• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,,,,  10:30 PM

バッテリー内蔵&クラウドへ自動送信もできる最強クラスのポータブルスキャナー「Doxie Go」

バッテリー内蔵&クラウドへ自動送信もできる最強クラスのポータブルスキャナー「Doxie Go」

121204-doxiego.jpg


ポータブルスキャナー「Doxie」もすっかりお馴染みになりましたが、最新版「Doxie Go」はさらに進化しています。サイズもコンパクトでどこにでも持ち運べる上に、バッテリー内蔵で電源のない場所でも使えます。もちろん、スキャンしたデータをWi-Fiでクラウドサービスへ自動転送することも可能。まさに「ペーパーレス化」を強力にサポートしてくれるアイテムです。


Doxie Goの特徴

121204-doxiego-how.jpg


オリジナルのDoxieは、スキャンしたデータを簡単にPCやクラウドサービス(Evernote、Dropbox、HelloFax、Flickr、Tumblr、Basecampなど)に転送できるシンプルなポータブルスキャナーでした。バージョンアップした「Doxie Go」は、オリジナルの素晴らしい特徴はそのままに、ついにバッテリーを内蔵。真にどこでも使えるポータブル・スキャナーとして進化を遂げています!

カラーでも白黒(300/600 dpi)でもスキャンが可能。データは内蔵メモリーに保存され、USB経由でどこへでも転送できます。

または、「EyeFi」SDカードを装着すれば、スキャンしたデータをWi-Fi経由で自動転送することも。以前、米Lifehackerでは富士通の「ScanSnap」シリーズを採り上げましたが、真のポータブルスキャナーと呼ぶには物足りないものを感じたそう。フル機能を使うにはPCと電源に接続しておく必要があったためです。Doxie Goは一切のケーブル接続が不要で、実際にどこにいてもスキャンが可能になりました。


長所

Doxie goのセットアップはとても簡単。バッテリーを充電して、PCに接続、クラウドサービスのアカウントを設定するだけです。これでスキャンを始められます。また、連続でスキャンしたデータを1つのドキュメントにまとめられます。デフォルトではスキャンデータはJPEG形式で保存されますが、ほかのファイル形式に変換もできます。ほかのサービスと連携して、さまざまな処理を施すことも可能です。

例えば、Google ドライブにスキャンデータを送れば、OCR読み取りを行い、テキストファイルとして保存できます(スキャンデータを単純にPDFファイルとして保存することも可能)。とにかくあらゆる機能がよくできており、ポータブルスキャンを簡単かつ快適にしてくれます。


短所

一番の短所はバッテリー性能です。充電に3時間かかり、スキャンできるのは100枚までです。スキャン以外の操作中もバッテリーは消費しますし、EyeFiカードを使用すると駆動時間はさらに短くなります。一度に大量のスキャンをする場合や、メモリーカードの容量が少ない場合は問題となってきます。とはいえ、USBの外付けバッテリーを持ち歩けば、大量スキャンにも対応できるでしょう。また、世界中で使える電源アダプターも販売していますので、どこでもスキャンは可能となります。


結論

米Lifehackerいわく、「Doxie Goは我々の知りうる限り、最もペーパーレス化に貢献してくれる絶賛おすすめツール」と言えるとか。Doxie Goは同じ価格帯の製品に比べ、多機能かつ高性能です。また、バッテリーがなく性能も少し落ちる「

Doxie Goはペーパーレス化を目指している人にとって、良い選択肢といえるのは間違いないでしょう。


Doxie Go

Adam Dachis(原文/訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.