• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,,,,,,  01:00 PM

MITテクノロジー・レビュー編集長ジェイソン・ポンティンの哲学と仕事術

MITテクノロジー・レビュー編集長ジェイソン・ポンティンの哲学と仕事術

130130how_i_work.jpg


敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ第25回です。「メイカーズ革命の先導者」クリス・アンダーソン氏に続く今回は、『MITテクノロジーレビュー』編集長のジェイソン・ポンティン(Jason Pontin)氏にインタビュー。

ジェイソン・ポンティン氏は、2004年から米マサチューセッツ工科大学(MIT)の傘下にある『MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)』の編集長を務め、2005年には発行者にも就任。2つの肩書を持ち、編集ディレクションから事業戦略まですべてを指揮してきました。ポンティン氏のもと、100年以上の歴史を誇る同メディアは、国際的なデジタルメディア企業へと成長。昨年10月には、ポンティン氏自ら徹底的な見直しを進め、デジタル移行へと出版戦略を転換しています。ポンティン氏によると「印刷はデジタルをサポートすべきである」とのことで、この転換は「既存メディアがデジタルへ移行するためのロードマップ」として高く評価されています。

そこで今回はポンティン氏に、MITテクノロジーレビューの話題から睡眠習慣まで、たっぷり聞きました。


氏名:ジェイソン・ポンティン(Jason Pontin)
職業:MITテクノロジー・レビューの編集長兼出版人。MITテクノロジーレビュー社の最高経営責任者兼MITエンタープライズフォーラム会長
居住地:米・マサチューセッツ州ケンブリッジ
現在のモバイル端末:2台持ち。背面にヒビが入り「Smashed」というステッカーが貼ってあるiPhone 4SとiPad2
現在のコンピューター:2台あり。Macbook Pro(15インチ)は、Retinaディスプレイ、2.3GHz Intel Core i7で、メモリは8GB。Mountain Lionを実行。このほか、Wintel(ウィンテル)PCタワーも所有
仕事スタイル:喜んで


「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは何ですか?

ポンティン:一番くだらない答えですが、MITテクノロジーレビューのコンテンツマネジメントシステムというのが事実。ここで執筆したり編集したりしています。Google Chromeもそのひとつで、読み物やリサーチをよくしています。

これらの他にも、頻繁には使わないけれど、仕事に重要なツールはたくさんあります。例えば、『Trello』は、うちのデジタル開発チームがプロジェクトの追跡に利用しています。また、うちは非常にデータ志向の会社なので、Google AnalyticsやDoubleClick、Omnitureなど、読者の規模や行動を測定するソフトウェアにとても注目しています。

自身の健康を知る上で頼りにしている定量化アプリは『My Fitness Pal』。とりわけ果糖において、いささか雑なところはありますが、消費カロリーに対する摂取カロリーを計測してくれるので便利です。日々のフィットネスの代わりに、血中酸素濃度と脈拍数を測定できるものを探していますが、気に入ったものはまだ見つかっていません。ドングルを指の先に置いて血中酸素濃度を測るアプリはいくつもありますが、まだ研究中です。


仕事場はどんな感じですか?

ポンティン:MITテクノロジーレビューの仕事場は過去最大。米マサチューセッツ州ケンブリッジ・ロングフェロー橋先のオフィスビルの最上階の角にあります。デスクから、チャールズ川やボストン大学が一望でき、椅子をくるりと回転させれば、科学博物館(Museum of Science)からボストン湾まで見渡せます。また、背中側には、ベーコンヒル(Beacon Hill)の上にそびえるマサチューセッツ州議事堂(State House)の金色のドームがあり、デスクから水面に映る日の光の変化が見られます。

私のデスクは、MITテクノロジーレビューの編集を担当し、後にMITプレス(MIT Press)となるメディアを創設したジェームズ・キリアン(James Killian)氏が所有していた、古い曲線調の木製机。キリアン氏は1948年から1959年までMITの学長を務めた人物でもあります。机には、2~3台のコンピュータースクリーンを設置。デスクの他に、革カウチのちょっと腰掛ける場所と、本が山積みになったガラス製のコーヒーテーブル、ネアンデルタール人の頭蓋骨、そして、ワシリーチェア(Wassily chairs)が2脚あります。あとは、ホワイトボード。今後の展開や課題のためのアイデアをメモ書きしています。天井まで山積みになっているものも含め、本はあらゆるところに転がっています。ガラスの壁が多いので、絵を貼るスペースがほとんどないのですが、MITのリスト・ヴィジュアル・アーツ・センター(List Visual Arts Center)からアンディ・ウォーホルのポートレイトを2作品、借りています。

自宅では全然フォーマルじゃないです。チャールズタウン(Charlestown)にある1835年に建築されたタウンハウスの居間のデスクでMacBook Proを広げているだけです。


130130how_i_work_2.jpg

(ポンティン氏の仕事場)


仕事中、どんな音楽を聴いていますか?

ポンティン:音楽を聴きながら、読んだり書いたりできません。「音楽を聴きながら読み書きできる」という人がいますが、果たして本当なのか、疑っています。


お気に入りの時間節約術は何ですか?

