• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  11:30 PM

これで戸惑わない! AndroidからiPhoneへの簡単乗り換えガイド

これで戸惑わない! AndroidからiPhoneへの簡単乗り換えガイド

Android 端末からiPhoneへの簡単乗り換えガイド


Android端末は発売当初に比べて大幅に進化しています。とはいえ、Androidユーザーの中には、バラバラにリリースされる機種、UIの不一致や、バッテリーもちの悪さにうんざりしている人もいるはずです。私はずっとAndroidユーザーですが、一時期iPhoneを使っていました。iOSヘの乗り換えは思ったより簡単でしたが、ちょっとした違いに戸惑うことも

そこで悩めるユーザーに向けて、乗り換え時に期待できること、調整しなくてはいけないこと、できなくなることを紹介します。



iOSの基本操作

Androidから乗り換えた人は、ボタンや設定画面がどこにあるのか戸惑うかもしれません。iOSはかなりシンプルで、ホーム画面に戻るためのホームボタンが1つあるだけです。ホームボタンを2回押すとマルチタスクドロワーが開き、長押しするとSiriが起動します。


iOSの基本操作


「戻るボタン」に近いものは、アプリの画面左上に表示されます。画面に戻るボタンがないときは、そこがアプリのメイン画面です。ホームボタンを押せばホーム画面に戻ります。「メニューボタン」の代わりに、ほとんどのアプリ内に設定ボタンがあります。iOSの『設定』アプリからもカスタマイズするときもあります。


ホーム画面


ホーム画面


Androidと同じく、iOSもホーム画面を何ページも増やせます。Androidと違うのは、メイン画面が一番左にあり、右方向へ進んでいくこと。また、アプリドロワーがありません。そのかわり、ダウンロードしたアプリはすべてホーム画面に表示され、自由に並べ替えられます。場所を移動するのは、Androidと同じ方法です。アイコンの上でタップ長押しをすると、揺れ始めるので、ドラッグして移動します。フォルダを作成するには、揺れている状態で、アイコンを別のアイコンの上にドラッグしてみましょう。アンインストールするには、アイコンの隅にある「x」マークをタップします。

iPhoneではアプリの整理に工夫が必要です。ホーム画面に表示したくないアプリがあるなら、フォルダの中にいれて一番最後のホーム画面に移動させましょう。とりあえず目にはつかなくなります。また、残念ながらiPhoneにはウィジェットがありません。


標準アプリ

Androidの最大の長所は標準アプリを自由に選べることですが、iOSではそうはいきません。標準では、メールクライアントは『メール』を、ブラウザは『Safari』を、地図アプリは『Appleマップ』を使う仕様になっています。


標準アプリ


ようやく最近になって、標準アプリ以外もサポートされ始めました。例えば、リンクを開くときにSafariでなくChromeを使えるアプリも増えています。それができない場合は、ブックマークレットを使う方法もあります。ほかにも、SiriからGoogleマップやAstridへリンクを送ったり、アプリの起動にLaunch Center Proを使ったりしても良いでしょう。


通知


通知


iOSの通知センターはAndroidと似ています。画面を上から下にスワイプすると、新しい通知が一覧表示されます。通知をタップして内容を確認、右の「☓」ボタンで消去ができます。また、iOSの設定アプリから、受け取る通知の種類や方法を設定できます。

iOSはロック画面にも通知を表示します。ロックを解除するまで表示されるので、未読を把握するのに便利です。通知アイコンを右へスワイプして、ロックを解除せずに通知内容の確認することもできます。


Siri


Siri


SiriはiOSのバーチャルアシスタント。iPhoneのさまざまな機能を音声だけでコントロールできます。Siriを使うには、ホームボタンを長押ししましょう。起動すると指示待ちモードになるので、天気や映画の上映時刻を確認、SMSの読み上げや返信、リマインダーのセットなど、あらゆることを依頼できます。


アプリとOSのアップデート


アプリとOSのアップデート


アプリのアップデート方法も少し違います。iOSではAndroidのようにアプリの自動アップデートができません。とはいえ、やり方は簡単です。アップデートが可能になると、App Storeのアイコンに赤いバッジが表示されます。アイコンをタップするとアップデート画面が開くので、個別でも一括でも、好きな方法でアップデートしましょう。

