• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  06:00 PM

40秒でわかる、話題の「4K」 〜写真展で感じた、その威力〜

40秒でわかる、話題の「4K」 〜写真展で感じた、その威力〜

130208exhibition_4k.jpg


4K」という言葉を聞いたことがありますか?

過去によく言われた「イヤな職場の3条件」と似ていますが...もちろん、まったくの別物です。


ここで言う「4K」とは、テレビの画素数のこと。水平方向(テレビの「横幅」)の画素数が3840(約4000)であることから、それを省略して「4K」や「4Kテレビ」という言い回しで使われています。「3840画素」と言われてもピンとこない人のほうが多いかと思いますが、これまでもっともキレイだとされていたフルハイビジョンが水平1920画素なので、その2倍。垂直方向(テレビの「高さ」)の画素数も2倍なので、画面全体で4倍きれいになったということになります。

そして、この高画質化は、テレビの視聴距離にも大きな影響をおよぼすそうです。これまで、視聴距離の理想は「テレビの高さの3倍」と言われていましたが、従来の半分の距離(高さの1.5倍)で観ても粗さが目立たなくなったことにより、画面の視野角が30°から60°に倍増。より臨場感のあるポジションで、高画質な映像が楽しめるようになったのです(近付きすぎに注意!)。

百聞は一見にしかず。ということで私は、現在、東京ミッドタウンで開催されている「感じる写真展 -4K PHOTO EXHIBITION-」に行ってきました。以下の写真は、会場のモニターを私がデジカメで撮影したものです。

130208exhibition_4k_1.jpg

130208exhibition_4k_2.jpg

130208exhibition_4k_3.jpg

130208exhibition_4k_4.jpg

これだけでは伝わらないのはわかっていますが...「手持ちのカメラでモニターを撮影したのに、こんなにキレイに撮れる」ということで、少しでも、あの驚きの画質を感じてもらえれば本望です。「説得力がない!」という人は、ぜひとも今週末、東京ミッドタウンまで足を運んでみてください。6人の人気女優の美に迫った「艶(つや)」や、Sony World Photography Awardsの受賞作を集めた「瞬(またたき)」など、迫力満点のプログラムが目白押しです。開催は、2月10日(日)まで。


「感じる写真展 -4K PHOTO EXHIBITION-」

(奥洋介)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.