• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,,  09:00 PM

4.3億台に挑め! ソーシャルトイアプリ『digimo(デジモ)』が「スマホ大国」中国で見る勝算とは

4.3億台に挑め! ソーシャルトイアプリ『digimo(デジモ)』が「スマホ大国」中国で見る勝算とは

130501digimo_interview_1.jpg


2016年には4.3億台

何の数字かというと、中国(中華人民共和国)におけるスマートフォンの出荷台数予測です。現状でも約3.8億台が出荷されたとのこと。一方、日本は2012年度に2800万台を記録したものの、2013年は3000万台を超えるほどの予想。人口差があるのはもちろんですが、中国においてスマートフォン利用者が急激に増えているという現れでしょう。つまり、それだけのビジネスチャンスもあるといえます。


130501digimo_interview_6.jpg

(精緻な3Dモデルを360°回転させて楽しめます。ダウンロードして確かめてみてください)


さて、そんな「スマートフォン大国」中国で、いま日本製のゲームアプリが展開しようとしています。「デジタルなプラモデル」をカスタマイズして遊ぶアプリ『digimo(デジモ)』。プラモデルはフォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツをはじめ、実在の自動車・バイクを3Dで再現。パーツをそろえてデコレーション、世界に1台のマイ・デジモを育て上げる楽しみがあります。

また、デジモはスマートフォンの位置情報を利用し、実在のお店やスポットを訪れることでカスタムパーツやポイントを集められる仕掛けもあります。いわゆる「O2O(Online to Offline)」サービスの側面もあるのが特徴です。

現在は日本のみでiPhone版Android版を展開するデジモが、なぜ中国進出を決めたのか。今回は、中国版を担当される株式会社デジモの李蓉(Li Rong)さんにその展望をインタビューしました。

お話を伺って感じたのは、「たしかに勝機があるのではないか?」というワクワクした気持ちでした。日本生まれのアプリが、中国大陸を「乗り回す」のかもしれません。以下、デジモの可能性が見えてきた3つのポイントを取り上げます。


iPhoneより遥かに安いAndroidが爆発的に普及


130501digimo_interview_7.jpg

(李さんは中国現地企業との交渉役を務めている)


インタビュー当日、最新バージョンのリリースを終え、少しホッとした様子の李さん。上海の外国語大学で日本語を専攻、卒業後は現地ではなく日本での就職を選びました。上海で暮らしていた李さんの肌感覚とさまざまなデータが、デジモの中国進出を後押ししています。


── デジモの中国版が決まってから、早速現地へ赴かれたそうですね。

李:はい、北京へ行きました。いまは現地の広告代理店と協力して、相談しながら開発を進めています。中国でアプリ開発をする際は、手続きや資料の準備などが煩雑なので、現地企業と組んだ方がスムーズなんですよ。あとは、中国市場の視察も目的にありました。


── 中国のスマートフォン事情はどうなっていましたか?

李:私は5年前からずっと上海にいたのですが、当時、スマートフォンを使う人なんてほとんどいませんでした。でも、1年間の日本留学を終えて2011年に帰国してみたら、ほぼみんなスマートフォンに切り替えていて、本当にびっくりしました。ユーザーとしてはAndroidが圧倒的に多いですね。


── どうしてAndroidなのでしょう。

李:大きな理由は価格だと思います。中国の平均月収は2047元で、アメリカは3265ドル。そして、iPhone 5の価格は、中国だと5288元で、アメリカは199ドル。つまり、中国人がiPhone 5を買うには約3カ月分の給料がいります。でも、Androidなら1000元くらいのスマートフォンが結構あって、iPhoneの1/5で手に入るわけです。そうそう、iPhoneに似ている機種も人気があります(笑)。


── そんなのアリですか!

李:外から見ると完全にiPhoneです。でも、実際に触ってみると全然違って、普通のAndroidとかが入っている(笑)。「iPhoneとして見られる」のが大事なんですね。特に若者にとっては、スマートフォンを持つことがちょっとしたステータスになっています。

日本と違って、中国は名前を知らないようなメーカーが多い。たくさんの選択肢があることもあって、スマートフォンの普及率はアメリカよりも中国の方が高いみたいなんです。それだけ、中国人がスマートフォンに情熱を持っていて、多くの関心を寄せているのだと思います。

圧倒的にAndroidユーザーが多くて、私もAndroidを使っていました。あ、でも、Google Playの存在は日本に来てから知りました。中国には中国国内だけの特別なアプリストアがいくつかあるんですね。そちらの方が有名なので、かえってGoogle Playは一度も聞いたことがなかった。そういう事情は知っておいてよかったです。


── 爆発的な普及率に合わせ、中国のアプリ事情も把握している。その点はデジモにとって追い風となりそうですね。


「結婚に必要だから」車への関心が高い


130501digimo_interview_3.jpg

(実車に忠実なモデルだけでなく、「金田バイク」のようなラインナップを操れるのも魅力)


Androidを筆頭にしたスマートフォンの普及によって、潜在的なユーザーが多くいそうなことは見えてきました。さて、次にぶつかりそうな壁は、デジモが趣味性の強い「自動車」に主軸を置いている点です。


── 期待できるユーザー数は日本とは桁違いになりそうですね。しかし、自動車やバイクに興味がないと、なかなか最初のダウンロードに結びつかないような気もします。勝算はありますか?

