• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人  - ,,  10:30 PM

転職を考える前に! ブラックな職場をホワイトに近づけるヒント

転職を考える前に! ブラックな職場をホワイトに近づけるヒント

140411hellhole_company.jpg


世の中には誰もが働いてみたい理想の会社がある一方で、どうしようもないほどブラックな会社もあります。前者の社員は出社するのがいつも楽しみですが、後者の社員は不満やストレスを溜め込んでいるはずです。あなたの会社が後者に近い場合でも、職場環境を改善するためにできることはたくさんあります。

理想の会社に求められる要素は「高い給料」と「手厚い福利厚生」だけではありません。職場環境や社員の満足度も重要です。そのためには、会社からの感謝を伝え、社員をしっかり信頼し、社内教育を欠かさず、成果に基づいて評価する必要があります。当たり前のことだと思うかもしれませんが、実行に移すのは簡単ではありません。

では、職場環境の改善に向けて、実際に何ができるでしょうか? それは、会社での立場によって変わってきます。今回は、若手社員、中間管理職、経営層の3つのカテゴリに分けてそれぞれの立場でできることを紹介します。具体的な説明に入る前に、まずは「社員満足度が高い職場」とはどんな環境なのかを考えてみましょう。


「社員満足度が高い職場」に共通する要素

毎年、多くの雑誌やブログで「2013年の働きたい企業ランキング」といった記事を目にします。実際に働く社員の満足度をアンケートで調査したものが多く、米誌『フォーチュン』が毎年発表している「働きがいのある会社ランキング」が有名です。この調査を行っているGreat Place to Work Instituteは、世界共通の基準でランキングを作っています。同社によると、ランキング上位の会社は次の特徴を持っているそうです。


社員に信頼されている

社員が自分の仕事に誇りを持っている

社員が同僚に恵まれていると感じている


手厚い福利厚生や社員特典がランキングを左右しているわけではありません。無料のランチ、立派な休憩スペース、フレックスタイムといった制度も、上記の要素が満たされていないと満足度向上には繋がらないのです。

では、社員満足度を高めるために、社員それぞれができることとは何でしょうか?



役職のない社員ができること

本来、社員満足度を高めるのは会社の経営層や人事部長の仕事ですが、役職がなくてもできることはたくさんあります。「できることは何もない」と思えるかもしれませんが、小さなことから始めるのが大切です。ちなみに、ライフハッカーで先日紹介した記事「好きで始めたはずの仕事を辞めたくなった時に見直したい5つのポイント」も参考になります。


1. 小さく始めて、上司に相談する
職場環境を改善する大きなアイデアがあっても、まずは上司を困らせない程度に小さく始めましょう。社員で食べ物を持ち寄ってランチパーティーをする程度なら許されるかもしれませんが、仕事場の一部を休憩スペースに変えるのは反対されるでしょう。在宅勤務制度の導入も素晴らしいですが、すべての社員に適用できるわけではありません。まずは、職場の雰囲気が悪化している現状を伝えて、何かやってみたいと自分の意志を伝えましょう。


2. 同僚との距離を縮める
同僚との付き合いはとても重要です。同僚と仲良くしておけば、強い信頼と協力関係につながるでしょう。社員同士の距離を縮める方法は会社によりますが、私の前職ではゲーム好きの社員ばかりだったので、毎回のように社内ゲーム大会が開催されていました。


中間管理職や中堅社員ができること

会社で少しは発言力があって、社内イベントの企画以上のことが提案できそうなら、以下の行動を検討してみてください。


1. 小さく始める

多少の発言力があったとしても、役職のない社員と同様に、小さく始めることが重要です。立派な休憩スペースがほしいなら、まずは余っている部屋と備品を探して使用する許可を取りましょう。会社の昼食を改善したいなら、移動式屋台の会社に連絡して昼時に会社周辺まで来てほしいと頼みましょう。同僚の昼食をおごってあげればWIN-WINが成立します。あなたはおいしいランチが得られ、同僚はランチをおごってもらえて、会社の環境が改善されます。地元のビジネスを支援することにもなるでしょう。


2. 社員の生産効率を改善しつつ、楽しく働く
1週間に1日でも良いので、在宅勤務を認めてもらえるか確認してみましょう。最近は何かと在宅勤務が話題になっていますが、依然として多くの人にとって魅力的な選択肢です。もし認められれば、会社が社員を信頼している証になるでしょう。在宅勤務以外がダメなら「ペットを同伴してもいい日」なども検討してみましょう。


3. 他人任せにしない
職場環境の改善には継続的な努力が必要です。上司にアイデアを投げるだけでは、おそらく変化は期待できません。アイデアを提案したら、できるだけ自分で動くようにしましょう。実際に社員の満足度が向上すれば、成果として評価される可能性もあります。


経営層や重役ができること

会社で強い影響力があり、担当部署の方針が決められるような立場なら、部下の満足度向上を目指しましょう。うまく成果に繋がれば、他の部署もあなたを見習うようになるでしょう。会社全体の満足度を高めれば、優秀な人材を引き寄せることにも繋がります。


1. 人事部と相談する
職場環境を改善するアイデアがあるなら、まずは人事部に相談してみましょう。現時点で使われていないリソース(使われていないスペースなど)を有効活用できるかもしれません。定時後に社内イベント計画する際は、会社の規定に抵触しないかを事前に確認しておくと良いでしょう。


2. 自主的に行動してもらう
職場環境を改善するためとはいえ、社員の参加を強制するようでは逆効果です。社内でカードゲームのイベントを開いたとしても、早く帰りたい社員にとっては苦痛でしかありません。あくまで自主的に行動してもらうのがポイントです。その際、イベントに集まる社員が少なくても大丈夫です。最初は少人数で始めて、徐々に増やしていきましょう。魅力的なイベントなら、自然と社員は集まってくるはずです。


3. 他社の例を参考にする
他社で社員の満足度が高いのはなぜでしょうか? 他社の社内制度を自分の会社に導入したら効果が出るでしょうか? 業界や社風にもよりますが、他社で成果を上げている取り組みがあれば導入を検討してみましょう。他社の経営者や人事担当者と知り合って情報を収集するのもオススメです。


4. 社員満足度はお金で買えない
単純に福利厚生を厚くしても職場環境が改善するわけではありません。社員の満足度は、会社、上司、同僚の信頼関係によって大きく左右されます。新しいPCを導入する前に、社内の人間関係の改善に努めましょう。必要に応じて人事部にも協力を仰ぐことを忘れずに。


忘れずに:転職だけが選択肢ではない

転職して満足できる職場環境を手に入れるのもひとつの選択肢ですが、会社に留まって少しずつ職場環境を改善していくのも検討に値する選択肢です。改善がうまく行けば、自分だけでなく同僚や会社からも感謝されるはずです。

私たちは人生の大半を仕事に充てています。ストレスを溜め込むだけではなく、充実した気分で過ごせるように工夫してみましょう。


Alan Henry(原文/訳:大嶋拓人)
Title photo made using Asa Wilson and Elnur.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.