• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

shinoshino  - ,,,,  06:00 PM

人の名前を覚えるときのコツ8選

人の名前を覚えるときのコツ8選

当たり前だけどなかなかできない人の名前を覚えるときのコツ8選


まずはじめに


人の名前を覚えるというのは重要なコミュニケーション方法の一つです。名前は、その人にとって唯一無二の大切なもの。つまりその人の個性と切っても切り離せないものといえるでしょう。

人の名前をどう扱うかによって、あなたの印象はぐんと変わることでしょう。たとえば、憧れの人が心のこもった声であなたの名前を呼びながら話しかけてきたらどう感じますか? 逆に、たまたま間違った名前で呼ばれてしまったり、ひどいときには面と向かって名前をからかわれたりしたらどうでしょう。

私が何年もかけて編み出した名前の覚え方のコツを伝授します。これまでも著名な専門家たちによる諸説があったので、これからお伝えする方法は目新しい発見とまではいかないかもしれません。

よく見かける「対人関係の師」とされる専門家のご意見は、いわゆるビジネスに役立てるための人との付き合い方や話し方、または職場での印象の上げ方などを目的としているような気がします。

それにひきかえ私は、子供の頃からおしゃべりはおろか人気者になることなんてさして興味もありません。どちらかというとメカオタクだった幼少時代からの経験を元にお伝えしていきますので、オタクとかマニアな方々により共感してもらえるとうれしい限りです。


コツその1:初めて名前を教わったときに覚えてしまおう


仙人みたいな暮らしでもしてない限り、何百何千回も見知らぬ人に自己紹介をすることになるでしょう。紹介のときに最も重要な情報とは何か、覚えておきましょう。それはずばり人の名前です。

残念なことに、一通り紹介が終わると名前というのはほぼ忘れてしまうものです。自己紹介によくあるのは、こんな感じでしょうか。


  1. 相手がこう言います。「こんにちは、私はSashaです」
  2. すると、こんな風に応えるでしょう。「初めましてSasha、僕はPhilipです」
  3. ほんのしばらくすると、あなたは相手の名前を忘れてしまっています。なぜなら次に話をどうつなげて行こうかばかり気になって仕方がないか、相手の話をじっくり聞き入ってしまってるからです。同様にSashaもすっかりあなたの名前を忘れているでしょう
  4. その後も会話はしばらく続きます。そしてお互いにその場を離れる頃には、相手の名前をちっとも覚えておらず、もう一度聞くのはなんだか気まずく感じます


こうしたことは日常茶飯事ではないでしょうか。私も今ではだいぶ少なくなりましたが、人の名前を覚えることに関してはまだまだ気を遣います。

ここで大事なポイントは、最初が肝心ということ。つまり、初めて会ったときにしっかり相手の名前を覚えておかないと、次に会ったら覚えようと思ってもそんなチャンスはやってこないのです。

気まずい雰囲気になるのを避けるために、Sashaを知ってる他の友人に後から名前を聞くという手も考えられます。でもやはり私は、最初の段階でしっかり相手の名前を覚えてしまうことをお勧めしたいです。

ではもう一度同じ場面で、やり方を変えたらどうなるかを見てみましょう。

  1. 相手が言います。「こんにちは、私はSashaです」
  2. 相手の名前を聞いたらすぐさま、頭の中で大きな声で何度か繰り返してみます。 SASHA, SASHA, SASHA そう、こんな風に 
  3. もし口に出して覚えたいなら、相手にこう聞いてみてもいいでしょう。 「お名前のつづりはS-A-S-H-Aでいいのかな?」もしくは 「すみません。実は僕、名前を覚えるのが苦手なんです。お名前のつづりを教えてもらってもいいですか?」 ここでのポイントは、自分が覚えやすいように、自分と彼女で何度か彼女の名前を口に出すことなのです。ほんの数秒こうしたやりとりをするだけで、後々ぎこちなくて済みます
  4. ここでやっとあなたの自己紹介をしましょう。「初めましてSasha。僕はPhilipです」
  5. あなたに特に何か急ぎで伝えたいことでもない限り、まずはSashaに話をしてもらってあなたは聞き役に徹し、彼女の話とSASHAという名前をイメージで結びつけていきましょう。想像力を働かせて彼女の顔と名前をしっかりと意識して一致させます。もし同じ名前の人を知ってるならイメージを結びつけてみるなり、自分の得意な記憶法や覚え方を使ってみましょう
  6. 最後にその場を離れるときは、彼女の名前をいいましょう! 「話ができてよかったよ、Sasha。では友達が来たから行くね」 これで彼女にあなたが名前を覚えてくれたという良い印象を残すだけでなく、自分の記憶も強化することになります


何度か練習を続けていけば、気まずい雰囲気を作ることもなく、いつの間にか自分が名前を覚えることが上達していることに気づくでしょう。


コツその2:異国の名前や聞いたことのない名前を覚えるためにさらなる努力をする


SteveやRachelのように(原文の書かれたアメリカで)馴染みのある名前ならいいのですが、聞きなれない外国の名前や、発音するのが難しい名前の人に出会ってしまうことがあります。そうした人たちは名前を忘れられるか間違えられるかに慣れていますので、あなたが覚えることができれば、それだけでかなり印象が上がります

