• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  11:00 AM

アンケートでわかった、インターネットにまつわる4つの新常識と「楽天スーパーWi-Fi」が意外にアリな6つの理由

Sponsored

アンケートでわかった、インターネットにまつわる4つの新常識と「楽天スーパーWi-Fi」が意外にアリな6つの理由

130313_rakuten_super_Wi-Fi.jpg


春からはじまる新生活に合わせて気分も住まいも一新したいと考えると、当然、インターネット環境の見直しも視野に入ってきます。

自分は今までの通信速度や料金に満足しているのか。どれだけインターネットを利用しているのか。どこで使って、どれだけのコストを支払っているのか ─── そうやって今の使い方を見直してみると、契約すべきインターネット環境は、モバイルWi-Fiルーター一本でも充分だと思ったのです

モバイルWi-Fiサービスにもさまざまありますが、選択肢の1つ「楽天スーパーWi-Fi」が、興味深いアンケートを公開していました。そして気づいたのは、私と同じ想いを抱えているネットユーザーがけっこう多そうだということ。

数あるサービスを検討した結果、私が「楽天スーパーWi-Fi」がアリだと思い至った理由を紹介します。アンケートの内容もともにお伝えしますので、「なるほど」と感じてもらえると思います。


【新常識1】
同じお金を払うなら、やっぱりモバイル回線

固定とモバイル、それぞれのインターネット回線の通信費に関して「どう思っていますか?」という質問に対して、興味深い回答が返ってきました。


固定回線

  • 高い..............34.0%
  • やや高い......33.7%
  • 妥当..............25.9%
  • やや安い........2.4%
  • 安い................4.1%

モバイル回線

  • 高い..............30.0%
  • やや高い......29.3%
  • 妥当..............31.3%
  • やや安い........1.3%
  • 安い................8.0%


10ポイント弱の差ではありますが、価格に対する満足度(=「妥当」〜「安い」と考えている人の割合)で、モバイル回線が固定回線を上回ったことがわかります。おそらく、現在はモバイル回線を使っている人も、その大半が過去に固定回線を使っていたことでしょう。回答者全員が同じ料金を支払っているわけではありませんが、モバイル回線のほうがコストパフォーマンスが高いことを証明する1つの結果なのではないでしょうか。


【理由1】
ワイヤレスだからって値段が高いわけじゃない

「現在の固定インターネット回線の通信費」を聞いたところ...


  • 2000〜3500円......25.2%
  • 3500〜5000円......43.5%
  • 5000円以上...........18.0%


ボリュームゾーンは、このような結果になったようです。ちなみに「楽天スーパーWi-Fi」は3880円の完全定額制。もちろん使い放題で、一部のキャリアのように、データ容量が一定値を超えるごとに追加料金が発生するようなことは一切ありません。

1つだけ注意点を挙げるとすれば、24時間ごとの通信料が366MBを超えると、「その当日の21時〜翌日の2時」の5時間の間だけ、通信速度に制限がかかります(通信の遮断はない模様)。とはいえ、ブラウザによるホームページの閲覧やYouTubeなどでの動画視聴くらいの使い道には大きな影響がない程度の通信速度制御にとどめているようですし、それも「容量を超えたら」の話です。一般的なネットライフに上手に組み込める範囲といえるでしょう。


【新常識2】
インターネットは、すでに「必需品」

「新生活で1人暮らしをはじめた際、すぐに必要になったもの(3つまで回答可)」という設問では、


  1. 冷蔵庫.....................56.6%
  2. 洗濯機.....................36.8%
  3. 寝具.........................31.6%
  4. テレビ.....................23.4%
  5. 電子レンジ.............21.6%
  6. 照明器具.................21.0%
  7. インターネット.....20.4%
  8. パソコン.................15.6%
  9. 炊飯器.....................10.2%
  10. 調理器具.................5.6%


TOP10は、このような結果になりました。

特筆すべきは、インターネットが1人暮らしの「七つ道具」として認知されているという事実。1〜6位は、いわゆる生活必需品で、4位から7位がほぼ同じ数値でした。インターネットも同じく欠かせないものであるか、それに次ぐくらいのポジションを確立していると考えられます。


【理由2】
「翌日届き、即日開通」というスピード感

「インターネットの準備が面倒な理由」を聞くと、半数近い47.2%の人が「以前、申し込んですぐに回線が開通しなかった」と答えました。「楽天スーパーWi-Fi」は、16時までに申し込みを完了させれば、最短で翌日に端末の受け取りが可能。工事もプロバイダ契約も不要なので、引っ越し前日に申し込んでも、届いたその日からすぐにインターネットが使えます。

情報収集やショッピング、お天気情報に道案内まで、ありとあらゆる場面で欠かせなくなりつつあるインターネット。「ないと死んじゃう!」...とまでは言いませんが、「週末の工事が立て込んでいて再来週になります」なんて言われちゃうと、ちょっと困りますよね。しかも、予定をつぶして立ち会わなければならないとなると、なおさらです。


【新常識3】
ネット接続が簡単になった分、男女関係が難しくなった!?

多くの人が面倒だと考えている「インターネットなどの配線」。「頼めるなら、誰に任せたいですか?」という問いについては...