ポンティン:シリコンバレーで自分が初めてインタビューをしたあと、当時インテル(Intel)の最高経営責任者だったアンドルー・グローヴ(Andy Grove)氏に写真撮影で言われた言葉は今でも覚えています。「君たちは僕の時間を盗む気かね。本当に自分のものなのは、唯一、時間だけなのに」。いつもこの言葉を思い出し、自分の時間も同僚の時間も敬意を持って扱うようにしています。

時間を最も費やすのはメールと会議。メールについては、鍛錬するように努めており、時間の無駄になるメールは送信することも返信することもありません。同僚はおそらく、僕が自分をメールの達人だと言い張ることに、賛成しないでしょうね。なぜなら、自分が同意したことややってほしいことをまとめたメモを送るのが好きだからです。とはいえ、この記録は有効だと思っています。メモによって説明責任を果たすよう促すことができますから。会議について言うと、議題もなく、明確なアクションアイテムがないまま終わる1時間以上の会議には出席しません


愛用中のToDoリストマネージャーは何ですか?

ポンティン:『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』の著者デビッド・アレン(Dave Allen)氏は「タスク集約システムはシンプルなほどよい」と述べています。なので、僕が使っているのはモレスキンのノートとペンだけ。とはいえ、アレン氏が表現する「頭、からっぽ状態」のように、至福のレベルまで効率性を高め、新しいアイデアを生み出す曇りのないオープンな境地に至りたいなら、タスクを処理する方法は身につけるべきスキルといえるでしょう。長年、僕はアレン氏のフローチャートを壁に貼っていました。数年前、更新されたようですが(英文記事)。


携帯電話とコンピューター以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

ポンティン:スポーツ用ウォッチ「Garmin Forerunner 6」です。距離と走行ペースが表示され、日々の進歩度合いが追跡できるようデータが取れます。僕はほぼ毎日走っています。走ると穏やかになり、エネルギーも湧いてきます。執筆しているエッセイの構成上の問題からビジネスの課題まで、クリエイティブな解決策が浮かぶのは、ハーバードに向かって川沿いを走っているときです。


130130how_i_work_3.jpg

(オフィスにいるポンティン氏)


睡眠習慣はどのようなものですか?

ポンティン:そばで妻が眠り、足元で犬がいびきをかいている間、僕は夜遅くまで読書をしています。朝早く、うちの4歳の子が僕をくすぐって起こしてくると、前の晩、遅くまでダラダラ起きていたことを後悔しますね。


日常のことで「これは他の人よりうまい」ということは何ですか?

ポンティン:うーん、何だろう? なんかとても恥ずかしい質問ですね。自分の思考は理路整然としていて、かつクリエイティブだと思っています。さらに、両親が非常に高価な古典の教育を施してくれたので、芸術・文学・歴史・経済学・科学・技術について、ある程度の知識はあります。このような才能と知識の組み合わせは稀じゃないかな。


これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください。

ポンティン:哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは「世界で何が起ころうとも、自分に悪いことは起こらない。ヒトは運命や状況とは無関係に存在しているのだから」と考えていたそうです。ウィトゲンシュタインの伝記を執筆した作家レイ・モンク(Ray Monk)氏は、この思想が、第一次世界大戦の間、東部戦線で前線の砲兵観測者だった頃のウィトゲンシュタインを支えたのだろうと述べ、ウィトゲンシュタインの著書『論理哲学論考(Tractatus Logico-Philosophicus)』を書き直しました。これが本当だとしたら、すごいことです。僕は、つらい状況に挑戦するとき、ウィトゲンシュタインの格言を思い出すようにしてきました。「世の中、何が起ころうと、自分は大丈夫」。これこそ、勇気と忍耐の秘訣です。皆さんはどう思いますか?


Tessa Miller(原文/訳: 松岡由希子)



■敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術シリーズ

人気TV番組『怪しい伝説』のアダム・サヴェッジに学ぶ「多芸多才のコツ」

開発者必見! ギークでもアナログな「bitly」チーフ、ヒラリー・メイソンの仕事術

これぞライフハッカー! 米ベストセラー作家・サーストン氏の仕事術

「自分の全てをmemexに」米Lifehacker生みの親、ジーナ・トラパーニの仕事術

Web2.0時代を担ってきた女性起業家カテリーナ・フェイクのシンプルな仕事術

「Reddit」創業者は1983年生まれ! アレクシス・オハニアンのメリハリ仕事術

これぞギーク界のレディー・ガガ! リモア・フリードのロックな仕事術

PCより紙とペン? コードアカデミー共同創設者ザック・シムズのアナログ仕事術

「キュレーションの女王」マリア・ポポーワのあえて公私を分けない仕事術

デザイナーとブロガーの二毛作! クリストファー・ジョブソンの情熱的仕事術

「Reddit」の中の人、第2弾! エリック・マーティンによる愛犬同伴の仕事術

ギークなハリウッド女優! フェリシア・デイの自分に厳しい仕事術

Q&Aサイト「Stack Exchange」の父、ジェフ・アトウッドのToDoに頼らない仕事術

「脱サラ」ミュージシャン、ジョナサン・コールトンのロックな仕事術

DIYブームのカリスマ! 『MAKE』編集長、マーク・フラウエンフェルダーの仕事術

週4時間の労働で結果を出し続ける男 ティム・フェリスの仕事術

話題のメガネブランド「Warby Parker」の創業者ニールとデーヴの仕事術

急成長ECサイト「Fab」創業者 ブラッドフォード・シェルハマーの笑顔が絶えない仕事術

サイト構築ツール「SquareSpace」創業者 アンソニー・カザリナのミニマル志向な仕事術

人気アパレルECサイト「ModCloth」創業者夫婦の仕事術は使えるヒントが山盛り!

料理の鉄人アーロン・サンチェスのモバイル志向な仕事術

ラップミュージックを歌詞で楽しむ「Rap Genius」の創業者による三者三様仕事術

伝説のエバンジェリスト、ガイ・カワサキの知られざる仕事術

『MAKERS』がベストセラー! クリス・アンダーソンがDIYした仕事術とは?


  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.