• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  11:00 AM

これまでの5分間、何を話してた? 就職面接は「対話の場」であることを忘れずに

これまでの5分間、何を話してた? 就職面接は「対話の場」であることを忘れずに

130220interview_question.jpg


就職面接は、いかに準備をしてのぞむかが成功のカギとなります。ところが、準備のおかげでさまざまなことが予測できてしまうと、かえって大事なポイントを見落とすことになりかねません。ビジネス系ブログ「Inc.」に、次の就職面接で使えそうなTipsがいくつか載っていました。

中でも見落としがちなのが面接中の態度について。面接を受けている時は、面接者のことをよく見るようにしましょう。前の晩に予習した内容を思い出して話すのは簡単ですが、面接はあくまでも対話だということを忘れないでください。


面接をする側である「Start-up」のCTOであるKevin Morrillさんは、対話がうまくできているか、応募者がどのくらい仕事ができるのかを測る基準として、ある質問を投げるのだそうです。すべての応募者に「これまでの5分間で話題になったことを、何か一つ選んで話してください」と聞くのです。


Morrillさんは「応募者が説明を始めると、私はできるだけリアクションをしないようにします」と書いています。「"うんうん"とか"ええ、はい"というような、普段の会話でよくするような相づちはしません。見込みのある人はこれを感じ取って、私が自分の話を理解しているのか聞いてきます」。


もちろん面接者が「これまでの5分間のことを何か説明してください」と聞いてくるとは限りません。しかし、面接者の態度や反応を観察することで、自分をさらに売り込めることもあるのです。相手を観察できているのは冷静な証拠。それに臨機応変に行動できる人は、仕事もできるということでしょう。


The One Interview Question You Should Ask | Inc.

Joshua Rivera(原文/訳:的野裕子)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.