• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  10:30 PM

オシャレな写真加工アプリ『addLib S』を使ってみた

オシャレな写真加工アプリ『addLib S』を使ってみた

130201addlib_s.jpg


あなたの写真を、美しいグラフィック作品にしてみませんか?


写真加工アプリ『addLib S』には、こんなキャッチコピーがついています。

グリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識といったデザインに関わるさまざまな理論を組み合わせて、指定した写真を美しいグラフィック作品に仕上げてくれるとのこと。「一見ランダムにレイアウトされているように見えても、その裏側には厳格で明晰な構造が潜んでいる」という触れ込みに惹かれ、さっそく試してみました。


130201addlib_s_1.jpg

使用した写真がコレ。いつも編集部で使っているお気に入りの、ファイヤーキングのアドマグです。


130201addlib_s_2.jpg

操作方法は「How to Use」の欄に表示されているとおり、いたってシンプル。「選ぶ・撮る」→「つくる」→「保存する・送る・シェアする」の3ステップです。


130201addlib_s_3.jpg

カメラマークの「Choose」ボタンから写真を選ぶと(新たに撮ることもできます)、3パターンのデザインが自動で完成。気に入ったものがなくても、矢印マークの「Create」ボタンを押せば、新たなデザインが次々と提示されていきます。


130201addlib_s_4.jpg

気に入ったデザインが見つかったら「Customize」ボタンを押して、デザインの中で使われているテキストを入力。自ら打ち込める「User」のほかに、テキストもお任せする「Random」、テキストは使わない「Disable」もあります。写真のトリミングもランダムで行われてしまうので、「この部分を中心にしてほしい」という希望がある人は「Image Center」のウィンドウを操作して写真の中央位置を指定しましょう。

実際に仕上がったデザインを、いくつかお見せします。


130201addlib_s_5.jpg

トリミングなしの写真と「Main」欄に記入したテキストだけが使われることもあれば、


130201addlib_s_6.jpg

写真は大幅にトリミングしつつ「Main」と「Sub」の両方のテキストが使われるものや、


130201addlib_s_7.jpg

自分で入力していないタイポグラフィが大胆にあしらわれたタイプもできあがりました。

実感としては、「自分でつくる」というより「デザイナーに素材を渡して自由に作ってもらう」という感覚に近いかもしれません。レイアウト(配置)に関する細かい希望がない人や、どんな仕上がりになるのかを楽しみたい人には、うってつけのアプリだと思います。「もっと自分で選んだり、細かく指示したい」という人は、以前に紹介した『Phoster』というアプリのほうが、お気に召すかもしれません。


addLib S | App Store
WOW.inc

(奥洋介)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.