李:中国人はかなりの自動車好きなんです。保有台数を見ても、それまで20年かかって1000万台増えたところ、ここ最近はわずか3年でまた1000万台増えました。発展するスピードが速いんですね。しかも、結婚するにはマンションもいるし、車も必要になっているんですよ。


── 結婚するのに必要?

李:いまの若者が結婚する時には、男性の家族がマンションなどを買って、女性の家族から車を買うんです。「車を買う」のが当たり前だから、関心も高いんですね。上海だけではなくて、全国的にもそういう雰囲気があるようです。それと、若者を中心にSNSの人気も高まっています。自分が育てたデジモを撮影してSNSへ投稿する機能もあるので、そちらにも期待しています。まだ興味がない人も、デジモを通じて車に触れるきっかけを作れたらいいですね。


── そういえば、中国はFacebookなどへのアクセスが遮断されていると聞きました。独自のSNSが発展しているのですか。

李:そうです。有名なのは大きく2つあります。「微博(Weibo、ウェイボー)」と「人人(renren、レンレン)」です。例えるなら、微博はTwitterで、人人はFacebook。ユーザー数でいうと微博の方が多くて、人人は学生が特に多く使っていますね。だから、中国版ではこれらのアカウントを通じてログインできるようにしました。


中国人は「おまけ」が大好き


130501digimo_interview_4.jpg

(デジモは位置情報と連動してイベントが起きる。「中国でも提携スポットが決まってきています」)


若者たちは自動車に関心があり、SNSもたくさん使っている。その点ではたしかにデジモの親和性も高そうです。では、最後に残ったギモン、O2Oサービスとしての可能性はどうでしょう。


── アプリを通じて実際の店舗などにお客さんを呼ぶ「O2O」、中国では盛んですか?

李:いえ、それほど事例はないと思います。ただ、「どこそこのレストランでこういうものを食べた」というように、チェックインするアプリはあります。でもそれは「ここに行ったよー」っていうのを見てもらおうとするくらいで(笑)、送客することを目的としたアプリとしては他に見たことがないです。

みんな、寝る前にスマートフォンをたくさん触るようなのですが、通勤中や通学中にもよく使われているという数字があります。デジモの「パーク機能(提携店舗やスポットにチェックインすると、カスタムパーツなどのアイテムやポイントがもらえる)」は、それと相性がいいかなと思っています。毎日の暮らしで使うお店はもちろん、どこかに行ってパークする度にさまざまものをもらえますから。何より、中国人は「おまけ」が大好き。無料で何かをもらえることを喜んでくれます。


130501digimo_interview_5.jpg

(パーク機能を使うと限定アイテムをもらえるほか、近くにいるデジモユーザーと交流できる)


── なるほど。類似サービスはまだないものの、パークすることで「アイテムをもらえる」という体験が、中国ユーザーの心に響くチャンスはありそうですね。

李:中国は車が好きな人がかなりいて、スマートフォンも普及している。デジモは両方の性質を持っているアプリなので、なかなかいいんじゃないかなって思っています。アプリ連携の開発作業のとき、さきほど話した微博や人人の方たちと話していたら、「面白いアプリですね!」と前向きな評価をもらえました。かなり弾みになっていますよ。



中国スマートフォン市場の巨大さ、自動車への高い関心、「何かがもらえる」ことに喜びを感じる気質。たしかにデジモが期待するユーザーに合致するところも多いといえます。中国版がヒットして逆輸入でもっと知られる...そんな話も夢物語ではないでしょう。日本語版を今から触っておくと、デジモを通じて中国の人と交流できるチャンスにさえなるのかも。

そう、デジモは日本国内でものびしろがあるサービス。提携先やカスタムパーツもますます増え、もちろんプラモデルそのものもラインナップを拡充予定。すでに交渉済みのメーカーもあるそうなので、憧れの一台が登場する日も近いでしょう。

実際にデジモ日本版を遊んでみたレビューを、兄弟サイトのギズモード、Kotaku、TABROID、roomieがそれぞれ紹介しています。



デジモは自動車好きな方はもちろん、特に「たまごっち」や「スーパーカー消しゴム」にハマった人なら、ピンとくるポイントも多いのでは。李さんも話していた最新バージョン(2.1)が先日リリースされ、いまなら「デジモポイント10倍スタート」「限定カスタムパーツプレゼント」と、記念キャンペーンも実施中(2013年5月末まで)。中国でのアプリ開発、そしてO2Oサービスとして、デジモが見せる新たな切り口が楽しみです。


iOSAndroidWeb | digimo(デジモ)

(長谷川賢人)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.