• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nonoshita  - ,,,  10:00 PM

バレンタインには「メイカーズ」なチョコレートはいかが?(米現地レポート)

バレンタインには「メイカーズ」なチョコレートはいかが?(米現地レポート)

130210tchotop.jpg


この季節、街にあふれるチョコレートの香り。そんなチョコレートの歴史が始まったのは紀元前1200年頃で、さらに"食べられる"固形のチョコレートが誕生したのは19世紀のイギリスでのこと。それがまさしくチョコレートの産業革命となり、日本をはじめ、世界中でチョコレートが食べられるようになったのです。

現在も新しいチョコレートレシピが次々に開発され、新ブランドがしのぎを削っているのはご存知のとおり。そんな競争の激しい業界の中で、何ともメイカーズな発想のレシピづくりで注目されているのが、2005年にサンフランシスコに誕生したチョコレートメーカー「TCHO(チョウ)」です。


130210tcho1.jpg


NASA×ワイアード×チョコレート=イノベーション

TCHOの名前はチョコレートの発音記号に由来してますが、もうひとつ"Technology meets CHOcolate"という意味もあります。というのもその成り立ちからして<テッキー>。元NASAでスペースシャトルのエンジニアを務めたティモシー・チャイルズ(Timothy Childs)と、チョコレート業界で40年間経験を積んできたカール・ビットン(Karl Bittong)が出会い、さらに2007年にはワイアードマガジン創設者であるルイス・ロゼット(Louis Rossetto)がCEOとして参加して作られたチョコレート会社(さらに2009年にもう1人のワイアードマガジン創設者のジェイン・マットキャフ/Jane Metcalfeもプレジデントとして参加)であり、シリコンバレーのスタートアップテクノロジー(NASAのエイムズ研究センターはシリコンバレーにある)とサンフランシスコの食文化の融合によるイノベーションから生まれた"New American Chocolate"としても注目されているのです。

たとえば、最近ではカカオを含むパーセンテージで味を表すことが増えていますが、TCHOがこだわるのはあくまでも風味。カカオの量は65〜70%の間で調節し、「The Flavor Wheel」という6つのフレーバーによって味の違いを生み出しています。しかも、その作り方はソフトウェアと同じで、まずベータ版を発売してからフィードバックを集めて改善していくというもの。つまりはリーンスタートアップ方式により、短期間で味を改善していったのです。実際、TCHOが登場したての頃におみやげでもらったことがあるのですが、ベータ版だったのか正直それほどおいしくとは感じませんでした。それが数年後、再びおみやげでもらった時には味も大きく変わっていてかなり驚いたものです。


130210tcho2.jpg


味だけでなく生産スタイルも"メイカーズ"

製造工程についてもイノベーションに取り組んでいて、原料となるカカオは農家から直接仕入れていますが、単なるフェアトレードではなく、農家がプレミアムのつくカカオ豆を生産できるようなインフラを提供するという、独自の"TCHOSource"プログラムを導入しています。そうした新しい生産スタイルだけでなく、味も商品のラインナップもだんだんと良くなり、一部のスターバックスでも発売されるなど、サンフランシスコでTCHOのロゴをよく見かけるようになってきました。

サンフランシスコでチョコレートといえば、アメリカの老舗メーカー「Ghirardelli(ギラデリ)」が有名ですが、今はスイスの会社に買収され、フィッシャーマンズワーフにある工場跡地は、カフェやショップが並ぶ観光地になってしまいました。ということで、今やサンフランシスコに工場を持つチョコレートメーカーはTCHOのみ。工場は海沿いのピア17に建っていますが、生産ラインはドイツの工場からまるごと取り寄せたものをリメイクするという、何ともメイカーズなスタイルで作られているのです。


130210tcho3.jpg


Tシャツなども買える小さなショップとチョコレートドリンクが楽しめるカフェコーナーがある工場は、予約すれば無料の見学ツアーに参加することができます。


130210tcho4.jpg


ツアーでは、最初にチョコレートとTCHOの歴史を聞いた後に、製造エリアを見学します。製造エリアは撮影禁止で見られるのもほんの一部ですが、チョコレートのタンクや成型しているところ、箱詰めの様子、そして創設時に使われたドイツの30年ものの機械などが見られて、もちろん最後には6つのフレーバーが味わえる試食タイムも用意されています。


130210tcho5.jpg


ツアーは平日の10:30と14:00の2回行なわれ、ネットからの予約もカンタン。空いていれば前日や当日でも予約できるので、チョコレートに限らずイノベーションに興味のある方にもオススメです。

TCHOは日本のオンラインショップでも購入できるところがありますので、テッキーな人たちへのバレンタインプレゼントにいかがでしょうか。


TCHO

(野々下裕子)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.