• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 PM

ダサくても「人生の目標」を書いてみるべき理由

ダサくても「人生の目標」を書いてみるべき理由

130208written_goals.jpg


自分の人生で達成したい目標を箇条書きにして、いつもポケットに入れている人を知っていますか? そんなのダサイと思う気持ちを抑えられるようになったら、まずすべきなのは、自分でもそのリストを書いてみることです。

「人生の目標設定が大事だ」とおおげさに言う自己啓発本が山ほど出ているので、そんなことが役に立つのかと思ってしまうのも無理はありません。でも実際のところ、あてもなく流されている気がしたり、仕事が面白くないと感じたり、経済状態や自分のいる位置、健康状態などに不満を持っていたりするなら、人生の目標を書き出してみるべきです。

「人生の目標を作ること」は心の訓練になります。自分が今立っているところよりも見通しのいい場所からゴールを見つめてみることで、そこに到達するための助けになるのです。着手しない言い訳をはねのけて、目標について考え、紙を用意して、ペンを進める理由は何でしょうか。


目標は紙に書きだしてこそ意味がある


目標とは、向上しようとしているときに生まれるものです。「向上したい気持ちはありますか」と尋ねたら、「もちろん!」と誰もが答えるでしょう。でも、「向上というのは具体的にはどういうことですか」、「どうやって向上するんですか」と聞いたら、ほとんどは戸惑った表情が返ってくるだけではないでしょうか。

目標の設定とは、「今より望ましい状態」をシンプルな言葉で表現し、どうやったら今の立ち位置から目指す場所へ行けるのかをよく検討して、実際に踏み出すことです。それは、向上しようとして積極的に行動することでもあります。

たいていの人は、くる日もくる日も、前の日とまったく同じように、朝は目を覚まし、シャワーを浴び、コーヒーをいれ、仕事に取りかかります。そういう生活をしながら人生の目標を立てられる人は、率直に言ってめったにいません。

書き出した目標は現実になっていきます。脳内シナプスの発火パターンでしかない思考も、紙の上に文字として定着させられると、思いがけない力を発揮します。まるで生命を宿したかのように言葉があなたを見つめ返し、「次はどうする」と問いかけてきます。

書きとめられた目標は、それを思い出させるよすがとなるし、記録となって残ります。もっと大切なことは、何となく思い浮かべるだけにとどめず、実際に書いてみることそのものです。頭の中で目標を考えてみる人はたくさんいます。しかし、きちんと言葉にしてみないうちは、気まぐれな思いつきにすぎません。目標を紙に書いてみると、何が大事かが見えてくるのです


人生における目標設定とは「人生と仕事にゲーム的なレベルを設定する」こと

手つかずだらけのToDoリストからサヨナラする方法の記事でも書いたように、「考えるモード」と「実際にアクションを起こすモード」は大きく異なります。

有効なToDoリストを作るのと同様に、目標を書き出す場合も、まずは一段高いレベルで考える必要があります。「上司」役のモードに入って全体像を考え、この世界の中で自分に与えられた時間をどう使いたいかを決めるのです。続いて、日々こなさなければならない仕事がある日常世界の中では、「アシスタント」のモードに入って、「上司」が決めたプランに沿うかたちで行動していきます。

多くの人は、「考えるモード」をスキップして、職場への通勤だとか食料品の買い出しだとかいった日常的なタスクに没頭してしまいます。こういう人は、数年経って振り返ったとき、「自分の時間はいったいどこへ消えてしまったんだろう」といぶかしく思い、もっと有意義に使えたはずなのに...と後悔することになります。「考えるモード」なしに日々をやり過ごすのは、波に身を任せて漂うのと同じです。目標がはっきりしていてこそ、タイヤを路面にしっかり食い込ませて正しい方向に進めるのです。

目標を書いてみると焦点が定まり、物事がはっきり見えるのです。ビデオゲームに何時間も費やしてキャラクターのレベルを上げ、エイリアンを倒したり金塊を集めたりするのはなぜでしょう? ゲームのルールがはっきりしているからです。タスクは明快に規定され、配置されています。次のレベルに上がるには、練習し、敵を倒し、アイテムを集めればいいのです。人生における目標設定とは、人生と仕事にレベルを設定するようなものです。ゲームと違うところは、自分でルールを組み立て、戦利品を決めなければならないところです。


人生の目標は向上心を伸ばし、逆境に強くする

目標を書き出すと、無駄を切り捨てるのが楽になります。タスクを素早く終わらせて時間の余裕を生み出すために最も効果的なのは、貴重な時間を費やすに値しないような、重要でない活動やタスクを排除していく方法です。目標を立てると、重要度の判断が飛躍的に簡単になります。自分の参加している活動が重要かどうか疑わしいと思ったときは、目標に到達するのに役立つかどうかを物差しにすればいいのです。役立たないようなら、ToDoリストやカレンダーから消してしまいましょう。参加する理由がないのですから。

目標を書くと、目指すべき方向が決まって焦点が明確になり、毎日どう過ごせばいいかがわかるようになります。目標があるということは、人生の大きな枠組みを前もって考えたということですから、それよりも小さい問題の答えはたちどころに思い浮かぶようになるわけです。「この仕事を続けるべきか?」、「この事業を始めるべきか?」、「この旅行に出掛けるべきか?」...こんな疑問への答えは、目標に基づいて判断すれば簡単に得られます。

人生の目標を書き出すと、うまくいった場合だけでなく、最悪の場合への備えもできます。目標を立てて前進する過程は一本道ではありません。今の立ち位置よりも高いところに目を向け、常に点検しながら、そこへつながるはしごを登る作業を繰り返すのです。時にはうまくいくでしょうが、時には失敗もするでしょう。うまくいかなければ、達成可能な目標に設定し直して、もう一度チャレンジしましょう。

常に少しだけ高いところを目指すようにしていると、粘り強くなっていきます。いつもハングリーでいながら楽天的な態度でいられ、少しでも前進しようという意欲が湧いてきます。同時に、思い通りにいかない場合もうまく対処できるようになります。

人生の目標を設定して着実に進んできた人は、レイオフや病気など、つらい出来事に見舞われても、切り抜けられる可能性が高くなります。自分が今置かれている状況よりも望ましい場所を思い浮かべ、目標に向かっていつも前向きに考えるよう訓練を積んできたからです。それが彼らの生き方です。ほかの生き方を知らないのです。

今回は目標設定について、もっと知られていてもいいのにあまり取り上げられない面について書いてみました。人生の目標を掲げる人たちは、楽天的な考えを実践しています。成功した場合も失敗した場合も、「一歩でも先へ進もうと試みた経験」によってあなたは鍛えられ、より強く、より有能な人間になります。どんなに混乱した状況でも、自分がこうありたいと望むような人間でいられるでしょう。目標を立てることで、良い状況にも悪い状況にも備えられるのです。

これでたぶん、人生の目標を設定することの素晴らしさを理解していただけたことでしょう。あなたが人生の目標を書き出す決心をした(あるいは書かないことに決めた)理由について、ぜひコメントをお寄せください。


Gina Trapani(原文/訳:福岡洋一、合原弘子/ガリレオ)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.