• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

rhyehrhyeh  - ,,,  10:30 PM

外食やテイクアウトの誘惑を絶ち自炊を始めるための3つの真実

外食やテイクアウトの誘惑を絶ち自炊を始めるための3つの真実

外食やテイクアウトの誘惑を絶ち自炊を始めるための3つの真実


Jeffrey Bunn氏は多忙な人向けの自炊支援サービス「Meallime」の共同設立者です。今回は、彼がどのようにして自炊を始めたのかを紹介します。


中学生の家庭科の授業で習ったレシピ(ハニーバター)くらいしか知らず、お世辞にも料理上手とは言えなかった私。都会での一人暮らしに必要な料理レベルを目指すべく一念発起しました。

便利なテイクアウトがそこら中にあり、忙しい毎日を送っている我々には料理は必要ないと真剣に思っていた、そんな中での決意でした。


ちなみに私が自炊を始めた当時はこんな感じでした。あなたにも覚えがあるのではないでしょうか。

  • 長い一日のあと家に戻り料理をすることに
  • 下準備が短く、簡単に入手できる食材を使ったレシピをネットで検索(約15分)
  • イライラするか、ピザと頼むか、必要な食材をメモしてスーパーへ向かうか悩む
  • 店まで歩いて必要なものを揃え家へと戻る(約35分)
  • 料理を始める。パソコンの画面を見て何度もレシピを確認(約35分)
  • ストレスが溜まる
  • ピザを頼めばよかったと思い疲れながら料理を食べる
  • 2日後、作った料理の半分を捨てる。

結果:一品に一時間半を費やし、作った料理の半分を無駄にしました。わかりやすく表現すると「イライラ・非効率」です。このせいで、私は単に料理に向いていないのだと信じ始めました。しかし失敗にもめげず続けたところ、安くて短時間で料理できる方法を発見しました。この方法をご紹介する前に、なぜ「自分には無理だ」と思っていたのかをお伝えしましょう。


3つの考えが邪魔をする

  • 料理にはお金がかかる
  • 料理には時間がかかる
  • 料理の仕方がわからない

この3つが全て間違っていると言っても信じてもらえないでしょうか。たしかに時間は必要ですし、一つの料理だけに食料品を揃えるとコストがかかります。しかし、これだけははっきり言います。美味しい料理を作るためにはスキルが必要です。そして、私はそれを学ぶ時間が足りなかっただけなのです。


真実その1:自炊はテイクアウトよりもコストが低い


平日のランチを毎日買うと1年で3,000USドル(アメリカでの平均)ほどの出費となってしまいます。ディナーに出かけることが多ければ、それが倍に跳ね上がるでしょう。私は自宅で料理するときは次の日のランチとして会社に持っていける十分な量を作るようにしています。これだけで大きな節約ができるのです。

カナダ全国産業審議会の研究結果によると購入された食物の40%が廃棄物になっているそう。また、英メディア「The Guardian」のレポートでも同じような結果が報告されているようで、生産された食物のうち30~50%が捨てられているとのこと。つまり、夕飯の残りを次の日にランチとして食べることで、節約どころか食材の無駄を失くすことができるのです。


真実その2:テイクアウトより自炊の方が短時間


節約は素晴らしいことです。しかし、この忙しい世の中で「時間」はもっと価値のあるものではないでしょうか。もちろん外食費は目立つ存在ですが、 私が料理をしたくなかった一番の理由は「時間」でした。けれども、オンラインで見つけたほとんどのレシピは時間と手間のかかる料理だったのです。

実験を重ねながら、30分以内で作れるレシピのリストを徐々に作っていきました。「簡単」ということを重要視したものです。レシピ検索時に、10種類以上の食材が必要なものを省くとよいでしょう。これほどの食材を使えば、自動的に30分ほど時間がかかってしまいます。

さらに、一番違いを大きくしたのはスーパーとの関係性を変えたことです。以前はスーパーに行くと決めるたびに35分くらいの時間を費やし、週に何度もそのようだったので、かなりの時間を無駄にしていました。今は週に1回だけしかスーパーへ行きません。週末に30分ほどで次の週に必要な食材を全て揃えます。これだけで月に12時間以上の「時間短縮」ができました。


真実その3:道具が勝利の決めて


私が直面した最大の障害物は「複雑なモノ(食材・道具)」でした。必要な食材が多いレシピを外すだけで、ストレスを減らすことができました。しかし、男性の一人暮らしの場合、重要なキッチン用品も不足しているように思えます。実際は良質なアイテムを何点か揃えるだけで実用的な環境が整います。ナイフセットやフードプロセッサー、 ロースト用オーブンなどはいりません。

必要なアイテム

  • 良い包丁を1本とまな板
  • お弁当箱(ランチに使いましょう!)
  • ザル1個(野菜水切りにもなります)
  • フライパン1枚
  • 鍋×1個
  • ニンニク絞り器1個(私のお気に入り)

良い物はそれなりの値段がつけられているものの、長い間使えます。 プレゼントでもらったようなナイフセットはオシャレですが、大概一生ものではありません。

冒頭で登場した「ハニーバター」が何なのかと考えている方。わたしが13歳から知っているレシピは以下のとおりです。


ハニーバター

ハチミツとバター(各大さじ1杯)をよく混ぜ合わせる
それを電子レンジで10秒加熱する

これだけです!

とても簡単ですが、ぜひ試してみてください。そして、これを機に自炊を始めてみてはいかがでしょうか!?


Tessa Miller(原文/訳:Rhyeh)
Image remixed from morganlstudios, Yastremska, and psdgraphics.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.