• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  07:00 PM

カフェで仕事をした方がいい3つの理由と、気をつけたい4つのマナー

カフェで仕事をした方がいい3つの理由と、気をつけたい4つのマナー

130130_CoffeeShop.jpg


ライフハッカーではこれまでも、仕事環境を変えることで生産性が上がる、クリエイティブな仕事がはかどるという記事を紹介してきました。月に数日くらいは、普段とは違う環境で仕事をするのもいいでしょう。今回は「Family Records」や「GNTLMN.com」の創設者で 起業家のWesley Verhoeveさんが実際に体験した、会社以外のお気に入りの場所、特にカフェで仕事をすることのメリットについて紹介しましょう。


「Family Records」は2012年前半にオフィスを移転しました。旧オフィスから新オフィスに移転が完了するまでの6週間、どこで仕事をするか考えねばなりませんでした。ありがたいことに親切な会社が間貸ししてくれるという幸運もありましたが、それ以外の時間はブルックリンやマンハッタンの街角にあふれるカフェがオフィス代わりとなりました。

カフェで仕事をするのがあまりにも良かったので、新しいオフィスに移転してからも、月に数日は「カフェの日」を作るようにしました。カフェで仕事をするのは会社や職場から孤立してしまうという意味でも、毎日はオススメしませんが、月に1~2日はやってみるといいと思います。その理由をいくつかあげてみましょう。


  • 環境の変化がクリエイティブな刺激になる
    どれほどすばらしい職場でも、毎日そこで仕事をしていると、それが日常になってしまいます。日常やマンネリはクリエイティブな仕事の敵です。たった一日でも仕事環境を変えてみると、クリエイティブな仕事やインスピレーションに、新しい刺激をもたらしてくれます。

  • 気が散らない
    一瞬「それは逆では?」と思うかもしれませんが、ざわざわとしたカフェで仕事をするのは、静まりかえった職場で仕事をするよりも集中できます(研究結果もあります)。すばらしい仕事仲間や同僚に囲まれていると、少しだけ休憩しようと思っても、ついおしゃべりをしてしまったり、仕事の質問をされてそれに答えたりすることになります。仕事に邪魔が入ると生産性が下がります。自宅で仕事をすると、今度は孤立感を味わったり、ダラダラと底なし沼のように仕事を先延ばしたりするようになります。カフェなら場所にもよりますが、適度に人と話すこともできます。

  • 新しい人との出会いがある
    新しい人との出会いは、新しいアイデアをもたらします。抱えている問題に対する別の視点や考え方を教えられたり、今までにない会話やコミュニケーションをしていたりすると、何かしら影響を受けます。以前「Skillshare」のトップの先生と出会って、今ではその先生のクラスを受けています。睡眠コンサルタントとも知り合いになりましたし、PRの人にはプロジェクトを手伝ってもらっていますし、ワインコンサルタントの人にはいいバーを教えてもらいました。


また、カフェでいい仕事をするにあたって、気をつけておきたいこともあります。


  • カフェを変える

    毎回同じカフェに通って行きつけにするのもいいですが、たまにはカフェを変えましょう。いつもの場所ができると、新しいところに行かなくなってしまう人が多いですが、同じカフェに通い続けて、それが日常やマンネリになってしまっては意味がありません。

  • 何か注文する
    コーヒー1杯で一日ねばるようなケチな真似はやめましょう。一日中カフェで仕事をするのであれば、それなりに定期的な注文をしましょう(チップの文化圏であればチップは多めに)。いいカフェの店員さんは、あなたがいいお客さんであれば、すばらしい接客をしてくれるはずです。顔なじみになれば、こっそり隠れたコンセントを使わせてくれたり、コーヒーのお代わりをサービスしてくれたりするかもしれません。もちろんそれを期待してはいけませんが。

  • 場所取りが大事
    出入口の近くやレジのそばの席は、できれば避けた方がいいです。ドアの開閉で外気によって温度がしょっちゅう変わったり、お客さんで混雑したりすると、集中できなくなります。

  • しっかり充電して行く
    私は電源コードを持ち歩くのが好きではないので、しっかりと充電してからカフェに行きます。私のノートパソコンのバッテリーはフル充電で6時間もつので、その間に仕事を終わらせようと集中して仕事ができ、やたらと休憩を取らないようにもできます。


最低でも月に1日は、職場を離れて別の場所で仕事をするのをオススメしたいのは以上のような理由からでした。ニューヨークに職場がある、もしくは仕事をする機会があるという人は、ニューヨークの私のお気に入りの15のカフェリストがFoursquareにありますのでチェックしてみてください(1位はマンハッタンにある「Ground Support」ですよ!)。行った人はぜひ感想など聞かせてくださいね。


Why You Should Work From a Coffee Shop, Even When You Have an Office | Fast Company

Wesley Verhoeve(原文/訳:的野裕子)
Image remixed from etraveler (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.