• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,  09:00 AM

遅刻を招く8つの原因とその対処法

遅刻を招く8つの原因とその対処法

130430choroniclate1.jpg


年がら年中、遅刻でひたすら謝ってばかり。仲間から「遅刻の常習犯」とレッテルを貼られ、せっかくのチャンスをたびたび逃し、電車に乗り遅れて余分な交通費までかかってしまう...。「たかが遅刻、されど遅刻」です。もちろん、遅刻に対する考え方も世界さまざま。日本のように時間に比較的厳しい国もあれば、寛容な国もありますが、遅刻が日常生活に少なからず悪影響を及ぼしているなら、やはり脱却すべきものではないでしょうか。

コーチングサービスを提供する「Real Life E Time Coaching & Training」の創設者であり、『The 3 Secrets to Effective Time Investment: How to Achieve More Success With Less Stress(効果的な時間投資のための3つの秘訣・英書)』の著者でもある時間管理術の専門家エリザベス・グレース・サンダース(Elizabeth Grace Saunders)さんは、遅刻をもたらす主な原因別に、その対処法を以下のように綴っています。


遅刻を引き起こす根本的な原因はひとつではありません。まずは、自分の遅刻の原因を特定し、それぞれに応じた対処法を知ること。これによって、「なんでいつも遅刻ばっかりしちゃうんだろう?」という謎を解明できます。複数の原因によって遅刻している場合は、対処法も複数あるわけですが、この場合は、いくつかの対処法を試行錯誤しながら組み合わせ、しっくりくる方法を見つけるとよいでしょう。



原因1:時間厳守よりも他のことを優先してしまう

たとえば、取りかかっている仕事を片付ける、目の前にいる人に話しかける、スカートにアイロンをかける、といったことを、時刻に間に合うことよりも優先させれば、遅刻することはありえます。


対処法:「優先したいアクションの背景にあるものは何か?」を明らかにした上で、優先度の軽重を判断する

まずは、「時間厳守よりも優先したいアクションの背景にあるものは何か?」を掘り下げて考えましょう。「仕事を片付ける」の根本的な価値は、達成感や精神的な解放かもしれません。「目の前の人に話しかける」の価値は、敬意のあらわれや期待効果の獲得であり、「スカートにアイロンをかける」の場合は、プロフェッショナルな見た目や自信が価値といえるでしょう。それぞれアクションにある根本的な価値を特定したら、以下の3つの選択肢から、いずれかを選びます。


選択肢1:両方を満たす方法をみつける

「仕事を片付けて、時間通りに出かける」のを目的とするならば、仕事を中断するべき時刻の30分前にアラームを設定しておく。他人と会話を始めるときに話せる時間があとどれくらいあるかをあらかじめ伝えておく。前夜にスカートのアイロンは済ませておく...といった方法です。


選択肢2:「時間を守る」ことを優先する

とにかく約束の時刻に間に合いたいなら、他のことよりも、時間を守ることを優先させましょう。


選択肢3:潔く遅刻する

選択肢1のように両方とも満足させるすべはなく、選択肢2のように時間厳守の優先度を高めたくないなら、遅刻を選ばざるを得ません。もちろん、万人が自分の遅刻を快く受け入れてくれるとは限りませんが、より価値の高いことに自分の時間を充てるよう調整した結果なのですから、仕方ありません。


原因2:物事すべてがスムーズに進むと楽観しすぎている

自著『The 3 Secrets to Effective Time Investment: How to Achieve More Success With Less Stress(効果的な時間投資のための3つの秘訣・英書)』第5章の冒頭でも述べているとおり、「物事が自分の思い通りにスムーズに進む」と思い込むと、日常生活の様々な場面に影響を及ぼす可能性があります。

例えば、通勤において非現実的な想定をしている場合を採り上げてみましょう。

「信号は常に青。駅すぐ近くに駐車できて、自分の前に他の乗客が並んでいなければ、自宅から駅に移動し、駐車して、切符を買って、乗車するまで11分。電車に41分間乗車し、素早く降車して待たずにエレベーターに乗れれば、降車してから13分でオフィスに着く。ということは、6時55分に自宅を出れば、8時には出社できるな」

