• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,  12:00 PM

日本ヒューレット・パッカードのすごすぎる社員食堂で「社食の神様」に会ってきた

日本ヒューレット・パッカードのすごすぎる社員食堂で「社食の神様」に会ってきた

130313hp_staff_canteen_2.jpg


神が場を作るのですね。

以前、六本木のITベンチャー企業TIMERSが、アイデアで自分たちの社食(社員食堂)を持てたまかないプロジェクトを取材しました。彼らは社員5人、いわば「ミニマムな社食」といえます。そこで浮かぶギモンが、大企業の「マキシマムな社食」はどうなっているのか。両者の共通点がわかれば、「良い社食」とは何ぞやという答えが見えてくるのではと思ったのです。

そんな折に飛び込んできたのが、タイムセールサイト『LUXA』主催の「日本ヒューレット・パッカード(HP)本社の社食ツアー」。この度、ツアーに同行し、見学させていただくことができました!

また、社食のプロデュースを手がけた日本HP総務部長・髙山源一さんにもお話を伺いました。ムック本『ニッポンの社員食堂』(学研パブリッシング刊)では、日本のあらゆる社食を視察し、25年にわたって業務に携わってきたことから、"社食の神様"とも評された髙山さんが作り上げた空間とはいかなるものでしょうか。早速見ていきましょう。


毎日の昼食からフレンチのフルコースまで


130313hp_staff_canteen_1.jpg


日本HPの社食は本社屋8階部分すべてにまたがる約900席。サッカーコートとほぼ同じ大きさ(5600平米)です。その日のメニューは食堂入口にある電光掲示板とイントラネットで見られます。「和食」「中華」「エスニック」など11種類のテーマごとにキッチンが設けられている他、グラム売りのデリスタイルビュッフェ、焼きたてパンが楽しめるカフェ、さらには「おもてなし厨房」というレストランスタイルのコーナーまで。「ビュッフェは毎日メニューが変わるので、1週間続けても同じものを食べることはないんじゃないかな」と髙山さん。


130313hp_staff_canteen_9.jpg


この時点で、もはや社員食堂ではなく「テーマパーク」に近いと思い始めました。


130313hp_staff_canteen_3.jpg


人気メニューの「フォーボー(牛肉のフォー)」。見た目も味も本格派! 髙山さんは「基本的にほぼ全て朝から仕込むのも自慢です。出来合いのものを使うとメニューが似通ってくるので、リピートされなくなってしまいますから。ハンバーグなら手でこねてちゃんと成形する。食堂の運営をお願いしているエームサービスさんは頑張ってくれていますよ」とやや苦笑気味。しかし、それこそがおいしさのヒミツ。ただ、これだけの量となると廃棄ロスや見通しが難しそうですが...。


髙山:データをちゃんと取って、社員の好き嫌いで調整しています。うちはお肉のメニューが好きみたい(笑)。だからハンバーグやとんかつ、カキフライなんかは多めにしています。日本HPでは週2日、月8日までの在宅勤務が許されているので、毎日の利用者数...というか、そもそもの出社人数が異なります。入館者数と天候状況などを照らしあわせて調整するんです。オープンしてデータもかなりたまってきたので、ロスもあまりないですよ。


130313hp_staff_canteen_4.jpg


食事スペースも間接照明が映えるカフェ風、ファミリーレストランのようなボックス席、掘りごたつのある座敷席など多種多様。食べるものだけでなく、相手や雰囲気で場所を変えられるのです。まだ少し早い時間だったので空席も見られましたが、お昼時には人がたくさん!


130313hp_staff_canteen_5.jpg


座敷席はまるで料亭のよう。この座敷席は「四季の間」といって、窓から見える草花を季節のイメージでそれぞれ変えているのだとか。「最初、設計では霊園みたいな植木にしようとしてて、それはつまらない...と。風水を調べて、それぞれ気の流れがよくなるような植物に変えました。『ここはお前やっていいよ』って言われたので、やりました」と髙山さんは笑顔を見せますが、すでにここが社員食堂であることを忘れそうな気遣い。

事前にイントラネットで予約をしておけば、パーティーや接待にも食堂を使えるのだとか。社員はもちろん、得意先とのコミュニケーションの場としても機能するのです。


髙山:金額や人数に応じてコースも選べます。居酒屋やレストランと一緒ですね。例えば「フレンチで15000円のフルコースを」とお願いすればやってくれるし、実際に社内で接待をすることもあります。ワインセラーもあって、200本近く用意してあるのかな。それこそ、銀座で飲めば1本20万円くらいするようなのも準備しています(笑)。


