• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  07:00 PM

よくある3つの頭痛の原因、対処法、予防策

よくある3つの頭痛の原因、対処法、予防策

130221headache_01.jpg


頭痛にはさまざまな種類があります。その中でも「一般的なもの」の原因、対処法、予防策をご紹介します。


全米頭痛財団(National Headache Foundation)によると、少なくとも150種類以上の頭痛が存在するそうです。空腹によるものから遺伝性のものまで原因はさまざま。その中でも一般的なものは以下の3種類でしょう。


緊張性頭痛

緊張性頭痛は最も一般的な頭痛です。軽度から中程度までの痛みがあり、頭の前側(もしくは首の後ろ)に圧迫を感じます。痛み自体はズキズキして不快なものの、それほど重大ではありません。


原因:最も一般的なだけあり、原因は多岐にわたります。不安、目の疲れ、カフェイン、食事、睡眠不足、姿勢の悪さ、ストレス、空腹など。基本的に、何か日常に変わったことがあると、緊張性頭痛が誘発されます。ちなみにアルコールを飲んだ後にもよく起こります。


対処法:薬局で売っている頭痛薬(アスピリンやイブプロフェンなど)が効果的です。痛みがひどくなる前に飲んでください。完全な治癒にはなりませんが、痛みをしばらく遠ざけておけます(ちなみに唐辛子にも効果があります)。もちろん医師に相談するのもよいでしょう。一番いいのは頭痛が治まるまでゆっくり休むことです。また、頭痛を誘発する要因を解決するのも大切。ストレスが原因なら、瞑想が助けになります。空腹が原因なら、食べてください。目の疲れが原因なら、少しコンピューターから離れましょう。


予防策:日常生活から頭痛の原因を取り除くのが大事です。原因を見つけるにはトライ&エラーが必要ですが、大概ストレス、空腹、疲れのどれかです。また、意外に食品アレルギーがトリガーになりもします。今度頭痛を感じたら、一日を振りかえり、何か特別なことがなかったか考えてみましょう。目立った変化があったとしたら、きっとそれが原因です。

二日酔いの頭痛ならこちらのガイドが参考になります。3D映画やパソコンの使いすぎによる目の疲れが原因なら、メガネをかけると治ることもあります(すでにメガネをかけていればレンズを掃除してみるのも手です)。姿勢の悪さが原因なら、矯正するか、人間工学に基づいた仕事環境を整えるとよいでしょう。


130221headache_02.jpg


片頭痛

片頭痛は、中程度から強度の痛みが、3時間程度から数日間ほど続きます。たいていは前兆があり、光や音や匂いに敏感になったり、吐き気をおぼえたり、食欲がなくなったりします。


原因:Mayo Clinic」によると片頭痛の原因はまだ解明されていないそうですが、遺伝と環境の両方が原因だと考えられています(片頭痛の70%は遺伝の影響があるそうです)。ホルモンの変化、ストレス、慣れない刺激(おかしな匂いやまぶしい光)、睡眠パターンの変化、時には天気の変化まで、あらゆる変化が片頭痛の原因になります。食生活も影響します


対処法:アスピリンなど市販薬が効かないときは、医師にトリプタン製剤を処方してもらうとよいでしょう。また、前兆があらわれた時にストレッチをすると効果があるそうです。それでもダメなときは、冷却シートなどで頭を冷やすとマシになります。


予防策:たとえ片頭痛が遺伝性だとしても、特定の誘因があるものです。予防策としては、この誘因を見つけて取り除くのがポイントとなります。またウオーキングなどの軽いエクササイズも効果的。まだ確証的ではありませんが、セイヨウフキ(ハーブ)やマグネシウム(小麦パン、アーモンド、ほうれん草などに含まれる)、リボフラビン(穀類、パスタなどに含まれる)も頭痛の頻度を減らす効果があるそうです。適度な睡眠を毎日とることも片頭痛の予防には大切です。


130221headache_03.jpg


副鼻腔炎からくる頭痛

副鼻腔炎からくる頭痛は、鼻筋や頰骨、額のあたりが継続的に痛みます。耳の痛み、熱、顔のむくみ、などが併発することもあります。


原因:この頭痛の原因は、アレルギー反応や感染症(風邪やインフルエンザ)による鼻腔の炎症です。鼻腔が腫れて粘液も増え、完全に詰まってしまいます。


対処法:「頭痛そのものを減らすこと」と、「鼻腔の炎症を治めること」の2つを並行して行うとよいでしょう。メディカル系ブログメディア「WebMD」によると、頭痛には抗ヒスタミン剤が、炎症には抗生物質が効くそうです。水分を多くとるのも効果的。加湿器や鼻スプレーも助けになります。


予防:アレルギーと感染症の2つの原因それぞれに、予防方法があります。アレルギーの予防には、加湿器、鼻スプレー、吸入器、首のストレッチなどが効果的。また、ブロメライン(パイナップルに含まれる)、ケルセチン(紅茶や緑茶、ケール、赤タマネギなどに含まれる)などのサプリメントも有効です。もちろん、アレルギー源には近づかないこと。

風邪やインフルエンザなどの感染症対策も大事です。十分に睡眠をとり、手を洗い、タバコやアルコールは控えてください。また、毎日スチーム吸入をすると風邪の予防に効果的です。


冒頭でも述べたように、頭痛には150以上の種類があります。長引くようなら、医師に相談してくだい。診察時によく聞かれることは、「頭痛の頻度」、「痛みのタイプ」、「頭痛以外の症状」、「睡眠パターン」などです。事前に答えられるようにしておくとよいでしょう。


Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.