このようなスケジュール立てでは、時間的なゆとりがまったくなく、ほとんどの場合、遅刻して、ストレスを感じ、謝る羽目になるでしょう。


対処法:現実的なシナリオで予定を組む

悲観的になる必要はありませんが、現実をみましょう。遅刻して言いようもない敗北感を味わう日々から卒業できますよ。

前述の通勤を例に現実的なシナリオを描くとこうなります。

「理論的には1時間強で通勤できるけれど、朝8時に会議があり、遅刻できないので、通勤時間は1時間半と設定しよう。こうすれば、多少渋滞に捕まろうが、雨が降ろうが、ストレスにならずに、時間通りに会社に着ける。すべてスムーズにいけば、その時間を使って、仕事を片付けることもできる」

つまり、「時間に間に合う」とは、ギリギリの線を緻密に予測することではなく、時間に余裕を持って行動することなのです。


原因3:待つのがイヤ。早く着くと時間の無駄のように感じる

出かける直前に「何かもうひとつ、片付けたい」という習慣があると、こういう気分になりやすいです。「誰かや何かに待たされるくらいなら、その時間を使って、あの仕事が片付けられたのに...」とイライラするのです。


対処法:スキマ時間にできるタスクを用意する

スキマ時間にできることをいくつか用意しておきましょう。メールやテキストメッセージへの返信、ブログ記事の執筆、友達への連絡のほか、複雑な問題をじっくり考える、瞑想するといったことでもOK。待たされている時間を有意義に過ごせているという実感が持てれば、どんなことでも構いません。こうすれば、「時間を無駄にしたくないから、余裕をもって行動するのはイヤ」という抵抗感を軽減できます。

(スキマ時間の活用術については、ライフハッカーアーカイブ記事「まとめ:『スキマ時間』にできるタスク管理&休憩30選」もご参考まで)


原因4:アドレナリンが出るようなスリルを味わいたい

ギリギリまでスタートを遅らせて時刻に間に合わせるという限界に挑戦したくなる場合です。本来ならシャワーを浴び始めたあたりでタイムアップになるはずの5分間ですべての支度を整え、タクシーを捕まえて、フライトに間に合わせるというシナリオにチャレンジするといったものです。


対処法:「チャレンジ」を再定義する

「ドキドキを味わいたい」というアドレナリンジャンキーな性癖は変えられないとしても、「チャレンジ」の定義を変えることはできます。たとえば、「ある場所にできるだけ早く着く」ことにチャレンジしましょう。早く着いたらスマホのゲームができるというご褒美をつくります。早く着けばその分、長い時間、ゲームができますが、時刻ギリギリ、もしくは遅れたら、ゲームする時間はありません。


130430choroniclate2.jpg


原因5:出かけるまでの準備の時間を考慮し忘れる

準備する時間を考慮し忘れて、出かける時刻になっても、準備ができていないケースです。いざ出かける直前になって、カギが見当たらない、行き先までのアクセス方法がわからない、事前に資料に目を通していないといった例がこれにあたります。手当たり次第にいろんなものをバッグに詰めこんで、大急ぎで出かける羽目になります。


対処法:前日に準備しておく

遅くとも1日前には、翌日、予定時刻に出かけられるよう、準備しておくべきことをチェックしましょう。出かけるときにすぐ手に取れるよう、カギをキーホルダーにつけておくとか、弁当をあらかじめ詰めておくとかいったことです。採用面接やパーティのように、より複雑なシチュエーションの場合は、以下のことをチェックする必要があるかもしれません。

  • 何を着ていくか? 洋服はキレイか? アイロンはかかっているか?
  • 何時から始まるのか?
  • 緊急時に備えて、時刻・場所・連絡先を確認する必要はあるか?
  • 会場はどこか?
  • 会場までのアクセス方法は何か?
  • 自動車で行く場合、ガソリンは十分に入っているか? 駐車場の場所はわかっているか?
  • 公共交通機関を利用する場合、時刻表はどうなっているか? 現金は必要か?
  • 何時に出発しなければならないか?
  • 何時に支度を始めなければならないか?
  • 提案に目を通す、アジェンダを作る、LinkedInのプロフィールをレビューするなど、事前の準備は必要あるか?
  • 食べ物やプレゼントなど、何か持って行く必要はないか?
  • すでにあるなら、どこにあるか?
  • まだないなら、いつ買うか?
  • 犬の散歩をご近所さんにお願いするなど、特別な対応が必要ではないか?


