• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 AM

アイデアをひらめきたいなら「シャワーを浴びてみる」のが良い理由

アイデアをひらめきたいなら「シャワーを浴びてみる」のが良い理由

130314best_ideas_in_the_shower.jpg


絶妙なアイデアは、何の前触れもなしにやってきます。シャワーを浴びている時などに限って、突然ヒラメキがくるのはどうしてでしょうか? つかまえどころがないように見える「クリエイティブな瞬間」ですが、実際にはいくつかのキーとなる要因によって引き起こされ、はっきりとしたプロセスがあります。

Buffer」の共同創設者Leo Widrich氏はBuffer blogで、「創造性の科学」を説明しています。私たちの脳は基本的に、次のような状況にある時、素晴らしいアイデアを生み出すというのです。


  • 脳内物質であるドーパミンが大量に分泌された時。エクササイズ、音楽鑑賞、温かいシャワーなどが、ドーパミン分泌量を増加させる引き金となります。
  • リラックスしている時。精神が安定した状態にあると、人は自らの内面に目を向けます。そのため、直観とつながりが持てるのです。眠気や酔いが創造力を引き出す場合もあります。
  • ぼんやりしている時。脳がひと休みするため、問題や課題に対して、潜在意識がよりクリエイティブに対処できるようになります。よいアイデアを得るには無意識に任せて放置すべしというアドバイスもあります。

まとめると、ドーパミンが出ていて、リラックスしていて、ぼんやりしている状態です。シャワー中にアイデアがひらめくのも、納得できますね。

ここで忘れてはいけないのは、いつでもどこでも、ひらめいたアイデアを逃さずにとらえることです。シャワー中にいいアイデアをよく思いつく方には、防水型のメモ「Aqua Notes」も便利でしょう。

Bufferでは、クリエイティブな瞬間を最大化するためのアイデアをたくさん紹介しています。そうした瞬間がいつ一番来やすいのかわからないという方は、クリエイティブなスイートスポットを見つける方法(英文記事)も参考になさってください。


Why we have our best ideas in the shower: The science of creativity|Buffer

Melanie Pinola(原文/訳:遠藤康子、合原弘子/ガリレオ)
Photo by Sergey Nivens(Shutterstock)

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.