• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,,,,,  08:00 AM

FacebookなどのSNS用プロフィール/カバー画像のリサイズが簡単にできるサイト

FacebookなどのSNS用プロフィール/カバー画像のリサイズが簡単にできるサイト

130316socialmediaimagemaker.jpg


SNSに写真をアップロードする時、縦と横のサイズをいちいち調べて加工するのは面倒。例えばFacebookのカバー写真のサイズは851×315pxだそうですが、きれいにリサイズするには画像編集ソフトを使わないといけません。Facebookのカバー写真は自分のプロフィールページの中で一番目立つ部分であるだけに、できればこだわりたいところです。

というわけで今回は、画像をアップロードするだけでSNSのパーツごとにリサイズしてくれるサイトを紹介します。Facebookのカバー写真だけではなくプロフィール写真や通常投稿の写真リサイズも可能。対応しているSNSも、Facebook・TwitterからTumblr・LinkedInまでと幅広いです。


130316socialmediaimagemaker1.jpg


サイトにアクセスすると、各SNSごとにリサイズできるサイズの種類が並んでいます。例えばFacebookだと、カバー写真、プロフィール写真、通常投稿画像などが選択できます。各サイズごとの「Create」ボタンをクリックすると、画像編集ページに進みます。


130316socialmediaimagemaker2.jpg


カバー写真の編集画面です。あらかじめ領域が固定されており、自分の好きな部分を切り取れます。


130316socialmediaimagemaker3.jpg


切り取り作業が終わると、フィルターの選択画面に進みます。ここで、13種類のフィルターを掛けることが可能。もちろんフィルターを掛けないこともできます。


130316socialmediaimagemaker4.jpg


フィルターを決定すれば、自動的にダウンロードが始まります。あとはその画像を各SNSで設定するだけです。このような要領で、ほかのSNS画像もリサイズできます。


130316socialmediaimagemaker5.jpg


こちらはTwitterの背景画像。大きなサイズであるだけに、簡単にリサイズできるのはうれしいですね。Twitterでは、このほかプロフィール写真やヘッダー写真などをリサイズ可能。


130316socialmediaimagemaker6.jpg


対応しているSNS一覧です。日本でまだ普及していないVimeoやSlideshareにも対応しているのはうれしい限り。


ただ、SNSによってはスマホ用サイトには最適化されないようです(特にFacebookのカバー画像は一部分のみ表示されます)。あくまでもPC用としてお使いください。


Social Media Image Maker

安齋慎平

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.