• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  11:00 AM

「ボカし」「手書き風」「明るさ復元」など、一芸に秀でた写真加工アプリ5選

「ボカし」「手書き風」「明るさ復元」など、一芸に秀でた写真加工アプリ5選

1302225camera_5app.jpg


「写真加工アプリが多すぎて、どれを使えば良いのかわからない」


これはライフハッカー読者のみならず、世界中のスマホユーザーにとって共通の悩みごとと言えるでしょう。そこで今回は、数ある写真加工アプリの機能の中から、比較的よく使われる5つをフォーカス。それぞれの機能に秀でた、5つのアプリをチョイスしました


1302225camera_5app_1.jpg


上の写真に、3分以内にできる範囲でそれぞれの加工を施してみたので、どうぞ見比べてみてください。


たくさんのフィルターの中から選びたいならコレ

1302225camera_5app_2a.jpg

1302225camera_5app_2b.jpg

フィルターのユニークさとバリエーションで選ぶなら『XnView Photo Fx』。47種類ものフィルターの中から、最大で4種類をミックスして画像をつくりあげることができます(それぞれの加工の程度も、選択肢を見て強弱を選んだり、スライダーでの調節が可能)。このサンプルは「フォトスプレッド」「ノイズ」「色温度」の3種類を組み合わせました。


好みのとおりにカッコよくボカしたいならコレ

1302225camera_5app_3a.jpg

1302225camera_5app_3b.jpg

一眼レフカメラで撮ったような高品質な「ボカし」がかけられる『Big Lens』。フォーカスする場所・範囲を指定して、絞りの数値やフィルターの種類などを選ぶだけという、わかりやすい操作方法が魅力です。フォーカス位置の自動選択や、フィルターの強弱のスライダー操作、加工の前後比較もワンタッチでできるので、使い勝手もかなり良いと感じました。


Photoshop並みに細密に切り抜きたいならコレ

1302225camera_5app_4a.jpg

1302225camera_5app_4b.jpg

Adobe PhotoshopやIllustratorといった、プロユースのイメージ編集ソフトウェアでも用いられている「ベジェ曲線」を使って画像の切り抜きができる『PhotoStation』。使用方法を説明してくれるオフィシャルの動画は英語ですが、見ていればだいたいの操作方法が把握できるようにつくられているので、初めての人は一見すると良いでしょう。


さまざまな手書き風アレンジで遊びたいならコレ

1302225camera_5app_5a.jpg

1302225camera_5app_5b.jpg

撮った写真を簡単な操作で、さまざまなタッチの手書き風画像に加工してくれる『XnSketch』。19種類ある「スケッチ」のタイプを選んで、サンプルを見ながら「明るさ」「コントラスト」「彩度」「強さ」の4項目をスライダーで調整するだけと、とにかく使い方がシンプル。4項目の数値を特に変更しなくても、とりあえずカッコよく仕上げてくれます。


「せっかく撮ったのに暗くて...」を復元したいならコレ

1302225camera_5app_6a.jpg

1302225camera_5app_6b.jpg

今回、紹介しているアプリの中で、もっともミニマルな機能を持つ『Instaflash』。暗くて見えにくい写真を選択して、スライダーで明るさを調節するだけです。修正前の写真との比較もワンタッチで便利。その場で撮った写真をすぐに加工することもできるので、暗い状況が避けられない場合は、初めからこのアプリで撮影することをオススメします。
※このアプリの特性上、ほかのアプリとは別のサンプル写真を使用しました。


(奥洋介)
Photo by Takashi(aes256).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.