• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

igarashiigarashi  - ,,,  12:00 PM

Googleリーダーからの引越しは意外と簡単~スマートにフィードをエクスポートする方法

Googleリーダーからの引越しは意外と簡単~スマートにフィードをエクスポートする方法

130314gredr_01.jpg


Googleがオフィシャルブログにて2013年7月1日をもってRSSリーダーサービス「Googleリーダー」をサービス終了すると発表しました。そこで代わりとなるRSSリーダーおよびGoogleリーダーからのフィードのエクスポート方法を紹介します。



1.新しいRSSリーダーを探す


幸いなことに世の中にはGoogleリーダー以外にもRSSリーダーが多数あり大きく分けて2種類に分類できます。

オプション1:クラウド型RSSリーダー


130314gredr_02.jpg


もしRSSリーダーを家、仕事場など複数のデバイスで読んでいる場合にはGoogleリーダーと同じ、クラウド型のRSSリーダーをおすすめします。

NetVibes」はとても人気のある、クラウド型リーダーです。Googleリーダーに似たインターフェースをもっており、iGoogleのようなページを表示もできます。

NewsBlur」もなかなかよいサービスです。Googleリーダーをもっと洗練させたようなインターフェースが特徴的。アカウントさえ作れば、どのコンピューターからもアクセスできます。iOSとAndroidのアプリも用意されているので、出先からもニュースをチェック可能です。

Feedly」も有名です。しかしこのサービスはGoogleリーダーとはかなり違う使い勝手となっています。インターフェースは一般的なものとかけ離れており、どちらかというと新聞のような感じです。ブラウザ用拡張機能(ChromeFirefox)をインストールする必要がありますが、ブラウザの垣根を越えてフィードの内容を同期できます。アプリもとても便利。またこの度サービス終了のニュースを受け、GoogleリーダーからFeedlyへのシームレスな引っ越しを確約しています。


オプション2:デスクトップ型RSSリーダー


130314gredr_03.jpg


他のオプションとしてデスクトップ型があります。クラウド型よりも多機能で、非常に便利なのですが、重大な弱みもあります。ほとんどのデスクトップ型リーダーはGoogleリーダーのアカウントを使っているという点です。つまり開発者が他のサービスとの同期を模索しなければ、使えなくなってしまいます。7月まではまだ時間があるので、対応を待っています!

ちなみにWindowsでしたら『FeedDemon』のカスタマイズ性は侮れません。Mac向けでしたら「Reeder」が良いでしょう。もし携帯端末で購読をしているのであれば、AndroidiOSアプリを探してみましょう。


2.Googleリーダーのフィードをエクスポートする


130314gredr_04.jpg



  1. 新しいRSSリーダーを決めたら、Googleリーダーのフィードをインポートしましょう。ひとつひとつを購読し直す必要はありません。手順はとても簡単です。
  2. Google データエクスポートのページにアクセスし、「アーカイブを作成」アイコンをクリック。
  3. ファイルの作成が完了したら、ダウンロードボタンをクリック。
  4. ダウンロードされたZIPファイルを解凍し、「Reader」フォルダ内にある「subscriptions.xml」を抜き取りましょう。
  5. RSSリーダーのインポート機能を使って「subscriptions.xml」ファイルを読み込みましょう。


まだまだ7月までは時間があるので、さまざまなRSSリーダーを試して、自分に合うものを探しましょう。そのころにはデスクトップ型リーダーが、他のサービスと同期できるようになってればうれしいですね!


Whitson Gordon(原文/訳:五十嵐弘彦)

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.