130313hp_staff_canteen_6.jpg


東京スカイツリーが見えるテラス席。「夏はビールメーカー各社のサーバーを置いてもらって、生ビールも飲めます。飲み放題で1500円くらいかな」とのことで、なんともうらやましい限り。そんなビアガーデン、探してもなかなかありません。


130313hp_staff_canteen_7.jpg


さて、食堂だけでなく、会計システムにも驚きました。食事が済んだら、お皿を乗せたままトレーを置くと...。


130313hp_staff_canteen_8.jpg


お皿に組み込まれたICチップを読み取り、合計金額、栄養素、カロリーを表示してくれるのです。精算はすべて電子マネー「nanaco」で行うので、とてもスムーズ。料理は総勢60人体制で抜かりなく手をかける一方で、システムの良さが生きています。


日本HP社員食堂の基準は「ホテル」


日本HP社員約6000名のうち、75%は自席を持たない「フリーアドレス」。フロアには無線LANが整備され、至るところでノートPCを広げている社員の姿がありました。当然、社食も立派なワークスペースなのです。そこで大切になるのが居心地。髙山さんは「トイレを含め、ホテルを基準に作っています」と話してくれました。


髙山:どうしても「食堂」というと、スチール製のパイプ椅子に、ビニールが貼ってあるテーブルが常識になってしまっている。だからこそ満足度につながるポイントだと考え、調度品はすべて百貨店にオーダーメイドにしました。食堂にはスロープを設けて、車いすの社員も好きな席へ行けるようにしています。エレベーターも全部バリアフリーですよ。

また、フロアの中央に厨房を、それを囲むように飲食スペースを配して、調理している音が食卓まで聞こえないようなコンセプトにしています。ここを含めて、全館でサウンドマスキング(空調のような音を意図的に流すことで、騒音などを聞こえにくくする機能)も採用しているので、隣席の声が聞こえてきても、内容まではわからないようになっています。


「仕事も食事も一日中楽しめるように」と随所に気の配られた社食ですが、髙山さんは「来年にはなくなっているかもしれませんよ」と冗談めかして言いました。これだけのスペースがなぜ?


髙山:私たちはここを福利厚生としては運営していないんですね。だから、利用率が悪いと不動産コストに見合わなくなる。他の企業は福利厚生として考えているので、どれだけ食堂が空いていても問題はない。お金を生み出すための発想が必要ない。しかし、ここの場合はお金を生み出すことを考えなくては、場所そのものがなくなってしまうんです。


「なるべく多くの人に使ってもらわなくてはならない」という使命があるからこそ、日本HPの社員食堂は工夫をこらし、飽きさせないために努力しているのです。その努力こそが、自慢の職場環境を作りだしているのでしょう。 


社員食堂は「つながりを生む場」

この社食がオープンしたのは、2011年3月。オープン直後に東日本大震災を経験しています。髙山さんのお話では、自身の経験を生かしたその際の対応が印象に残りました。


髙山:私は昔、神戸事業所にいたんです。阪神・淡路大震災の時には社食で炊き出しをしてもらった。だから、東日本大震災の当日も、私はすぐに食堂へ上がってきて同じように炊き出しをお願いしました。インフラが止まる前に、まずはおにぎりだけ作ってもらった。そのときはコロッケ定食やカキフライ定食、うどんやそばも出せたかな。お客さまと社員、合わせて500人ほど社内にいましたが、その人たちには温かいものを食べてもらえた。こういうのは、会社に対する信頼感につながりますよね。「社員を大切にする」というのは日本HPの基本精神でもありますから。


この言葉を聞いた時、私はひとつ、社員食堂のあり方が見えた気がしました。取材をしたTIMERSも、日本HPの場合も、大切にしていたのは「空間」や「つながり」でした。「ただあるだけ」の社員食堂ではなく、「社風を体現する場」としての社員食堂へ──規模の大きさに関わらず、社員が会社や地域と深くコミットするためのスペースとして機能するのが、「良い社員食堂」の条件なのでしょう。

髙山さんの「『社食を見てもらう』は『会社を見てもらう』のいい例になると思います」という言葉も、まさに納得のひと言でした。



ツアーを主催した『LUXA』は、過去にも日本マイクロソフト、バンダイ、POLAなどの社食ツアーを企画してきました。好評につき倍率もすごいですが、次回の開催が待ち遠しいところ。また、日本HPも今回の試みには手応えがあるようで、「会社としても取り組んでいく予定はありえます」と前向きなコメントをくれました。両者とも、今後の展開に期待です。


日本HP(ヒューレット・パッカード)公式ウェブサイト
お得に贅沢体験 LUXA[ルクサ]

長谷川賢人

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.