• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,  09:00 PM

「脱・ポジティブ」で結果を出す! ネガティブシンキングのススメ

「脱・ポジティブ」で結果を出す! ネガティブシンキングのススメ

130123negative_thinking_1.jpg


これまでポジティブシンキングを実践してもうまくいかなかった人へ。今日から「脱・ポジティブ」でネガティブな自分を受け入れていくのはいかがでしょう。そのコツを教えてくれるのはメンタルトレーナーの森川陽太郎さん。今後、ライフハッカーでは森川流「ネガティブシンキングのススメ」に関する連載記事をお届けしていきますが、今回は先がけて編集部でお話を伺ってきました。


(サッカー選手の)エトーやグイサにあって私にないもののひとつが、「感情を評価しない」ということでした。
感情を評価しないとはどういうことかというと、プラスの感情もマイナスの感情も同じように扱うということです。これができると安定して自己肯定感を持つことができるようになります。つまり、いつも自分に対して「OK」をあげられる状態をつくることができるのです。

『本番で実力が出せない人のための「いつもの自分」トレーニング』(森川陽太郎著、ダイヤモンド社、134ページ)


自分に自信がない、どうしても緊張してしまうなど、人によりメンタルの悩みはさまざま。しかし、どれほど周到に用意をして練習を重ねても、本番で結果が出せなければ意味はありません。いかにして実力を発揮して結果を残すかは、スポーツ選手もビジネスパーソンも同じことです。

ライフハッカーでも「自己嫌悪に陥りそうな時は両手を大きく広げるポーズで自信を取り戻そう!」などの記事を紹介してきましたが、さらなる方法がないかと探していたときに出会ったのが上記の本でした。メンタルトレーナーであり、株式会社リコレクト代表を務める森川陽太郎さんは元サッカー選手。高校卒業後に単身スペインへ渡りプレーをし、そこで文化や人種のちがいはもちろんのこと、海外選手と自分の「メンタル」の違いを肌で感じた経験を持ちます。著書には以下のようにありました。


日本では、
 メンタルが強い = マイナスの感情を感じないこと

スペインやイタリアでは、
 メンタルが強い = マイナスの感情を感じていても自分の力を発揮できる

(同著、135ページ、原文ママ)


「いま弱っているな...」と思った時に「良くない!前向きに!」と切り替えようとするのは誰しもあるでしょう。ですが、森川さんは「ネガティブな自分を受け入れる」ことの大切さを説きます。さらに新著は『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』。これまでのポジティブシンキングの逆を行くような方法論ですが、ネガティブシンキングとはいったい何なのでしょう?

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.