• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  10:40 PM

大事な写真はIFTTTを使ったデジタル版「焼き増し」で一括保存

大事な写真はIFTTTを使ったデジタル版「焼き増し」で一括保存


はるか昔には、誰かが撮った写真を自分もほしいと思ったら「焼き増し」を頼むしかありませんでした。つまり、全く同じ写真を2枚現像してもらい、2枚目を分けてもらうという方法です。けれども今のデジタル社会では、あなたや友達、家族が撮った写真や、あなたが被写体になっている写真が、文字通りありとあらゆる場所に広まっていて、かえって整理がつきません。

そこで米Lifehackerでは、デジタルの世界でも「焼き増し」を行うと便利なのでは、と考えつきました。


できること

この記事では、あなたがFacebookやFlickr、Instagramなどにアップした写真を、自動的に「焼き増し」した形でDropboxにも保存していく方法を紹介します。同じように、Facebookでほかの人があなたにタグ付けした写真も、自動的にあなたのコンピューターにダウンロードされます。さらには、あなたがインターネット上(ウェブサイトであれ、そのほかの場所であれ)で目にした画像でさえ、マウスを1回クリックするだけで「焼き増し」フォルダに加えられるのです。

では設定の方法をご紹介しましょう。


必要なもの

この機能を実現するには、2つのベーシックなサービスを使います。1つはあなたが登録しているさまざまなアカウントをリンクさせるため、もう1つは写真を保存するために必要なサービスです。


  • If This Then That(IFTTT)」:「If This Then That (IFTTT)」は、あるサービスからほかのサービスへと、情報を受け渡す機能を持っています。簡単に説明すると、あること(例えば、Instagramに写真を投稿した)が起きた時に、それをIFTTTに知らせると、このサービスが別のこと(例えば、この写真をDropbox内の「焼き増し」フォルダにコピーする)をやってくれるわけです。設定は数クリックで終わり、その後は、さまざまなサービスに投稿した写真が、自動的に特定のDropboxフォルダに送られます。
  • Dropbox」:クラウドストレージサービスのDropboxは、すべての写真の保管場所です。設定後は、写真を撮るたびに、そのデジタル版焼き増しが、Dropboxに自動的に送られます。


必要なのはこの2つだけです。では写真の整理に取りかかりましょう。


自分が撮影したすべての写真を1つのフォルダに送信する


あなたが使っているウェブサービスをIFTTTがサポートしている場合に限られますが、簡単なアクションを作るだけで、自分が撮った(あるいはタグ付けされた)写真を、直接Dropboxのフォルダにアップロードできます。特定のタグだけをアップしたり、写真を自動的にサブフォルダに分けて整理したりも、ウェブサービスによっては可能です。

自分が撮った写真すべてをDropboxのフォルダへ送るだけなら、IFTTTがサポートするすべての写真サービスで同じやり方が使えます(FacebookInstagramFlickrFoursquareなどに対応しています)。その多くはすでにIFTTTの「レシピページ」に用意されていますが、自作やカスタマイズも簡単です。

この記事の冒頭に載せた動画では、IFTTTのトリガー(If・もしに当たる部分)を自作する方法を紹介しています。もっと詳しい方法が知りたい人は、続けて読んでください。


手順1:トリガーチャンネルの選択

IFTTTのダッシュボードから「レシピを作る(Create a Recipe)」を選び、「this」の部分をクリックします。するとIFTTTがサポートするすべてのサービスがメニューに表示されるはずです。「あなたが撮った写真をDropboxに送るトリガー」を作るなら、まずはこのメニューから、使いたい写真サービスを選びましょう。なお、Facebook、Instagramなどそれぞれのサービスについて、個別にトリガーを用意する必要があります。


手順2:トリガーを選択し、撮影したすべての写真をDropboxに送るよう設定する

連携させたいサービスを決めると、トリガーの選択肢が表示されます。それぞれのサービスにはさまざまなトリガーが用意されていて、各トリガーがさまざまなアクションを実行してくれます。

デジタル版焼き増しを作るなら、「すべての新しい写真(Any new photo)」という項目を選ぶのが一番簡単です。これで、あなたが撮った写真は自動的にDropboxフォルダに転送されます。トリガーを選び終わったら、「トリガーを作る(Create Trigger)」をクリックしましょう。


手順2.5(オプション):トリガーをタグと関連づけ、特定のフォルダに写真を仕分ける

もうひとつ、InstagramやFlickrのユーザーなら、「あなたがタグ付けした写真(New photos by you tagged)」という、とても使えるオプションがあります。このオプションを選ぶと、自分が撮った写真にタグ(例えば「#vacation2012」)を付けるだけで、Dropboxの特定のフォルダにその写真が仕分けられます(仕分けについてはこのあと、手順4でも紹介します)。これなら、すべての写真をデジタル版焼き増しとして手元に置いておけるうえに、同時に整理まで済ませられます。

また、Facebookにもカスタム版のトリガーが用意されていて、誰かがある写真にあなたをタグ付けした場合、「あなたがタグ付けされている写真(You are tagged in a photo)」というオプションを選べます。どちらのオプションにするにせよ、各サービスについて複数のトリガーを設定でき、整理の方法も好きなように調整できると覚えておいてください。


手順3:Dropboxのアクションを設定する


120824ifttt_4.jpg


ここまで終わったら、アンダーラインが引かれた「that」の部分をクリックし、Dropboxのアイコンを選びます。次に表示される項目から、「URLからファイルを追加する(Add file from URL)」を選びましょう。


手順4:アクションフィールドを完成させる

最後のステップは、アクションフィールドの作成です。今回はオンライン上のすべての写真についてデジタル版焼き増しを作るのが目的なので、「ファイルURL(File URL)」ボックスはそのままにしておきましょう。


130404get_digital_doubles_2.jpg


次に、「Dropbox folder path」(Dropboxフォルダパス)ボックスに入力します。あなたが撮った写真が保存されるDropboxフォルダを指定します。ここでの目的は、あなたが撮影し、あらゆるサービスにアップした写真すべてを、1つのフォルダにまとめることです。というわけで、このフォルダには「デジタル版焼き増し(Digital Doubles)」と名付けましょう(ただし、SDカードに保存した写真の管理にDropboxの自動写真アップロード機能を使っているなら、既存の「カメラアップロード」フォルダを指定しても良いでしょう)。

ここで、手順2.5で説明したタグフィルタを使いたい場合は、「Digital Doubles」の下にサブフォルダ(先ほどの例だと「Vacation2012」)を作っておきましょう。

最後に「アクション作成(Create Action)」を選べば、設定は終わりです。これで、あなたの写真はどんどん「焼き増し」されていきますよ!


Thorin Klosowski(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.