• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,  05:20 PM

こんな辞書を待っていた! オモシロ解説が魅力の『新明解国語辞典』アプリ

こんな辞書を待っていた! オモシロ解説が魅力の『新明解国語辞典』アプリ

130311tabroid_dictionary.jpg


一番売れているのには理由がある。

国語辞典にも、いろいろな種類がありますが、この『新明解国語辞典』は、その中でも「日本で一番売れている辞書」らしいのです。『広辞苑』や『大辞林』などもあるのに、なぜなのでしょう?


 
その理由は、語釈が独特で面白く、読みたくなる内容になっているからだそうです。例を1つ挙げてみると...


130311tabroid_dictionary_1.jpg



「柴栗」という言葉を調べて、別の辞書『スーパー大辞林3.0』と比較してみました。


大辞林「クリの一品種。果実が小さい。山野に自生。小栗。」

新明解「クリの一種。実は小さいが、うまい。」


なんと、おいしいかどうかの情報まで載っているのです! もちろん個人差もありますが、そこは「多数決的に」ということでしょう。

...という感じの、ユーモアあふれる内容が魅力の辞書なのです。そんな『新明解』が今回、スマホアプリとして発売したので、アプリとしての機能も見ていきたいと思います。
 

■ 濃い魅力はそのままに、タテ書きのUIを採用


130311tabroid_dictionary_2.jpg



左が『スーパー大辞林3.0』、右が『新明解国語辞典』です。まず気づいたのが、『新明解』はタテ書きだというところ。フォントも、日本語として美しく見えるものになっていて、全体的に読みやすい印象です。個人的に『新明解』のほうが、国語辞典っぽくて好み。ただ、『大辞林』のほうが文字が太いので、そちらが読みやすいという人もいるかもしれません。

ちなみに、それぞれで「恋愛」という言葉を調べてみると...


>>レビューの続き&ダウンロード(TABROID)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.