• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 AM

フリーランスで請けた仕事の値段、どう計算すればいい?

フリーランスで請けた仕事の値段、どう計算すればいい?

フリーランスで請けた仕事の値段、どう計算すればいい?


働いた仕事について、いくら請求すればいいのでしょう。日給で払われるフルタイムの仕事であれば、仕事をした日数で簡単にわかります。では、ある仕事に就いていて、同時にフリーランスの仕事もしているとしたら? たとえば、副業や週末だけの仕事、あるいは1回限りの仕事などです。計算がややこしそうですが、実は、レートを計算する簡単な方法があります

私は以前、新聞で文章を書く仕事をしていて、給料はとても安定していました(何時間働いても同じですが!)。その後、米Lifehackerから業務を固定レートで請け負って働く期間がありましたが、いまはフルタイムのフリーランサーです。キャリアのなかのほとんどのことと同じように、仕事の請求についても初めは手探りで、あれこれ推測し、夜遅くになって編集者に謝罪のメールを送るといったこともありました

今になってみると、自分のレートを計算する、もっと簡単な方法があったと思います。

2011年8月の米Lifehackerでは、これと同じ問題をかなり違う方向から扱った記事を掲載しています。この記事ではフリーランスの仕事を、自力で起業するようなものとしてとらえています。営業費用と、請求対象になる平均作業時間を計算し、それらから利益と税金を算出。重要な詳細について記録をつけるという方法です。記事の終わり近くにはこう書かれています。


自分のレートを設定する方法は、ほかにもいくつかあります。例えば、今の給料に一定の数を掛けたり、稼ぎたい金額を働く時間で単純に割り算する方法などが考えられますが、こうした方法はオススメしません。毎日の出費や、長期的な成功を可能にするための勘定を考えに入れておらず、現実的でないからです。


表計算ソフトを使って適切に推計を行い、営業経費をきちんと計算するこうした方法は、文句のつけようがありません。しっかりした印象を与え、銀行や企業からはたしかな信頼を得ることができるでしょう。けれども、フルタイムのフリーランサーになるつもりはない人もいるはずです。副業や週末だけの仕事、あるいは半日仕事や1回限りの仕事といった場合、長期的なビジネスプランを立てるのは億劫だし面倒です。

そうした場合、私が経験から習得した方法を試すのはいかがでしょうか。それは、自分自身の仕事に自ら応募したと仮定して、自分の資格や経歴を考慮した上で自分自身と交渉し、報酬を決める、というやり方です。



ステップ1:実際にかかる費用を把握しよう

本格的にビジネスにしようとして、自宅にオフィスを構えたり、経営学博士を取得したり、マーケティングの本を読んだりまではしない場合であっても、仕事に対してお金を請求する以上、コストがどのくらいかかるかを把握しておく必要があります。

最も重要なのは、自営業で稼いだ収入にいくら税金がかかるのかを知ることです。税率は毎年変わりますが、米国であれば「Bankrate.com」、日本なら「税金計算機」などを利用すれば手軽に計算できます。

フリーランスや自営業の人は、大ざっぱに30パーセントという数字を使っていることが多いようです。つまり、稼いだ金額の30パーセントが税金と雑費で消えると考え、その30パーセントをクライアントに上乗せして請求するのです。なお、上乗せする金額は、四半期ベースで見積もった税金から決めるようにしましょう。さもないと、年度末にちょっとした手痛いペナルティー(と税金)を支払うはめになります。また、こうした決め方は悪くはありませんが、すべての人に向いているわけではありません。特に、夫婦でまとめて税金を申告している人には向きません。

フリーランスの売り上げからは、諸経費を差し引くことができます。例えば、経費と認められる交通費や食費、必要に応じて買った備品などです。しかし、その仕事が副業で、大半を自宅で自分のPCを使ってしているような場合は、経費がほとんど無いため、税金がそれなりにかかってきます。それがわかれば、フリーランスの仕事に向けて、自分自身と面接に臨む準備ができたことになります。


ステップ2:仮想の履歴書を作り、自分と面接しよう

あなたの知っているすべてのフリーランサーに対して、彼らのレートを聞いて回るという方法もあります。あるサービスの対価として「あなたならいくら払うか」を人々にたずね、その仕事をするのに何時間かかるかというあいまいな推測に基づいて、請求すべき金額を計算するわけです。ただし、これだとあなた自身が大変な思いをする上、友人からは疎まれるし、まったくのド素人に見えてしまいます。

副業であれ、週末だけや1回限りの仕事であれ、フリーランスの仕事で請求すべき金額をもっと簡単に計算することはできないものでしょうか? 

まずは、あなたがどんな労働者なのかを明らかにしましょう。実際に就職しようとする時は、履歴書を書いて応募し、書面や面接で自分のスキルをアピールしますね。そして、現在のあなたのスキルと、そのスキルを身につけるためにこれまでの仕事でかかった労力とを比べ、それをひとつの基準にして給料の交渉をするはずです。

仕事のレートを決める交渉は、インターンが少額の報酬をもらう場合も(もらえる場合はですが)、あるいは、その分野のトップに立つ専門家が、ジェット機の利用権利や、バケーション用に海に面した豪華なホテルの部屋をタイムシェアする権利などを交渉する場合も、原則は同じです。フリーランスの仕事のレートを交渉する時は、もしその仕事がフルタイムであれば、自分はどんな種類の仕事に応募しようとしていて、その仕事の給料はいくらになるかを、自分自身に問いかけましょう。これは、私が新しい仕事を手掛けた時に、デザイナーのNicholas Baroneさんから聞いた有益なアドバイスです。

具体的には、以下を実践しましょう。


  • その会社のその分野において、自分が築き上げてきたスキルでどんな種類の仕事が得られるかを明らかにする。
  • フルタイムで働く場合、金額がいくらなら納得できるかを明らかにする。
  • 税金を払うことになる場合、その金額におよそ30%を上乗せする。
  • その金額を、時給に換算して請求する(年俸を52で割って1週間あたりの金額を求め、それをさらに1週間の労働時間である40などで割ればよい)。


フリーランスの仕事を2つ以上しているか、あるいは、自分のメインとする分野とはやや異なる分野の仕事をフリーランスでしている場合は、もう少し検討を続ける必要があります。私はおもにテクノロジー関連のウェブ記事を書いているので、別のウェブサイトから仕事が来た場合は、時給や1件あたりの報酬を計算するのはそれほど難しくありません。

しかし、マンツーマンでコンピューターのセットアップや指導を頼まれた時は、それに見合う報酬をきちんと計算しなければなりません。もし、私がコンピューターの修理屋を始めたとした場合、同じ家で生活を続け、夕食の予算が毎日1ドル以下という事態にならないためには、どのくらいもらうのが望ましいでしょうか?


ステップ3:細かなことも交渉から落とさない

ついに現実的な時給の数字(あるいは、1件の仕事にかかる現実的な時間がわかっている時の、1件あたりの報酬)にたどり着いたと思われるかもしれませんが、実はまだ不十分です。フリーランス契約では、数字に影響を与える細かなポイントがいろいろとありえます。例えば、自分のした仕事の権利を守りたい場合や、とても長い会議に参加しなければならない時などです。

とはいえ、たいていは、副業による報酬の計算は次のように単純化できます。


「私がさせていただくこの仕事を、もし常勤でやったとすれば、給料はX円になるはずです。ですから、私の限られた時間を使ってこの仕事に取り組む対価として、支払っていただきたい金額はこちらになります」


これは、自分の金銭的な価値と自分自身を尊重するための、簡単な方法です。


Kevin Purdy(原文/訳:齋藤新、合原弘子/ガリレオ)
Original images by Pixabay,theimpulsivebay (Flickr), legenda (Shutterstock)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.