeを重宝します。これがなかったら、工具の安全な使い方を習得できずに、指を全部切り落としてしまうでしょうね
  • Google翻訳もよく利用しています。毎日使うこともあるぐらい。Chromeの自動翻訳機能に組み込まれているので、外国語のWebサイトを見ながら使うのに便利です。中国語など言語によっては本当にひどいできのものも多いけど、ヨーロッパの言語については素晴らしすぎて驚きです
  • データのバックアップには、定期的に『Time Machine』を使ってます。数カ月前にMacのハードディスクが壊れたんですが、その時は本当に助けられました
  • 音楽の検索にメインで使っているのは『Shazam』です。カフェやバーで仕事中、気になる曲が流れたら、これで曲名を探しています


仕事場はどんな感じですか?

トンプソン:私の仕事は、リサーチと執筆に分けられます。インタビューもたくさんこなします。直接面と向かってのインタビューもあれば、自宅でSkypeを使ってやるものもあります。私の「オフィス」は、寝室の一角に追いやられたデスクだけ。何の変哲もない、フツーのオフィス用椅子とIKEAの机です。腰が痛くなったら、ラップトップを持って1階に下りて、キッチンカウンターで立って仕事をします。読み物が多いリサーチの場合、カフェや図書館にも出没します。書き物は、短いものは自宅でもできますが、長いものはカフェでなければダメですね。カフェのあの騒々しさが必要なんですよ


お気に入りの時間節約術は何ですか?

トンプソン:これは「時間節約」というよりは「時間創出」と言った方がいいかもしれないけれど、週末はなるべくオフラインになるよう意識しています。金曜日の夜から月曜日の朝までは、基本的にEメールをチェックしません。ちなみにケータイメールはやりますよ。もちろん病的にね。だって、それがないと私の社会生活がなりたたないから! ところで最近気づいたのですが、Eメールをやらないと、ソーシャルメディアもあまりやらなくなるのですよ。おかげで週末はたくさんの自由時間があります。ゆっくり考えたり、本を読んだりすることで、平日の速いペースから離れて素敵な休息を取ることができるんです。

ソーシャルメディアとは適度に付き合っています。Twitterをチェックするのは1日に数回程度。忙しい時には、数日間まったく見ないこともあります。お気に入りのブログも、何週間もチェックしません。ある日突然、何時間もかけて2カ月分を一気に読んだりします。私の仕事では、ニュースを知っておく必要はありますが、書き物にしてもリサーチにしても、とってもスローなペースで進むのです。そのため、トップニュースを何時間、何日、何週間か後にチェックしても、まったく問題がありません。だから、基本的には、毎日のニュースから距離を置くことにしています。ソーシャルメディアのアラートは、全てOFFに設定しています。

そうは言っても、ついついオンラインに時間を取られてしまうのが現状なんですけどね。


愛用中のToDoリストマネージャーは何ですか?

トンプソン:私の場合、ToDoリストは単なるテキストファイルです。外出時は、紙ということもあります。山ほどのToDoアプリを試しましたが、どれも私向きではありませんでした。

日時が決まっているイベントや会議には、Googleカレンダーを重宝しています。アラート機能がとても便利なのです。会議の12時間前にはEメールを、1時間前にはケータイメールを送るように設定しています。私はぼーっとしていることが多いので、これは本当に助かります。ケータイメールが来るまで完全に会議を忘れてたなんてことも数知れず。1時間あればたいていのところには間に合うので、これは本当に便利です!


携帯電話とコンピューター以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

トンプソン: Palomino Blackwingの鉛筆ですね。「手で書きたい」という気持ちにさせてくれるのがとっても嬉しいです。手で書く時とキーボードで書く時では、思考回路が少し異なります。だからこの鉛筆は、思考の幅を広げるツールのようなものなのです。


私の「オフィス」は、寝室の一角に追いやられたデスクだけ


日常のことで「これは他の人よりうまい」ということは何ですか?

トンプソン:人よりうまいことなんて何もないと思います。私は、たくさんの詩を読みます。それは自慢してもいいほど。でも、「人よりうまい」かどうかを比べられるような趣味ではないと思います。


仕事中、どんな音楽を聴いていますか?

トンプソン:静寂です! 仕事中に音楽を聴くことはほとんどありません。特に、歌のある音楽は邪魔もの以外の何者でもありません。リサーチの時には、クラシックをよく聴きます。最近のお気に入りは、Zoe Keatingの『Into the Trees』です。


あなたは、どちらかというと外向的ですか、それとも内向的ですか?

トンプソン:80%外向的、20%内向的です。


睡眠習慣はどのようなものですか?

トンプソン:完全に夜型です。朝は、11時までは何も手に付きません。コーヒーを飲んだり、ニュースを読んだり、ネットを覗いたりするぐらい。子どもたちを学校に行かせる必要がなければ、夜中の2時か3時に寝て、朝10時に起きる生活でしょうね。一番仕事がはかどる時間帯は、子どもたちが眠りに就く午後8時半から午前1時の間です。


あなたが受けたものと同じ質問をしてみたい相手はいますか?

