• GIZMODO
  • Kotaku
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie
  • GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie

itouitou  - ,,  09:00 PM

Windowsをクリーンインストールして、元のシステム環境をすばやく復元する方法

Windowsをクリーンインストールして、元のシステム環境をすばやく復元する方法

130219-windows-reinstall.jpg


Windowsをクリーンインストールしてスッキリしたいけれど、また設定を全部やり直しか...と思うと気が重い。そんなあなたへ! 今回はWindowsを再インストールして、元のシステム環境をすばやく復元する方法を紹介します。

クリーンアップのために、Windowsを定期的に再インストールする必要はありません。とはいえ、購入以来ずっとメンテナンスを怠ってきた場合や、WIndowsをまっさらにしてフレッシュな気分を味わいたい場合など、クリーンインストールしたい時もあるはず。買ったばかりの状態に戻して、心機一転、さわやかな気持ちになれるのは素晴らしいことです。しかし、Windowsをクリーンインストールすると、いままでの設定やカスタマイズも全部やり直して、プログラムも再インストールしなければなりません。どんな設定をしてきたか思い出せない人もいるでしょう。でもご安心を。

現在の設定やカスタマイズ内容をバックアップして、クリーンインストール後に簡単に復元する方法は、以下より。


パート1:準備編

Windowsを再インストールする前に、後で復元したい設定、プログラム、レジストリのカスタマイズ内容、ドキュメントなどをバックアップしておきましょう。


ステップ1:プログラムリストをエクスポートする

130219-windows-reinstall-s01.jpg


まず、現在インストールしてあるプログラムリストを作成しましょう。設定ファイルのバックアップや、プログラムの再インストール時に使えます。

一番簡単な方法は『CCleaner』(以前にも採り上げましたが、必須ツールです)を使うこと。手順は以下。

  1. CCleanerを起動します(素早く起動するには、ごみ箱で右クリック、メニューから「CCleanerを開く」を選択)。
  2. 左サイドバーの「ツール」をクリック。
  3. 右端の「テキストとして保存」をクリックし、ファイルの保存先を指定します。

これだけです。保存先をDropboxやUSBメモリにして、クリーンインストール後でもプログラムリストを確認できるようにしましょう。


ステップ2:Windows設定をバックアップする

130219-windows-reinstall-02.jpg


「Windows設定」をバックアップしておけば、再インストール後のセットアップが楽になります。この作業にはWindows標準搭載の「Windows転送ツール」が使えます(Windows転送ツールで「プログラム設定」のバックアップもできますが、うまく機能しません。ここでは「Windows設定」だけにしておきます)。

Windowsの「スタート」ボタンをクリックして、検索ボックスに「Windows転送ツール」と入力し、アプリを起動します。最初の画面で「次へ」をクリック。転送方法は「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を選択します。次の画面で「これは今までのコンピュータです」を選択、転送内容を選ぶ画面が出たら、「カスタマイズ」をクリックして、バックアップする項目を指定します。「Windows設定」だけにチェックを入れて、ほかの項目はすべて外しておきましょう。


ステップ3:ドキュメントとファイルをバックアップする

次は、ドキュメントや音楽、動画、その他のファイルをバックアップします。単純に、ファイルを外付けハードディスクドライブにコピーすればOK(Windows転送ツールも使えます)。定期的にファイルをバックアップしている人は、コピーの手間が省けますね。


ステップ4:プログラムの設定をバックアップする

130219-windows-reinstall-03.jpg


続いて、「プログラムの設定」をバックアップしましょう。自分の使い方に合わせて、さまざまな設定を行ってきたはず。できるだけ復元したいですよね。プログラムによって設定ファイルの保存場所が異なりますが、だいたい次の場所をチェックすればOK。

・AppDataフォルダ:このフォルダは「C:\Users\ユーザー名\AppData」にあります。ほとんどのプログラムの設定ファイルはここに置かれています(サブフォルダ「Roaming」の中)。プログラム名か開発企業名のフォルダの中に、設定ファイルや関連データが保存されていますので、フォルダごとバックアップしておきましょう。

・マイドキュメント フォルダ:おなじみのフォルダですね。マイドキュメントの中にもプログラム用のフォルダが置かれている場合があります。この中に設定ファイルが保存されています。AppDataフォルダと同様、フォルダごとバックアップしておきます。

・Program Filesフォルダ:Program Filesフォルダにも、プログラムのプラグインやテーマが保存されていることがあります。「C:\Program Files」か「C:\Program Files (x86)」にあるプログラムフォルダを確認して、必要なファイルをバックアップしておきましょう。


130219-windows-reinstall-04.jpg


・レジストリ:Fences』など、レジストリに設定を書き込むプログラムもあります。レジストリのバックアップはとても簡単。Windowsキーを押して、「regedit」とタイプ、Enterキーを押します。レジストリエディタが開いたら、「HKEY_CURRENT_USER > Software」をクリック、目的のプログラム名を探してください。例えばFencesなら、「Stardock >Fences」です。プログラムフォルダの上で右クリックして、「エクスポート」を選んでバックアップします。

・ゲーム:ゲームのバックアップには『GameSaveManager』をはじめとした専用プログラムが便利です。PCにあるゲームを自動で探して、関連ファイルをバックアップしてくれます。


