• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,,,  11:00 AM

24時間運行に備えて...都営バスアプリ&サービスまとめ

24時間運行に備えて...都営バスアプリ&サービスまとめ

130416tokyokoutsu.jpg


都営バス・都営地下鉄を24時間運行にする「アベノミクス戦略特区」という構想がニュースで報じられました。猪瀬東京都知事も「年内に都営バスを24時間運行にしようと思っている」と述べています(「年内にも都営バス24時間運行へ」猪瀬知事がNYで表明)。

今年中に24時間運行になるのは渋谷~六本木の区間だけの模様ですが、この区間での24時間化をきっかけにほかの路線にも広がるかもしれません。

そこで今回は、都営バスに関する情報を集めてみました



東京都交通局「都バス運行情報サービス」


130416tokyokoutsu1.jpg


まずは東京都交通局の「都バス運行情報サービス」から。このサイトでは、運行情報のほか時刻表や停留所の場所を調べられます。


130416tokyokoutsu2.jpg


車両接近情報については、PCだけではなくスマホからでも確認できました。バスが今どこを走っているのかを調べたい時に役立ちます。


130416tokyokoutsu3.jpg


都営交通経路検索では、都営バスと都営地下鉄など東京都交通局が運営している交通機関を組み合わせた経路検索ができます。経路によってはバスを使ったほうが時間短縮のできるルートもあるので、自宅と会社間で一度調べてみるのも良いかもしれません。


それ以外の検索手段


・Googleマップ

130416tokyokoutsu4.jpg


Googleマップのルート検索なら、都営バスの路線も調べられます。拡大・縮小もスムーズに行えるのはGoogleマップならでは。乗車・降車するバス停の場所と所要時間だけをサクッと調べたい時に便利です。


・公式アプリ『都営ナビ』

130416tokyokoutsu5.jpg


東京都交通局の公式スマホアプリもリリースされています。『都営ナビ』は、iOS版とAndroid版があり、どちらも無料でダウンロードできます(iOSAndroid)。

私はiOS版をダウンロードしていますが、都バス・地下鉄路線図ともPDFファイルへ飛ぶだけのようです。操作性も、同じ公共機関公式アプリである『東京メトロアプリ』と比較すると若干劣る気がしました。

ただ「都営Photo」というコンテンツからは、昭和12年の渋谷駅西口や昭和28年の銀座の様子が当時のバスとともに写っている写真を見ることができます。バスが好きな人にとっては、興味深いコンテンツアプリとして利用できるかもしれません。


・オススメアプリ(1)『東京都内バスルート案内』

130416tokyokoutsu6.jpg


オススメのバス経路検索アプリは『東京都内バスルート案内』です。iOS版とAndroid版がリリースされています(iOS版のアプリ名は『東京都内乗合バス・ルートあんない』、iOS版Android版)。乗車・降車するバス停は、地図上に示されたバス停マークをタップすることで選択できます。もちろんキーワード入力でのバス停検索も可能です。乗車駅だけを入力してバス系統を調べられる「1カ所から」検索もあります。


・オススメアプリ(2)『駅すぱあと』

130416tokyokoutsu7.jpg


『駅すぱあと』は路線検索アプリとしても有名ですが、バス検索もできます。日頃乗換検索アプリとして駅すぱあとを利用している人は、このアプリのほうが使い慣れていると思います(iOS版Android版)。


130416tokyokoutsu8.jpg


駅すぱあとの便利なところは、調べたルートをカレンダーに出力できる点。iOSでもAndroidでも直接カレンダーに登録できるので、わざわざ手動で入力する手間が省けます。


(安齋慎平)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.