• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  09:00 AM

役に立たなそうなスキルも、脳に良い効果をもたらすことがある

役に立たなそうなスキルも、脳に良い効果をもたらすことがある

役に立たなそうなスキルも、脳に良い効果をもたらすことがある


ジャグリングは多くの人にとってあまり役にも立たないスキルだと思われがちです。しかし、集中力や手先の器用さがアップしたり、ストレスを軽減したりすることが、研究によって判明しました。

オックスフォード大学をはじめとしてさまざまな大学の研究で、1日30分のジャグリングをすることで、6週間後の脳の白質変化が顕著に見られることがわかっています。


オックスフォード大学FMRIBの大学院生で、その研究の最初の著者でもありジャグラーのJan Scholzさんは言っています。「半数の被験者に、まったく知らない新しいこと、ジャグリングを学習してもらいました。6週間ジャグリングの練習をしたところ、したグループは、しなかったグループと比べて、脳の白質に変化が見られました。脳の中でも「何かを掴んだりすること」を司る領域だったので、かなり納得のいく結果となりました」


ジャグリングはちょっと合わないなという人もご心配なく。他のスキルや能力でも、同じような効果はあります

ここで言いたいのは、たとえ役に立たないと思えるようなスキルでも、脳に良い効果があるかもしれないということです。趣味やのめりこんでいるものを「実用的じゃない」という理由でやめようと思った時は、このことを思い出しましょう。


Juggling enhances connections in the brain | University of Oxford via Lifehack

Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)
Photo by Luciano Meirelles.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.