• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,  08:10 PM

スマートにできる「発表者ツール」にときめく~新しいOffice発売!(PowerPoint編)

スマートにできる「発表者ツール」にときめく~新しいOffice発売!(PowerPoint編)

130207new_office_powerpoint.jpg


日本マイクロソフトは本日2013年2月7日、Excel、Word、PowerPointなどがセットになったソフトウェア『Office』シリーズの新製品を発売しました。

新しいOfficeの特徴は3点。「よりシンプルになった操作性」、「クラウド連携」、「タッチデバイスへの強化」です。今回は中でも「操作性」に着目。Excel編、Word編、PowerPoint編として、それぞれの魅力をわずかずつですが採り上げていきます。クラウド連携とタッチデバイスについては兄弟メディアのギズモードで扱っているので、こちらの記事も併せてどうぞ。

Excel編Word編に続き、この記事では『PowerPoint 2013』を採り上げます。大胆な変更はあまりないものの、スライド作成機能は全体的に強化されています。また、プレゼンがやりやすくなった「発表者ツール」やFacebookでの共有など、基本的な底上げがなされていると感じました。


「誰でもキレイに」デザイン機能の強化


Excel編でも書きましたが、今回のOfficeは「コンシューマ向けの機能を強化」が大きなテーマ。その点、人によって「できること/できないこと」の幅をいかに小さくできるかが課題だったのでしょう。

それを強く感じられたのはPowerPoint 2013のデザイン周りの強化です。誰でも整ったスライドが作れるように、「テーマ」一つひとつに多くのバリエーションが用意されています。また、スライドで大切なのは「色合い」。どのような色を使うか、色の組み合わせはどうするかなど、案外と悩みどころだったのでは? テーマにはそれぞれに「おすすめの配色」が表示されるので、自信がないときは頼ってしまいましょう。

他にも、画像や図形などのオブジェクトがほぼ均等に並ぶと表示される「スマートガイド」も便利。オブジェクトごとの距離や整列が、視覚的にすぐわかります。オブジェクト関連だと「スポイト」も使えます。その名の通り、イラストや写真に使われている色を抽出でき、その色で図の塗りつぶしなどができます。

また、Word 2013と同様に、画像/動画のオンライン検索や配置が可能です。わざわざブラウザを立ちあげて行ったり来たりせずに済みます。


プレゼンの強い味方!「発表者ツール」


PowerPointといえば「プレゼン」というくらい、スライドを誰かに見せる機会は多いでしょう。そんな時に役立つのが「発表者ツール」です。プロジェクターにスライドを映しながら、手元のPCには発表者専用の画面を映せます。画面にはレーザーポインターやスライドの拡大などのツールアイコンの他、経過時間、次のスライドのプレビュー、スライドごとのメモが表示されています。

例えば、説明の途中で「最初の方に出たあのグラフをもう一回見せて」なんて言われること、よくあります。何度もバックスペースキーを押したり、「Esc」キーで一度終了させたりするのは、ちょっとスマートではありませんよね。その時はツールから「すべてのスライドを表示」すれば、プロジェクターの画面はそのままで、簡単に目当てのスライドを探せます。

また、スライドをFacebookへ投稿したり、画面を録画してビデオにしたりも可能。友人やビジネスパートナーへ、アイデアや資料を共有する時に役立つでしょう。


その他の機能については、マイクロソフトの公式サイト内にある「Office 活用 TIPS」に詳しいのでご参照ください。

現在、Officeは数量限定での発売記念特別価格パッケージが提供されています。すべての機能が使えるプロフェッショナルから、学生や教職員向けのアカデミックまで4種類のラインアップがあります。自分の利用イメージに合わせて選んでみては。


Microsoft Office | 日本マイクロソフト

長谷川賢人
Photo by Thinkstock/Getty Images.
資料/動画提供:日本マイクロソフト

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.