• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,,,,,,,  10:00 PM

「恋をすると仕事が捗る」ことを証明する8つの証言

Sponsored

「恋をすると仕事が捗る」ことを証明する8つの証言

130226mhto.jpg


恋愛と仕事は別物だという意見もありますが、どうもこの二大トピック、切っても切り離せない関係にあるようです。

年度末を迎えるこの時季だからこそ、新しいことにチャレンジしたいと期するもの。それは、仕事でもプライベートでも同じだと思います。別れとともに出会いが訪れる時節柄、どうしても恋の訪れを期待せずにはいられません。ウェブサイト「Men's HOLOS」(メンズホロス)に見つけたのは、「人は恋をすると健やかになれる」というお話。健やかなカラダと心をもっていれば、仕事がはかどること間違いなし、というわけです。

同時に、ライフハッカーでもモチベーションの保ち方について連載をもっていただいている森川陽太郎さんにもこの両者の関係について聞いてきました。「私と仕事と、どっちが大事なの」と聞かれても、これで返事に困ることはなさそうです(そんなこと、聞かれてみたいものですが...)。


研究結果が明らかにする、恋と仕事のイイ関係

まずは、引用元として参考にしたメンズホロスのことを紹介します。<男のためのヘルスケア・マガジン>と銘打たれたこのサイト、その名の通り(おそらくネーミングの由来となったであろう「ホリスティック」には、カラダと心を包括的に健やかにしようという意味があります)、健康に関する情報がさまざまな切り口で紹介されています。


130226holos01.jpg鍼を使った男のボディメンテナンスも紹介されていました。カラダを張った取材は見物です。

今回は、特に恋愛が男性の健康にどう影響しているのか解説した記事を紹介します。


1.恋愛をしていると健康にもいい影響が及ぶ

異性との安定した恋愛関係を築くことが健康に良い影響を及ぼすことが判明してきています。主な効果としては、長寿効果、ストレス緩和、脳の活性化、免疫力の向上などが伝えられています。しかし、恋愛が健康に及ぼす効果はこれだけにとどまりません。近年、恋愛にはこのほかにも以下のような効用が指摘されています。

恋愛も「百薬の長」?|Men's HOLOS)

2013022686c99f3817ba296ab458e832468afa2a.jpg「愛情表現がコレステロール値の低下に繋がる」という研究結果も紹介されています。


2.男性ホルモンの分泌は、仕事への集中力に影響する

仕事と男性ホルモン。医学雑誌『米国科学アカデミー』からは「儲かっている株式トレーダーは男性ホルモン値が高かった!」という研究結果が。これは、「人のホルモンが為替市場での判断にどう影響するのか?」をテーマに、取引の大半が行われる前後の午後11時と午後4時に男性ホルモンの量を8日間分析し、どんな変化があるかを調査して判明したものです。

恋愛に積極的な人は、仕事もバリバリこなせる!?|Men's HOLOS)

20130226renaipositive_img.jpg男性ホルモンのひとつであるテストステロンの機能として、精神機能(集中力や判断力)などに対する効用を紹介しています。


3.両想いの関係は、自律神経にもいい影響を与え免疫力を向上させる

「片思いばかりだと心が穏やかにならないわけですから、交感神経ばかりが優位になってしまうでしょうね」
それでは、パートナーとマンネリの関係になってしまっている人は......。
「緊張感がないわけですから、副交感神経が優位になってしまう。適度なときめきが必要だと思います」

免疫力のカギを握るのは、バランスの取れた「自律神経」|Men's HOLOS)

20130226001-3_img.jpg遺伝学と免疫力のスペシャリスト、埼玉医科大学免疫学教授の松下祥先生への取材より。


4.男性ホルモンの数値が高いと、仕事での結果が出る

「テストステロン」が増えると積極的、攻撃的になり、それは仕事における勝ち負けをハッキリさせたくなることに繋がるので、「テストステロン」の数値の高い男性が仕事で結果を出していることとの関連性はありえることです。

徹底検証! 恋愛と健康にまつわる7つのウワサ|Men's HOLOS)

