• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nonoshita  - ,,  11:00 AM

ミネアポリスの巨大レゴショップがおもしろい!

ミネアポリスの巨大レゴショップがおもしろい!

130221LEGO01.jpg


アメリカのミネアポリスはアメリカの中西部にあるミネソタ州のツイン・シティ(アメリカでは主要都市が双子のようにある州がいくつかあります)の1つ。州の北側がカナダに接する場所にあるので、冬のほとんどは0度以下の気温が続き、天気が良くてもちょっと歩けば凍るような寒さにおそわれます。


130219LEGO02.jpg


そんな寒さの中でも楽しめるのが、全米最大級のモール「Mall of America」。日本から直行便も飛んでいるミネアポリス空港からトラムで10分ほどのところにあるのですが、その巨大さは別格。アメリカでよく見かける巨大なモールまるごとに加えて、映画館や水族館、そして絶叫マシンだらけの屋内遊園地まで完備されているのでした。


その中にあるLEGOの専門ショップ「LEGO STORE」も超巨大。1階から3階までの吹き抜け空間にそびえ立つ約10メートルの高さのショップははまるでレゴそのもの。使われている種類はなんと180種類もあるそうで、中に入るとそのままレゴのミニフィグになったような気分が味わえます。建物の上にはやはりレゴで作られたロボットやドラゴン、ヘリコプターなど8つの作品が飾られていて、壁の外側にもいろいろな作品が展示されています。


130219LEGO03.jpg
130219LEGO04.jpg
130219LEGO05.jpg


店内は普通のレゴのショップと同じで、新旧さまざまなレゴキットが所狭しとぎっしり。作品を作れるスペースも用意されていますが、一番特徴的なのはLEGOパーツのバラ売りコーナーがあること。壁一面に色分けされたパーツが並んでいて、そこから好きなだけパーツを買うことができます。お会計方法はなんと量り売り。ドリンクを入れるカップに山盛りでもいいし、必要なパーツだけを選んで買ってもいいわけで、無くしたパーツを追加したり、アレンジでちょい足し用にと、いろいろな用途にあわせて買えるのが何ともレゴっぽくていいですね。ちなみに価格は、コンビニで売ってるカップサラダぐらいあるスモールサイズで7.99ドル、アメリカのドリンクホルダーと同じぐらいのラージ一サイズが14.99ドルとなっています。


130219LEGO06.jpg
130219LEGO07.jpg
130219LEGO08.jpg


今回はミネアポリスでの飛行機の乗り換えで時間潰しに出かけてみたのですが、その価値は十分。空港からだと2時間半使えるチケット1.75ドル(ラッシュアワーは2.25ドル)だけで往復できそう。LEGO STOREのすぐ近くには、Microsoft retail storeとApple Storeがお向かいに並んでいるので、そちらも合わせて楽しめそうです。


Mall of AmericaのLEGO STORE

(野々下裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.