原因6:自分がイヤイヤ参加しているつらさを「遅刻」によって他人にも味わってもらいたい

イライラしたり、バカバカしいことを強いられたりすると、意識・無意識にかかわらず、「他の人たちも、自分が感じているつらさを味わうべきだ」と、思うことがあります。


対処法:自分を個人的に動機付けする

ライフハッカーアーカイブ記事「『規則正しい生活が嫌いな自分』への対処法」では、ルーチンに抵抗する感情をうまくコントロールする方法について紹介しました。ですが、この遅刻のケースへの対処法としては、まず自分に「個人所有」の感覚を与えましょう。その会議(もしくは活動)に本当は参加したくないという自身を認め、もし行かないとどうなるかを考えるのです。「行かない」という選択肢がないならば、個人的にやりたい理由を探すようにしましょう。たとえば、自分のプロとしての評判が上がる、いい友人でいられる、といったことです。理由は何であれ、自分を個人的に動機付けし、「犠牲者」になるような気分を除くことがポイントです。


原因7:出かける準備が必要なことをすっかり忘れる

時間を気にしそびれて、出かける準備をしなければならないことや、予定があることすらも忘れてしまう場合です。


対処法:リマインダーを設定する

時刻と行き先を知らせるリマインダーを設定しましょう。会議開始10分前にPCでポップアップ通知させる、テキストメッセージとしてリマインダーする、スマートフォンでアラーム設定するのもいいでしょう。時刻どおりにいるべき場所にいられれば、手段はそれほど重要なことではありません。


原因8:一緒に出かける仲間が準備できていない/周りの人々が出発時刻の限界をわかっていない

一緒に出かける仲間が、出発時刻になっても準備できていないとか、周りの人々が、出発時刻の限界を知らない場合、遅刻することもありえます。


対処法:相手に合わせてペースを変える

準備の遅い友人や家族によく待たされるなら、選択肢がいくつかあります。


選択肢1:遅いテンポに合わせる

時間に間に合うことよりも、彼らの遅いテンポに合わせることのほうが重要なら、状況に適応すればOKです。


選択肢2: 遅くなる人の原因を探り、それぞれに合った対処法を講じる

遅くなる人々と一緒に時刻通りに出発しなければならないなら、前述の1~7から遅くなる人の原因を探り、それぞれに合った対処法を講じましょう。


選択肢3:出発時刻に間に合わない人は置いていく

遅くなる人々と別々に出発できるなら、「できれば、一緒に出かけたいけれど」と伝えた上で、出発時刻になっても準備ができていない場合は、そのまま残して、先に出発します。


また、長時間続く会議や、出かけようとしたところで呼び止める人など、出発時刻の限界を周りの人々が知らない場合は、次のような方法を採りましょう。


時間がない場合: 「お話したい(会議に残っていたい)けれど、今すぐ出なきゃ。明日の朝にキャッチアップさせて」と告げる

少しなら時間がある場合: 「数分なら時間があるんだけど、それで用が足りるようだったら、今、聞かせて。もっと時間が必要なら、明日にしてもらっていいかな?」と言う


一般に、遅刻というと「グズグズ」とか「のろま」を連想しがちですが、むしろ「待ち時間をつくりたくない」というせっかちさが遅刻につながったり、「ギリギリに挑みたい」なんて飽くなきチャレンジャー精神が仇となったりと、原因は様々なようですね。遅刻にお悩みの方は、これらを参考に、まずは自分の遅刻の原因を掘り下げて考えてみるとよさそうです。


Tessa Miller(原文/訳: 松岡由希子)
Images via Jeff Leuders and Goodluz (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.