トンプソン:詩人のE.E. Cummingsです。彼の1904年から1962年の作品を集めた『Complete Poems』を読んでますが、その多作たるや桁外れで、品質も驚くほど高い。一体どうしたらあんなのが書けるんだろう? どんな作家でも、寄せ集めの作品集には必ずハズレがあるものです。でも、彼に限ってはまったくない。どの詩にも本当に魂がこもっていて、それがとてもよく伝わってくるのです。


これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください。

トンプソン:世界で起こっていることを知りたければ、デスクから離れなさい」です。この仕事を始めたばかりのころ、昔気質のレポーターたちからよく聞いた言葉ですね。レポーターに向けられたアドバイスですが、他の分野にも適用できるでしょう。最近では多様な知識が巷にあふれているので、デスクに座ったままでも、世界の仕組を簡単に知ることができるようになりました。でも、「実際に目で見ることと、人と話すこと」に代わることなんてないと思うのです。


Tessa Miller(原文/訳:堀込泰三)


■敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術シリーズ

人気TV番組『怪しい伝説』のアダム・サヴェッジに学ぶ「多芸多才のコツ」

開発者必見! ギークでもアナログな「bitly」チーフ、ヒラリー・メイソンの仕事術

これぞライフハッカー! 米ベストセラー作家・サーストン氏の仕事術

「自分の全てをmemexに」米Lifehacker生みの親、ジーナ・トラパーニの仕事術

Web2.0時代を担ってきた女性起業家カテリーナ・フェイクのシンプルな仕事術

「Reddit」創業者は1983年生まれ! アレクシス・オハニアンのメリハリ仕事術

これぞギーク界のレディー・ガガ! リモア・フリードのロックな仕事術

PCより紙とペン? コードアカデミー共同創設者ザック・シムズのアナログ仕事術

「キュレーションの女王」マリア・ポポーワのあえて公私を分けない仕事術

デザイナーとブロガーの二毛作! クリストファー・ジョブソンの情熱的仕事術

「Reddit」の中の人、第2弾! エリック・マーティンによる愛犬同伴の仕事術

ギークなハリウッド女優! フェリシア・デイの自分に厳しい仕事術

Q&Aサイト「Stack Exchange」の父、ジェフ・アトウッドのToDoに頼らない仕事術

「脱サラ」ミュージシャン、ジョナサン・コールトンのロックな仕事術

DIYブームのカリスマ! 『MAKE』編集長、マーク・フラウエンフェルダーの仕事術

週4時間の労働で結果を出し続ける男 ティム・フェリスの仕事術

話題のメガネブランド「Warby Parker」の創業者ニールとデーヴの仕事術

急成長ECサイト「Fab」創業者 ブラッドフォード・シェルハマーの笑顔が絶えない仕事術

サイト構築ツール「SquareSpace」創業者 アンソニー・カザリナのミニマル志向な仕事術

人気アパレルECサイト「ModCloth」創業者夫婦の仕事術は使えるヒントが山盛り!

料理の鉄人アーロン・サンチェスのモバイル志向な仕事術

ラップミュージックを歌詞で楽しむ「Rap Genius」の創業者による三者三様仕事術

伝説のエバンジェリスト、ガイ・カワサキの知られざる仕事術

『MAKERS』がベストセラー! クリス・アンダーソンがDIYした仕事術とは?

MITテクノロジー・レビュー編集長ジェイソン・ポンティンの哲学と仕事術

Raspberry Piが大人気! 創業者エベン・アプトンによるギークな仕事術

すてきな贈り物サービス『Quarterly』創業者のセキュリティ対策バッチリな仕事術

米名物フード番組「アメリカズ・テスト・キッチン」ホストによる、ふわふわ仕事術

『Evernote』のCEOフィル・リービンによるユーモアあふれる仕事術

ウェブ漫画家兼プログラマー、ライアン・ノースの「他人を気にしない」仕事術

「深夜はメール処理が一番進む時間」〜米ウェブサービス『ZocDoc』CEOの仕事術

「同じことは自動化して二度やらない」時間節約術~『Fancy Hands』創業者の仕事術

複数のプロジェクトを成功させた「Swissmiss」創設者は熱狂的で社交的

笑顔を絶やさないことの大事さ:教育系ウェブサービス「Coursera」パメラ・フォックスの仕事術

すべてのメールに「いつまでに返事が欲しいか」を明記する:「Birchbox」創業者の仕事術

フリーとシェアのために戦うデジタル戦士「コリイ・ドクトロウ」への念願のインタビュー!

仕事としてやっていきたいならほかの人が関心を持つものを作るべき:米アニメ界奇才・クインテル氏の仕事術

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.