201303070225rennai1_img.jpg成功体験を積み重ねることで男性ホルモン・テストステロンの分泌は高まるようです。


5.仕事のストレスを抱え込むのは、恋愛に対する悪影響も

「ストレスホルモンは男性ホルモンを減らしますから、特徴である積極性が奪われ、恋愛への興味もなくなってしまうんです」と、澤口先生。オンとオフのように分けて考えがちですが、仕事のストレスが原因で草食化しているタイプも理論上、あり得ますね。

草食系男子時代の裏に、ストレスホルモンの影あり|Men's HOLOS)

20130307002-1_img.jpg逆に言えば、仕事のストレスをため込まないのが、恋愛への積極性にも繋がるといえますね。

6.禁欲は必ずしも健康にいい影響を与えるわけではない

約1世紀頃、古代ギリシャの物理学者アレタイオスは、男性が禁欲することによって身体的パフォーマンスを向上することができると主張しました。

アスリートにも恋愛禁止条例があった!?|Men's HOLOS)

20130226631164c84f289037f8c79dedde61e770.jpg一方で、大会前にセックスをすることで不安を和らげ、精神的に安定した状態で本番を迎えることができるいう意見もあるようです。


7.女性の遺伝子に訴えかける肉体づくりに欠かせない食材がある

原始人のような体をつくるとまでは言いませんが、女性の遺伝子に訴えかける筋肉質な男性になるために欠かせない、「筋肉」をつけるのに役立つオススメ食材を5つ紹介します。

男らしさの代名詞「筋肉」をつけるのに役立つオススメ食材5選|Men's HOLOS)

20130226aee03d0898c321ae822e64d57070207a.jpg牡蠣や牛肉、意外なところではブロッコリーもいいようです。


インタビュー:恋愛は「自己分析力」のバロメーター

さて、ここからは森川陽太郎さんに聞いた「恋愛と仕事の関係」のお話です。森川さんは自身のサッカー選手としての経験をもとにした心理アドバイスで、多くのプロアスリートからの支持を得ているトレーナー。同時に丸の内朝大学で恋愛についての講義をもたれている他、ライフハッカーでもネガティブシンキングをテーマにした連載を寄せていただいています。

130303mhmo.jpg森川さんは、ポジティブシンキングにとらわれず、現状をしっかり認識することで結果が付いてくるということを主張します。


8.恋をしているときの自分と向き合えば、仕事のしかたも変わってくる

「男性の多くは、恋愛によって自分の足りないものを埋めようとする傾向がある」と言う森川さん。「それ自体は決して悪いことではないけれど、そのことを認めないのが問題だ」と言います。

恋愛でも仕事でも、大事なのは「いま起こっている現実が結果だ」ということです。でも、結果を受け入れたくない場合、不安をかき消すために、その過程でどれだけ頑張ったか、どれだけ熱心に取り組んだかばかりを大事にしているのではないかと思います。


森川さんが投げかける「仕事を理由にして、他のことをおろそかにしていないですか」という言葉に、心当たりのある人もいるかもしれません。それはつまり、仕事でいい結果を残せなかったときのための"保険"を用意しているのではないか、ということです。


恋愛と仕事に対するモチベーションは、同じ人間の頭の中で起きていること。お互いに影響を受けずにはいられませんし、決して切り離すことはできません。もし仕事が忙しすぎると感じていたとしても、「いまは仕事に集中したい」という言葉を言い訳にしないこと。仕事に没頭していることを正当化せずに、いっぱいいっぱいになっていることを受け入れることが大事だと思います。

キャパシティを認識して、「自分に対して格好つける」のを止めてみる。ありのままの自分を受け入れる。そうした思考サイクルを積み重ねることで、仕事に対しても恋愛に対してもうまく向き合えるはずです。案外「自分は仕事しかない」と言っている人よりも、「仕事はともかく、恋愛も大事だ」と言う人ほど、仕事を上手くコントロールできている、なんてことがあるかもしれませんよ。


Men's HOLOS

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Thinkstock/Getty Images.


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.