• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisuebisu  - ,  09:00 AM

Windows 8のタスクマネージャーをWindows 7みたいにカスタマイズして使う方法

Windows 8のタスクマネージャーをWindows 7みたいにカスタマイズして使う方法

Windows 8のタスクマネージャーをWindows 7みたいにカスタマイズして使う方法


Windows 8は新機能を山ほど搭載した新しいタスクマネージャーをもたらしたわけですが、過去のバージョンのWindowsにすっかりなじんでしまった体には使い方がわかりづらい場合が多々あります。そこで今回はインターフェースをカスタマイズする方法をいくつか紹介します。

タスクマネージャーは簡単に使用できるようにデザインが一新されているのですが、より詳細まで表示してくれていた以前のインターフェースが便利だったと感じている方も多いかと思います。ブログ「Tweaking with Vishal」にタスクマネージャーを自分にとって使いやすいようにカスタマイズする方法がありました。


プロセスグループを無効にする:まずプロセスタブを開いてみると、タスクマネージャーはプロセスをアプリ、バックグラウンドプロセス、Windowsプロセスなどいくつかのカテゴリーに分類していることがわかるかと思います。このグループ化を解除したい場合、表示メニュー内「種類ごとにグループ化する」のチェックを外します。これでプロセスをアルファベット順、CPU使用量、メモリー使用量などごとにリストすることが可能になります。


130405showprocessnames.jpg


プロセス名を表示:デフォルトではプロセスタブは「photoshop.exe」などのプロセス名ではなく「Adobe Photoshop CS」などのアプリケーション名が表示されるようになっています。プロセス名は詳細タブから表示させることができるのですが、通常のタスクマネージャーでも確認できるようにしておきたい場合、新しくカラムを作成します。これはカラムヘッダーの上を右クリックして「プロセス名」アイテムにチェックを入れるだけで可能です。またプロセスID、アプリパブリッシャーなどのカラムを追加することもできます。


昔のタスクマネージャーをそのまま再現したい:カスタマイズしてみたところで、結局Windows 7のタスクマネージャーが使い勝手が良いと感じている方であれば、シンプルなレジストリハックを行うことでWindows 7のタスクマネージャーを再現することも可能です。レジストリファイルをここからダウンロードし、有効化することで、Windows 7のタスクマネージャーは戻ってきます。Windows 8の機能性の一部を損なうことにはなりますが、慣れ親しんだのが一番という方にはこのオプションも可能です。ただし、有効化する前にはレジストリのバックアップを取っておくのを忘れずに。


[Tip] Tweak and Customize Windows 8 Task Manager Functionality | Tweaking With Vishal

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.