• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,,,,  03:00 PM

URLエンコードした文字と文字コードを解析する『urlEncoderdecorder』(SimpleStyle第142回)

URLエンコードした文字と文字コードを解析する『urlEncoderdecorder』(SimpleStyle第142回)

130215simplestyle001.jpg


SimpleStyleは、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフスタイルを紹介します。


Windows用:『urlEncoderdecorder』はクリップボードを監視して、URLエンコードしたURLがあると、それをデコードして元の文字列を表示するソフトです。URLエンコード/デコードは、Webでは頻出する技術です。その内容を可視化して、Webを理解するのに役立ちます。


開発のアイデア

AmazonやGoogleなど、Web上の情報を表現したり取得したりするのに、日本語(漢字やかな)を直接使えることは稀です。日本語は、「%31」などの英数記号に変換して利用します。

具体的には、たとえば、


130215ss01.jpg


という文字があったとすると、このなかの


130215ss02.jpg


の部分が、URLエンコードした文字になります。

これはまあ、すぐには読めないです。かといって、最新の『Sleipnir4 for Mac』のように、アドレスバーがないのも困ります。URLを確認できないと、フィッシングサイトかどうか判断できないからです。

(過去記事)アドレスバーの時代は終わった! 最新版「Sleipnir 4 for Mac」リリース

さて、この文字列の中身を知りたいというときに、問題となるのが、日本語の文字コードが複数あることです。この文字列は、「残り全部バケーション-伊坂-幸太郎」をエンコードしたものですが、エンコードの文字コードには、UTF8を使用しています。

これをシフトJISでエンコードすると、


130215ss03.jpg


となり、EUC-JPでエンコードすると、


130215ss04.jpg


となり、JISでエンコードすると、


130215ss05.jpg


となるのです。これはすなわち、エンコード済みの文字列を見ても、容易にはそれを文字コードを特定してデコードすることはできない、ということを意味しています。

可視化することで分かること

これまでURLエンコード/デコード作業には、こちらのウェブサービスを使用していました。

しかしながらこのサイト、手軽なのはいいのですが、デコード時には文字コードを指定する必要があり、特定するまでの試行錯誤が必要になります。文字コードは4種類。とすると、最大で4回のトライ&エラーが必要です。こういう類のトライ&エラーは、本当に必要なんでしょうか。

...と疑問を抱いたときには、ソフトを作ってました。つまり、文字コードが複数あるのなら、同時にデコードしてしまって、並列で結果を可視化すればよいのではないかと考えたわけです。

携帯電話などの小さな画面で利用するWebサービスなら、逐次的に結果を表示する方法もありますが、リソースの豊富なPCならば、全部一度に表示するので足りてしまうのではないか、ぜんぶデコードして、デコードできた文字列を見ればどの文字コードでエンコードしているかは一目瞭然ではないか、それを可視化というじゃないか、と考えました。

じっさいにクリップボードを監視して使ってみて、何度もフォームにコピー&ペーストを繰り返すよりも、はるかに使い勝手がよいことを確認しました。

それはもちろん、Webサービスとローカルアプリケーションという違いがあるので、どちらがよい/悪いという問題ではありませんが、少なくともこれはこれでアリ、でしょう。


どうやって使うのか

特別な使い方は必要ありません。起動するだけです。あとはクリップボードにURLエンコードしたテキストが入ると、自動的にデコードした結果を表示します。

check clipboardのチェックをはずすと、クリップボードの監視を停止します。代わりに、URLをドラッグすると、ドラッグ&ドロップを受け付けたときに、デコードしたテキストを表示します。


2013_0129_1213_49.jpg


ご意見は、コメントやFacebook、Twitter、はてなをご利用ください。アイコンは『iconfinder.com』のS. ShekさんによるAnalysis Data Report Statistics iconを使用しました。


urlEncoderdecorder

(美崎薫)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.