• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  10:30 PM

デスクトップ検索を向上させるソフトウェアTOP5~ファイルが見つからないならこれで解決

デスクトップ検索を向上させるソフトウェアTOP5~ファイルが見つからないならこれで解決

130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_01.jpg


コンピューター上の必要なファイルを探し出すには、優れたデスクトップ検索ソフトウエアを使うのが一番です。

主要なOSには、はじめから検索機能が組み込まれています。しかし、より早い、正確、多機能なツールがほかにもあります。読者の意見をもとに米Lifehackerが選んだ、デスクトップ検索ソフトウエアTOP5を紹介します。


Alfred(OS X)


130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_02.jpg


『Alfred』はOS X対応で、アプリランチャーとデスクトップ/ウェブ検索ユーティリティーを兼ねています。インストールすると「Alt+スペースキー」で検索バーが現れ、そこからコンピューター上のアプリを起動したり、ウェブ検索をしたり、コンピューター上にあるファイルを検索したりできます。検索するディレクトリは「Search Scope」機能で追加または削除できますし、インデックスを作って検索するファイルやフォルダの種類は「Extras」機能の項目にチェックを入れて指定します。動作はやや遅めですが、何でも探し出します。

アプリランチャーとデスクトップ検索ツールが一体化している時点で十分素晴らしいのですが、便利な機能は他にもあります。iTunesのミニプレーヤーや電卓にもなり、ホットキー設定もできます。さらに拡張機能を追加することも可能。Alfredは無料ですが、15ポンドの『Alfred Powerpack』を買えば、さらに便利な機能が使えます。


Everything(Windows)

130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_03.jpg

『Everything』は2008年に登場し、たちまちWindows用検索ソフトウエアとしてトップクラスの人気となりました。動作がとても速いのです。使えば使うほど検索用のインデックスが作られていき、検索結果が正確になります。ほかのアプリのようにファイルの「中身」を検索する機能はありませんが、スピードはとても魅力的です。

Everythingの開発は2009年にいったんストップしましたが、開発者のvoid氏は2013年2月に現行のWindows向けに設計した新しいベータ版をフォーラムで公開しています。これまでのところベータ版の動作は上々で、検索スピードにかげりは見えません。まだ、性能を最大限に引き出すために管理者権限を必要としたり、ファイルシステムがNTFSでないと動作しなかったりしますが、復活するのはまず間違いなさそうです。

万が一新しい最新版がリリースされなくても、旧バージョンがあります。将来いくつかの機能がアドオンとして発表されるかもしれないとも開発者は言っています。


Quicksilver(OS X)


130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_04.jpg


『Quicksilver』には、波乱に満ちた長い歴史があります。いっときの間、最良のMac用アプリランチャー兼カスタマイズソフトウエアでした。しかしMac OS Xがアップデートされる度に使えなくなるなど、残念な方に向かいかけました。それでも幸いなことに、Quicksilverはオープンソースに移行し、独立系の開発者たちが手を差し伸べました。それ以来、頻繁にアップデートされ、今も高い人気を維持しています。

Quicksilverはアプリランチャーですが、ファイルやドキュメントを検索できる優れたツールでもあります。わずかなキーストロークで、Macのファイルシステムを高速検索して表示します。インストールすれば、そのままでファイル、フォルダ、さまざまなドキュメント、連絡先、ブックマークなどを検索可能です。複数のコマンドを続けて実行できるため、ファイルを検索した後の開き方を選ぶ、ファイルを見つけて指定の場所に移動させる、といったワザが使えます。また検索やスクリプトの機能を拡張するサードパーティー製プラグインも豊富です。最近のバージョンは本当に洗練されていて、しかも完全に無料です。ちなみに開発チームはプロジェクトを維持するための寄付を歓迎もしています。


Launchy(Windows/OS X/Linux)


130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_05.jpg


『Launchy』はただのアプリランチャーではありません。目的のアプリを見つけて起動させるだけでなく、もっと多様な使い方ができます。Launchyはクロスプラットホームで超高速に動作します。シンプルにファイルを見つけたり、アプリを起動したり、複数のコマンドを続けて実行したりできます。例えば、ファイルを見つけて特定のアプリで開く、ある用語を検索して好みのブラウザでGoogle検索結果ページを表示したりする、なども可能。インデックスを作るのに少し時間がかかり、真価を発揮するのはそれからとなりますが、バックグラウンドで作業させておけば、さほど気になりません。ほかのアプリランチャーによく組み込まれている余分な機能をそぎ落としてスリム化しているのにもかかわらず、デスクトップ検索の機能は申し分ないです。Launchyは完全に無料で、WindowsだけでなくOS XやLinuxにも対応しています。


Windowsのファイル検索 (Windows)


130314desk_class='lazy' src='/lifehacker_parts/img/common/loader.gif' data-originalh_06.jpg


Windowsのファイル検索自体は、今回取り上げたほかのソフトウエアほど優秀でなく、かなり見劣りがします。インデックスを作って検索できる場所やファイル形式が限られている上、インデックスの作成自体に時間がかかり、作成されたものが不完全なことも多いです。しかし少し手を加えると、サードパーティー製のソフトウエアに劣らないと多くの読者が指摘しています。

また、新しくインストールするより既にあるものを使いたい、Windowsのファイル検索は「これでいい」、きちんと整理する習慣を身につければ特別な検索ツールは必要ない、といった意見もあります。

もしWindowsのファイル検索を使い続けるのであれば、やはりいくらか手を入れるのをおすすめします。


以上TOP5には選ばれませんでしたが、優秀なデスクトップ検索アプリとして、『Googleデスクトップ』もあります。このサービスは2011年に終了してしまいましたが、今も使い続けている読者はたくさんいます。正式なダウンロードができず、アップデートも提供されていませんが、それでも愛着があるようです。今からでも試したい、今後もインストールしておきたい場合は、ウェブ上にインストーラが出回っていますので自己責任でお試しを。他にオススメなどあればコメント欄やFacebookページでぜひ投稿してください!


Alan Henry(原文/訳:福岡洋一/ガリレオ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.