おさらいすると、プログラムごとに設定ファイルの保存場所が異なります。場所がわからないときは、少し調査が必要です。また、プログラムに設定ファイルのエクスポートやバックアップ機能があれば、それを利用してください。


130219-windows-reinstall-05.jpg


プログラムの設定ファイルの保存場所がわかったら、DropboxやUSBメモリにフォルダごとコピーします。そのとき、フォルダの場所(パス)をテキストファイルに書いておくと便利です。例えば、『Pidgin』の設定ファイルをバックアップするなら、AppDataフォルダの「.libpurple」フォルダと、Program Filesフォルダにある「Plugins」フォルダを保存します。同時に、テキストファイルを作成し、フォルダのパスを書き込んでおきます。これで、再インストール後の復元作業がスムーズになります。

このように、プログラムの設定ファイルをバックアップしておけば、再インストール後にあらためて設定する手間が省けます。時間がかかるように見えますが、そうでもありません。原文筆者の場合、プログラム設定のバックアップは、わずか数分で完了したそうです。


ステップ5:「.regファイル」を作成する

パワーユーザーなら、エクスプローラの表示項目を隠す、タスクバーをスピードアップするなど、レジストリを編集してWindowsをカスタマイズしているかもしれません。Justin Garrison氏も言う通り、レジストリの一番簡単なバックアップ方法は、「.regファイル」をDropboxかUSBメモリに保存することです。Windowsを再インストールした後、「.regファイル」をダブルクリックするだけで、カスタマイズ内容がすぐに反映されます。

また、ネット上でも、さまざまなカスタマイズをほどこした「.regファイル」が見つかります。Googleで検索して、欲しいものをダウンロードしてもよいでしょう。自分で.regファイルを作成する(英文)こともできます。


パート2:環境を復元する

必要なファイルをすべてバックアップできたら、いよいよWinodowsの再インストールです。Windowsのインストールディスクを入れて、ディスクから起動します。Windows 8ならリセットオプションも使えます。Windowsをインストールできたら、環境の復元作業を行いましょう。


ステップ6:Winodows設定を復元する

最初にWindows設定を復元します。Windows転送ツールを起動し、「ステップ2」で設定ファイルをバックアップしたUSBメモリ(もしくは外付けハードディスクドライブ)を接続します。最初の画面で「これは新しいコンピューターです」を選択、あとは指示に従って転送を完了すれば、Windows設定とユーザーアカウントが復元されます。


ステップ7:プログラムを再インストールする

次は、プログラムを再インストールしましょう。少し時間がかかりますが、以下のツールを使えばスピードアップが計れます。


130219-windows-reinstall-06.jpg


Ninite:Ninite』は、さまざまなフリーソフトを一発でインストールできる、優れものツールです。まずはここから始めると作業が楽になります。Niniteのサイトに行き、インストールしたいプログラムにチェックを入れるだけ。あとはNiniteが一括インストール用のパックを自動生成してくれます。米Lifehackerおススメのプログラムを詰め合わせた「ライフハッカーパック」もありますよ。

Chocolatey:コマンドライン好きなギークには、WindowsでLinuxスタイルのパッケージ管理ができる『Chocolatey』がおススメです。ちょっとしたコマンドを打つだけで(英文)、大量のプログラムを一発でインストールできます。もちろん、すべては網羅していませんが、欲しいプログラムはたいてい入っています。


130219-windows-reinstall-07.jpg


ポータブルアプリ:ポータブルアプリを使えば、面倒なインストール作業を毎回しなくて済みます。また、プログラムを持ち運んだり、ほかのPCで使ったりもできます。最初、アプリを集めるのに少し時間がかかりますが、一度そろえてしまえば次からは手間が省けます。米Lifehackerのポータブルアプリガイドも参考に。


これで、かなりのプログラムがインストールできたはず。あとは、「ステップ1」で作成したプログラムリストを見ながら、足りないものをインストールしていきましょう。必要なプログラムがすべてインストールできたら、次のステップに進みます。


ステップ8:ドキュメントとプログラム設定を復元する

次は、ドキュメント、音楽、動画、その他のファイルを復元しましょう。それぞれのファイルをもとあった場所にコピーするだけです(例えば、音楽なら、C:\Users\ユーザー名\Music\iTunes\ など)。

プログラム設定も同様に復元します。「ステップ4」でバックアップしたフォルダを、AppDataやProgram Filesのもとの場所に戻します(AppDataの場合は、ファイルを上書きでOK)。これで、以前のプログラム設定がそのまま引き継がれます。


ステップ9:レジストリを復元する

最後にレジストリを復元します。「ステップ5」で作成した「.regファイル」をダブルクリックしてください。.regファイルに保存できなかったカスタマイズ内容は手動で設定します。レジストリを反映するには、プログラム(もしくはWindows)の再起動が必要となるでしょう。

以上で完了です! 時間がかかりそうに思えますが、実際そうでもありません。私の場合、設定ファイルのコピーはわずか数分、プログラムの再インストールもほとんど時間がかかりませんでした。すべてをゼロからやり直すよりはずっと早く終わります。もちろん、手間ひまかけるのが好きな人はご自由に。Winodwsをクリーンインストールしたいけど、設定をやり直すのが面倒な人は、ぜひこのやり方を参考にしてください。


Whitson Gordon(原文/訳:伊藤貴之)

  • Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P
  • クリエイティブ・メディア

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended