• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,  10:30 PM

Android端末から自分のLinux環境をどこででもブートする方法

Android端末から自分のLinux環境をどこででもブートする方法

Android端末から自分のLinux環境をどこででもブートする方法


Android (Root化済):問題が起きたPCのトラブルシュートを行う場合や、どこでも自分の環境で作業したいという時、CDやUSBドライブでLinuxをブートさせると便利です。

『DriveDroid』を使えば、Android端末を使ってLinuxをブートできるようになります。端末さえあればどこでも自分の環境を起動できる。そんな魅力的なアプリとなっています。


まず、インストールを行う前にAndroid携帯に十分なスペースがあることを確認してください。Linuxそのもの、ストレージ、ブートに必要なツール用の容量がスマートフォン上に必要です。

続いて、アプリを使用するまでの手順は以下の通りです。


  1. 端末をUSB経由でPCに接続する。
  2. DriveDroidを起動し、使用するLinuxを選択。開発者側が奨励しているのは軽さが魅力の『35MB SliTaz』ですが、『Arch Linux』や『Gentoo』、『Crunchbang』、『FreeBSD』などのディストリビューションも選択可能です。
  3. ダウンロードが終了したらDriveDroidがホストするディストリビューションを選択し設定を有効に切り替えます。
  4. PCを再起動。USBデバイスからの起動するようにBIOSで設定してください。


これでAndroid端末からLinuxを起動できます。WindowsのISOまたはIMGファイルで起動させることも可能です。その場合、携帯にイメージをコピーしてアプリにイメージファイルを認識させる必要があります。

また、イメージにシステムをブートし、そのイメージをスマートフォン上の空のUSBイメージを使ってカスタマイズしておくとそのブート可能なイメージファイルを使用して、完全にカスタマイズされ、自分の作業に必要なツールやアプリが含まれたLinuxディストリビューションを携帯から立ち上げることが可能です。

端末のストレージ内でカスタマイズをしておけば、ブートイメージとして、ソフトウェアなどを含めた総合パッケージをどこからでも起動できます。

DriveDroidを使ってWindowsを起動する方法などを知りたい方は開発者のウェブサイトを参考にしてみてください。


DriveDroid | Google Play

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.