  1. 同性の友人......18.5%
  2. 恋人..................16.2%
  3. 異性の友人......10.4%


トップ3は、このようになりました。

意外だったのが「恋人」と「異性の友人」の数値の低さ。ひと昔前、家電の設置や配線の接続といった作業は、男性が女性に対して良いところを見せられる絶好のチャンスでした。モバイル回線をはじめとした、設置や配線などの手間が少ない機器が普及することにより、思わぬところでロマンスのきっかけが失われているのかもしれません。


【理由3】
わずらわしい配線の接続とサヨナラできる

「引っ越しにおいて、面倒だと思うことは?」という質問に対して、約半数にもおよぶ44.4%の人が「インターネットなどの配線」と回答。ワイヤレスが特長のWi-Fi環境であれば、わずらわしい配線の接続はもちろん不要です

さらに、固定回線の位置を気にしながら家具を配置したり、長いLANケーブルを棚や机の裏に通すなんて面倒なことをせずとも、自由にパソコンの設置場所を決められます。言わずもがな、ノートパソコンやタブレットであれば「設置場所」という概念すら存在しません。

固定回線との併用ではなくモバイルWi-Fiルーターだけで済んでしまうのも、昨今のモバイルWi-Fiルーターのエリアが以前と比べてだいぶ拡がったからこそ(詳細は後述します)。この便利さを一度味わうと、もう以前の環境には戻れませんよ。


【新常識4】
自宅がワイヤレス環境なら、ノートパソコン派よりタブレット派が大多数

「Wi-Fi環境があるなら導入したいガジェット(ハード)はありますか?」という質問に対しては、ほぼ4人に1人の24.8%が「iPad」と回答。「MacBook Air」「MacBook Pro」「Ultrabook」という3種のノートパソコンを合わせても19.4%という結果を見ると、「ワイヤレスならタブレットを楽しみたい」という考え方が大勢を占めるといえそうです。


【理由4】
ワイヤレスは、パソコンだけでなくスマホとも好相性

現在、自宅で固定回線を使用している人の割合は73.0%。そして、そのうちの50%の人が「自宅でしかパソコンを使わないから」と答えています。

でも、この結果は、モバイルWi-Fiルーターのメリットがきちんと理解されていないからかもしれませんね。モバイルWi-Fiルーターは、パソコンやタブレットだけではなく、スマホとつないで使ってもかなり便利なのです。


130313_rakuten_super_Wi-Fi_1.jpg


「楽天スーパーWi-Fi」の契約に際して送られてくるルーター「GL04P」(イー・モバイルのLTE人気端末です)は、重量が140gサイズが102×66×14.5mm。カバンではなくポケットに入れて持ち歩くこともできる、いわゆる名刺サイズです。連続通信は最大で約10時間。高画質なHD動画の視聴や、アプリのダウンロードも、スマホ単体よりずっとスムーズで快適に行えます。「自宅を出たら、もっぱらスマホ」という人にとっても、とても心強い味方といえるでしょう。さらに、多くの方が知らない話だと思いますが、スマホのモバイルデータ通信の設定をオフにしてモバイルWi-Fiルーターに接続すると、スマホの電池の持ちも格段にアップするのです!


ここで少しだけ、「楽天スーパーWi-Fi」の基本スペックについて補っておきましょう。以前は固定回線と比べて通信速度に難のあったモバイルWi-Fiルーターも、こちらの記事でも紹介しているように、最近ではストレスなく使えるほどまで進化しました。通信エリアに関しても、LTE通信の全政令都市・全県庁所在地における人口カバー率は99%G4についても全国の人口カバー率は93%。居住地域によっては、事前の確認が必要かもしれませんが、おそらく大部分の人がストレスなく常用できるでしょう。

実を言うと、端末や回線スペックに関しては、イー・モバイルと契約してもまったく同じメリットが得られます。そうなると、「じゃあ、イー・モバイルでもいいじゃん!」という話になりますよね?

ではなぜ「楽天スーパーWi-Fi」なのか? 最後の2つの理由こそ、「意外にアリ」なポイントなのです。


【理由5】
楽天常用者にはたまらないポイントサービス

普段は、楽天市場での買いものした金額に対して1%分が付与される楽天スーパーポイント。これが、「楽天スーパーWi-Fi」の契約中は、ずっと3倍になります(最大で月額3万円分まで)。要するに、日用品の購入で楽天市場を上手に利用すれば、最大で毎月600ポイントがプラスされるのです(年間で7200ポイント)。つまり、毎月3万円購入するヘビーユーザーは、「楽天スーパーWi-Fi」を持っていないと、年間72万円購入相当のポイント取得権利をみすみす失っているとも言い替えられるかも!? 新生活でモノいりの時期。こんな仕組みをうまく活用するのも良いかもしれませんね。


【理由6】
「ニンテンドー3DS」か「kobo」か「5000ポイント」がもらえちゃう

現在、「楽天スーパーWi-Fi」に契約した人は、新生活応援キャンペーンとして「ニンテンドー3DS」(限定500台)、「kobo glo」、「楽天スーパーポイント5000ポイント」の中から好きなものがもらえてしまいます。まるで、某テレビショッピングの「今ならコレがついてくる」パターンですが...やっぱり、とってもうれしいものですね!


楽天スーパーWi-Fi 新生活

(奥洋介)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.