OSのアップデートも同様です。アップデート可能になると、設定アプリに赤いバッジがつきます。アイコンをタップして「一般>ソフトウェアアップデート」を選択すればOK。また、iTunesからもアップデートを行えます。iPhoneはAndroid端末のように機種によってアップデートの対応状況が違ったりしません。よほど古い端末でない限り、全ユーザーが一斉に同じアップデートを受け取れるのです。


Googleサービスを使う

元Androidユーザーなら、GmailやGoogleカレンダーなどGoogleサービスなしでは生きていけないはず。でもご安心を。iPhoneの標準アプリをGoogleサービスに同期させるのは簡単ですし、標準アプリをGoogleアプリに置き換えることも可能です。


iTunesで同期させる


iTunesで同期させる</h3></a><br />


iPhoneの音楽や写真、動画の同期にはiTunesを使います。USB経由でPCと接続するとiTunesが起動。左サイドバーでiPhoneを選ぶと、オプション画面が開きます。

操作方法は直感的です。「ミュージック」タブで同期させる楽曲を選べます。動画は「ムービー」タブからです。「App」タブでは、アプリのインストールや削除、ホーム画面の編集のほかに、PCとのファイル共有も行えます。例えば、標準アプリ以外のビデオプレーヤーを使うとき、「ビデオ」タブや「テレビ番組」タブから動画を同期できません。その場合は「App」タブを開き、「ファイル共有」までスクロールダウンします。左の「App」欄でビデオプレーヤーをクリックして、右の「書類」に同期したい動画をドラッグすればOKです。

またiTunes同期では、同時にバックアップも行われます。iPhoneの内容がとんでしまっても、バックアップから復元すれば元に戻せます。USBケーブルを使うのが面倒なら、「概要」タブの「オプション」で、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックしてWireless同期を試してみましょう。


バッテリー

Androidから乗り換えると、iPhoneのバッテリーのもちのよさに驚くはず。とはいえ、バッテリーはなるべく節約したいですよね。こちらのiPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法を参考にどうぞ。


代替アプリやサービスを使う

iPhoneに乗り換えると、標準アプリだけではもの足りないと感じるはずです。ライフハッカーのiPhoneカテゴリから好みのアプリを探してみましょう。例えば、『Google Search』をダウンロードしてSiriの代わりにGoogle Voice Searchを使うのも手です


代替アプリやサービスを使う


iOSの便利な機能

iOSには、ほかにもすばらしい機能が搭載されています!


iOSの便利な機能


おやすみモードは、睡眠中など邪魔されたくないときに使える機能です。設定アプリを開いて「おやすみモード」をオンにするだけ。これで、あらゆる通知が来なくなります。また、「設定>通知>おやすみモード」で、通知を許可するアプリや時間帯を設定できます。

テキスト拡張機能を、iOSではシンプルに「単語」と呼んでいます。メールアドレスや電話番号、住所など、よく使う単語の入力を楽にしてくれる機能です。「設定>一般>キーボード>新規単語を追加」で単語を登録します。

パノラマ写真やHDR撮影は、標準のカメラアプリでも使えます。HDRモードを使えば、写真のコントラストレンジを広げて美しい写真を撮影できます。カメラアプリの「オプション」をタップして、「HDR」をオンにすれば準備OKです。同じように「パノラマ」をタップして、iPhoneをゆっくり移動させれば、ワイドなパノラマ写真を撮影できます。

FaceTime』を使えば、iOSやMacユーザーとビデオチャットができます。電話アプリの連絡先を開いて、FaceTimeをタップすれば相手にリクエストを送信します。

絵文字も使えます。「設定>キーボード>新しいキーボードを追加>絵文字」で絵文字用のキーボードを追加できます。キーボードの切り替えは、地球マークをタップしてください。


他にもすばらしい機能やアプリがたくさんあります。ライフハッカーでも紹介していきますので、お楽しみに!


Whitson Gordon(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.