• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:45 AM

Twitter、自分のこれまでの全ツイートをダウンロードできる機能を公開

Twitter、自分のこれまでの全ツイートをダウンロードできる機能を公開

121220twitter_log.jpg


去年のいまごろ、自分がつぶやいたことを覚えていますか?

Twitterは、自分のこれまでのツイートをダウンロードできる機能「全ツイート履歴」を公開しました。従来は一定期間分をさかのぼって閲覧するのみでしたが、これによりユーザーは過去全てのツイートをログとして保存できます

先がけて英語ユーザー向けに実装されていましたが、この度、日本語ユーザーも利用できるようになりました。全ツイート履歴をダウンロードすることで、過去のツイートを月ごとに見たり、キーワードやユーザーネーム、ハッシュタグで検索をしたりすることも可能です。

ツイートの取得方法は以下の通り。



Twitterのアカウントページ、上部のメニューバーより歯車のマークをクリック。「設定」へ進みます。


130322twitter_log_3.jpg


「ユーザー情報」欄の最下部にある「全ツイート履歴をリクエストする」をクリック。「ダウンロードの準備ができましたら、リンクを記載したメールをお送りします。」というメッセージが表示されればOK。送信までに時間がかかる場合もあるようです。試してみたところ、今回は数分と経たない内に送られてきました。リンク付きのためか、「迷惑メール」に割り振られることもあるので注意。


130322twitter_log_5.jpg


メールに記載されたURLを飛び、「ダウンロード」ボタンをクリック。データはZipファイルにまとめられています。


130322twitter_log_4.jpg


Zipファイルの内容はこのようになっています。「index.html」をブラウザなどで開きましょう。Excelデータもついていましたが、残念ながら文字化けしていました。


130322twitter_log_2.jpg


「Index」を開くと、このような画面に。自分のツイートを月ごとの表示できます。右側のグラフで、ツイート数の増減もわかりますね。ツイートの検索もできます。ただ、見たところ、自動でアップデートする機能はなさそうです。最新のツイートをダウンロードするには、定期的にこの作業を行いましょう。


自分のツイートをブログ形式で保存してくれる「Twilog」などのサービスは以前よりありました。しかし、TwilogもTwitterの仕様上、最新のツイートから数えて3200件目までしかログを取得できませんでした。「過去のツイートをもっと見たい!」というユーザーにとっては、まさに待望の機能。

さて、全ツイートを取得できるようになりましたが、この豊富なログをいかにして活用するか。今後はそこに焦点を当てる必要がありそうです。


日本の皆さんにも「全ツイート履歴」が使えるようになりました | Twitterブログ

長谷川賢人

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.