アメリカ人にとって、例えばRamachandranといった名前はGeorgeに比べて覚えにくいものです。しかし、聞きなれないからと覚える努力すらしないのは言い訳にもなりません。ここでの私のアドバイスは、申し訳なさそうにどう発音するのかを聞いて、もう一度いってもらうことです。

例えば、「ごめんなさい。後ろの音がうるさくてよく聞こえなかったんですけれど、もう一度お名前をどう発音するのか教えていただけますか?」。この人たちは何度も繰り返し自分の名前を伝えることには慣れてますから、ほとんど気にしません。特に初めて会った場合は尚更です。ここではつづりの細かい所まで覚えようと躍起になっても意味はありません。むしろ自分が覚えやすいような音声表記で覚えてしまうことが肝心です。例えばChakravartyという名前でしたら"CHALK - AHHH - VAR - TY, rhymes with party" と覚えてみる。そしてもう一度名前を呼ぶ機会があれば、「すみません。私、正しく発音できていますか?ちゃんといえてるか確認したいのです。」というように伝えてみる。そうすれば、彼らはあなたが名前を覚えようと努力していることをしっかり認めてくれるでしょう。


コツその3:聞いたことのない名前であっても余計なコメントをしない


あまり馴染みのない名前を持つ人たちは、子供の頃に名前をからかわれたことをきっと覚えています。大人になってからも、程度に関わらず嫌な行為を受けると、幼い頃の記憶が蘇ったりするものです。

自分の周りで聞いたことがないからといって、人の名前を茶化したり無神経な発言をしたりしてしまうと、あなた自身が教養がなく偏見の固まりのような印象を人に与える危険があります。「うわ~なんか変なの~。それってどこの名前?」。意地悪でいってるわけではないこんな発言もそう印象づけてしまうのです。


コツその4:本人がそう呼んでといわない限り、ニックネームや略称で呼ぶのはやめよう


紹介のときは、いつも正しい名前でやりとりするのが安全な方法です。認めてないニックネームや略称で呼ばれたりすると、イラッとすることもあるかと思います。

面前で相手の意向も聞かないで、半ば強引に名前を変えて呼ぼうだなんて、その人の無礼さや横柄さが現れているかのようです。例えばRobertさんという人がいて、本人は他の人にRobやBobなどと呼んで欲しくなかったとしたらどうでしょう。もしくはそうした呼称・略称の類は、ごく身近な友人や家族の間だけで呼ばれたいと本人が思っていたらどうでしょうか。


コツその5:会話の中に相手の名前を頻繁に入れよう。特に挨拶のときが効果的


一旦名前を覚えたら会話の中に入れていくと、相手と親密な関係を築けて、尚且つ自分も名前を覚えていられます。しかし、多少とってつけたような印象も受けるかもしれません。「こんにちは」や、「さようなら」といった会話の最初と最後の挨拶のときに名前を呼んでいうだけでも、相手に心地よい印象を与えることができます。


コツその6:間違った名前で呼ぶのは絶対やめましょう


間違った発音で名前を呼ばれるのはイラっとはしますが、まあ許せる範囲ですよね。特に大勢の人があなたの名前を間違って発音しがちだったら尚更です。しかし、間違った名前で呼ばれたら例外なく頭に来ます! 人が間違う可能性のある様々な個人情報の中でも(例えば仕事や大学の専攻や出身など)、特に名前を間違えられたら、屈辱の極みとも受け留められかねません。そんなつもりは毛頭なくても不快な気分を与えてしまうものなのです。

100%正しい名前だと確信が持てないとしたら、さっともう一度聞けるやり方を探し出しましょう。例えば友人にもう一度紹介してもらえるよう頼んでみるのもよいかもしれません。

一回目で覚えられなかったからといって、決して覚えること自体を諦めたりはしないで下さい。間違った名前で呼ばれるのは確かに最悪です。でも、名前を覚えたいとも思っていない様子だと、それまたひどいものだったりします。


コツその7:名前を間違って書かないこと


メールや手紙を書くとき、シンプルかつ最も重要なこと。それは相手の名前を正しく書くということです。他の部分は間違っても許されます。しかし名前が間違っているのを見るのは耐えられません。人は、些細な言葉以上に自分の名前を良く見ています。よって誤表記はすぐ見つかってしまうのです。

例えば私の名前ですが、メールのやりとりで、自分で送信するときにはちゃんとPhilipと書いて送っても、Phillipと返されることが本当に多いのです。これは私がよくムカっとすることの一つで、間違ってると大抵毎回見つけます。

相手の名前を書くときによい方法は、前に書かれたあなた宛のメールから相手の名前の部分をコピペーストすることです。自分の名前のつづりを間違えてしまう人は、他人が間違って書くよりそうそういないのですから!


コツその8:よく話をする人の周りの大切な人たちの名前を覚えてみよう


もし相手の恋人もしくは配偶者、子供や両親に至るまで、その人の周囲にいる大切な人たちの名前をあなたが覚えることができたなら、きっととても親しい間柄を築くことができるでしょう。

例えば、「奥さんの作品制作はうまくいってる?」と聞くよりは、「Deborahの作品制作はうまくいってる?」と聞いてあげる方が、より近しい感じが出ています。このときに気をつけなくてはならないのは、そもそも名前を覚えることが目的なので、名前自体を強調しすぎないということです。


Philip Guo(原文/訳:椎野陽菜)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.