• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  07:00 PM

画面の「焼き付き」、今でも注意すべき?

画面の「焼き付き」、今でも注意すべき?

130214burn_notice.jpg


ライフハッカー編集部さま

まだブラウン管(CRT)が普及していたころ、私は父から、テレビやモニターの「焼き付き」に注意するよう言われたものでした。プラズマテレビと焼き付きの関係についても一時期かなり話題になりましたが、この問題はまだ解決していないのでしょうか? 焼き付きは、液晶ディスプレイ(LCD)でも起こりますか? 何か注意すべきことがあれば教えてください。

スクリーンセーバー(Screen Saver)より


スクリーンセーバーさんへ

一般的に、焼き付きは以前ほど問題にはなっていません。ただし、焼き付きとはどういうもので、どうすれば防げるのかは知っておいたほうが良いでしょう。以下に要点をまとめました。


■ 焼き付きとは

130214burn_notice_1.jpg


焼き付きとは、同じ画像を長時間表示していたために、画面の表示機能が壊れて元に戻らなくなる現象のこと。例えば、テレビで一日中CNNを観ていた結果、画面の右下にCNNのロゴが焼き付くことがあります。チャンネルを変えたり、テレビの電源を切ったりしても、焼き付いたロゴが消えずにうっすらと残ってしまうのです。

焼き付きは、いったん起こると消えないもので、蛍光物質を使ってテレビやモニターに画像を映し出すCRTやプラズマディスプレイで特に起こりやすいと言えます。また、焼き付きと同じ現象の一時的なものを「残像」と言います。LCD画面でも残像が表示されることはありますが、CRTやプラズマディスプレイほど多くありません


■ 焼き付きや残像への対策

130214burn_notice_2.jpg


CRTや旧型のプラズマテレビは焼き付きを起こしやすかったのですが、新型テレビの多くはこうしたリスクを抑える機能を備えています。例えば、広く普及しているのが「ピクセルシフト機能」。ピクセルが一定時間ごとに変化するよう、人間の目にはわからない速さで、画面上の描画位置を移動させています。ただし、一部の安価なプラズマディスプレイは、いまだに焼き付きに弱い可能性があります。価格の差が、このような品質の違いとして表れるのです。

そして、すべてのテレビやモニターにおいて注意したほうがいいこともあります。米CNETによると、画面の焼き付きがもっとも起こりやすいのは、使いはじめてから最初の100時間だそうです。なので、最初の100時間はコントラストを低め(50%以下)に設定し、ワイドスクリーンに対応していない番組は観ないようにしましょう(画面の両側に表示される黒い帯が残像の元になってしまうからです)。また、米国の金融情報チャンネルCNBCでは、画面の下に常時「ティッカー」と呼ばれる株価情報を表示していますが、これを何日もつけっぱなしにするのも良くありません。さらには、ビデオゲームを中断せずにプレイし続けるのもやめましょう(画面上のメニューやオーバーレイが同じ位置に固定されているからです)。あとは、ごく当たり前の対策として、コンピューターのスクリーンセーバーを有効にしましょう。とはいえ、あまり心配しすぎる必要もありません。テレビを観る時、特に最初の100時間、ちょっと注意するだけでいいのです。


■ 残像を消すには

130214burn_notice_3.jpg


(一時的と思われるにせよ)若干の残像が表示される場合、簡単に消すことができます(以前、ある方法を紹介しましたが、そこまでしなくても消えるかもしれません)。何をすればいいかというと、ただ普通にテレビを観れば良いのです。残像の程度によりますが、数分、あるいは数時間で消えるはずです。ワイドスクリーンでない番組を選び、画像が常に同じ位置に表示されるような番組は避けましょう(当然ですね)。

最近の製品に関しては、焼き付きが永久に残る可能性はかなり低くなりました。あえて「焼き付けよう」としない限り、そうかんたんには起こらなくなっています。通常、自宅で画面を見る際には、同じ画像をそこまで長時間表示させる機会もないでしょう。仕事で静止画を一日中表示させなければならないような場合は別ですが、個人の利用であれば、たいていの場合、それほど心配しなくても大丈夫ですよ。


ライフハッカーより


Whitson Gordon(原文/訳:湯本牧子、合原弘子/ガリレオ)
Title image remixed from psdGraphics, Hans, and FotograFFF (Shutterstock).
Photos by Nate, and Aaronyx.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.