• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,,  09:00 PM

迷惑な転送メールをスムーズに処理する方法:フィルター機能の使い方

迷惑な転送メールをスムーズに処理する方法:フィルター機能の使い方

迷惑な転送メールをスムーズに処理する方法


ライフハッカー編集部 さま

私の友人そして親族には、自分たちに送られて来るジョークや猫の画像、政治的なメッセージなど、全てのメッセージを私宛に転送してくる人たちがいます。

ゴミ箱へ入れるだけなので大した作業ではないと思っていたのですが、だんだん我慢ならなくなってきました。転送を止めるようにお願いしたこともありますが、それで全てがなくなったわけではありません。こうした転送メールが自動的にゴミ箱へ送られるように設定する方法はないものでしょうか?

本末転送(Frustrating Forwards)より


本末転送さま

メッセージありがとうございます。安心してください、同じ悩みを抱える人はたくさんいます

まず、何らかの設定で対処する前に、転送を止めてくれない人に対して、もう一度改めて転送を辞めるようにお願いしておくのが礼儀だと思います。「重要なメールを見逃さないためにも、受信するメールの数を極力減らすようにしているけれど、転送メールの影響でそれが難しい」。そう伝えてみてください。

それでもダメならば、しかるべき処置を行うのも仕方ありません。今回はGmailでの設定方法を紹介しますが、他のメールサービスでもやり方はほとんど同じはずです。


Gmailの場合、設定は以下の通りです。


1)まずGmailの設定からフィルターをクリック。下の方にある「新しいフィルターを作成」のリンクを選択します。


2)件名ボックスに


fwd OR fw


と入力してください。転送メッセージをキャッチする設定です。


3)いつも同じ人が転送をしてくる場合でその人のメールアドレスが分かっている場合はFromボックスに該当する人のメールアドレスを入力します。例えば、ライフハッカー編集部の2人からめんどうくさいこと極まりない転送メールが山のように届く、という場合、


adachis@lifehacker.com OR adam@lifehacker.com


と入力することにより、上のアドレスから送られた転送メールはゴミ箱へ行き、他の転送メールは受信トレイに届くように設定します。


130424gmail-filter01.jpg


4)「続行」をクリックし、「受信トレイをスキップする」のボックスにチェックを入れ、「ラベルを付ける」ボックスにチェックを入れます。「Forwards」や「転送メール」、など転送メール専用のラベルを作成しておくとよいかも知れません。


130424gmail-filter02.jpg


5)「作成」をクリック。


メールアドレスを指定した人たちから転送メールが送られて来ると、そのメールは受信トレイに表示されず、設定した「転送ラベル」に表示されるようになります。

また、自動的にゴミ箱へ転送をかけることも可能ですが、友達が遊びに来る場合の旅の予定表などといった重要なメールを見落とす確率がかなり高くなってしまいます。保険としてワンクッション入れておくのが安全でしょう。

たまにこのラベルを開いて、不要なメッセージを削除する必要があります。ですが、新着メッセージがあるかどうか一目で分かるので、定期的にチェックするのを忘れる可能性も少ないでしょう。完璧な解決策とまではいいませんが、少なくともメールが届くたびに削除する手間がだいぶ省けます。

どうしようもない量の転送メールで困っている方はぜひ参考にしてみてください。


愛を込めて。ライフハッカー編集部より


WHITSON GORDON (原文/訳:まいるす・ゑびす)
Photo by k_sasiwimol.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.