• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,,,,,,,,,  06:30 PM

『MAKERS』がベストセラー! クリス・アンダーソンがDIYした仕事術とは?

『MAKERS』がベストセラー! クリス・アンダーソンがDIYした仕事術とは?

130123how_i_work.jpg


敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ第24回です。「伝説のエバンジェリスト」ことガイ・カワサキ氏に続く今回は、「メイカーズ革命の先導者」クリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏にインタビュー。

クリス・アンダーソン氏は、10年以上にわたり米誌『ワイヤード(Wired)』の編集長として舵をとり、読者をおよそ2倍に増加させ、数々の賞を受け、米誌『<タイム(TIME)』の「今年の注目すべき100人(2007年)」にも選ばれるなど、輝かしい実績をつくってきました。

また、経済・技術・DIYデザインにわたるオピニオンリーダーとして、『ロングテール「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』、『フリー 無料からお金を生みだす新戦略』、そして最新刊『MAKERS 21世紀の産業革命が始まる』を執筆。これらの著書は、日本でもベストセラーとして広く知られています。

ワイヤードの編集長を退任した後、アンダーソン氏は新たなステップに挑みはじめました。2012年11月上旬、自らが設立したベンチャー企業3D Roboticsに専念することを明らかにしたのです。彼は、著書『MAKERS』において「デザインのオープンソース化、原材料の低コスト化、3Dプリンティングが、次世代型の製造業を牽引する」と支持。これらはすべて、3D Roboticsの礎ともなっています。

世界的なオピニオンリーダーであるのみならず、次世代のものづくりをリードするアンダーソン氏に、日常の仕事術をあれこれ聞いてみました。


氏名:クリス・アンダーソン(Chris Anderson)
職業:3D Roboticsの最高経営責任者、米誌ワイヤード元編集長
居住地:米・カリフォルニア州バークレイ
現在のPC:旧式のデル製ラップトップ(ステッカーやスクラッチだらけ)
現在のモバイル端末:Samsung Galaxy II
仕事スタイル:一心不乱に


「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは何ですか?

アンダーソン:Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブ、Google Chrome、Google Code、Googleグループ、Google+、Googleリーダー、Androidなど、ほぼすべてGoogleです。例外といえば、チームの連絡に使っているSkypeくらい。それすら、最近はGoogle+のハングアウト機能に切り替えはじめています。あとは、プレゼンテーション用にiPadでKeynoteを。自分にとっては本当に使いやすいんですよ。Keynoteを使えば、ひどいプレゼンテーションにはなりません。


お気に入りの時間節約術は何ですか?

アンダーソン:枕元にノートブックパソコン「Samsung Chromebook」を置き、ベッドから起き上がる前に、その晩、受信したメールを処理するようにしています。子どもを学校に送って行かねばならず、タイムリミットがあることを認識しているので、効率的かつ簡潔な返答ができます。30分でできるだけ速くタイプすると、脳が目覚めてきて、その日の準備ができます。

書き物を仕上げるときは、Chrome用拡張機能『Strict Pomodoro』を有効にします。この拡張機能は、メールなど、インターネットからの誘惑を20分間遮断し、時間が経つとベルで通知してくれます。5分間休憩したあと、また仕事に戻ります。このツールを使えば、一日中、「20分仕事、5分休憩」というサイクルで仕事することが可能。本当に集中しなければならないとき、自分に効果があるのはこのツールだけです(ポモドーロ式仕事術については、ライフハッカーアーカイブ記事「短時間タスクに集中してGTDにつなげる『キッチンタイマー方式』」も参照のこと)。

これまでで唯一成功した「オートメーション化」は、優秀なアシスタント、代理人、プロジェクトマネージャーなど、他人への委任です。労働の分割こそ、人類最大の発明といえるでしょう。


愛用中のToDoリストマネージャーは何ですか?

アンダーソン:Windowsの付せんアプリケーション『Sticky Notes』を使うくらいです。不細工ですが、自分にはこの方法が機能するようです。


携帯電話とコンピューター以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

アンダーソン:自分はそれほどガジェット好きではないのですが、iPad2と日常の運動量を測定できるリストバンドNike Fuelbandはとても気に入っています。あと、体重と体脂肪のデータを無線LANで送信する『Withings』ですね。


仕事場はどんな感じですか?

アンダーソン:最近はオフィスを行ったり来たりしているので、カフェや空港でラップトップを開いていることが多いです。3D Robotics社の新しい北オフィスでは、スタンディングデスクを試してみようと思っています。

「ものづくり」でいうと、自宅の作業場が僕の自慢であり、楽しみです。自宅に増築した一部ですが、自宅はヘイワード断層の近くに位置し、地震の問題や比較的大きな基礎という事情もあって、非常に狭い部屋。工夫してレイアウトしました。電源を下にまとめ、多くの棚を備え付け、可動式のステンレス製作業台を置いています。ロボットは、はめ込み式の棚に置き、壁に引っ掛けるようにしています。主たるワークステーションは電子工学用。Weller社のはんだごてにも日に日に慣れてきました。オシロスコープやロジックアナライザなど、僕が使っている電子計測機器はUSBデバイスなので、普段は引き出しにしまっています。また、小さな収納棚には多くの電子部品があり、ほぼすべて順序よく並べ、ラベル付けしています。このように整理整頓をシステム化できなければ、電子工学にたずさわることはできませんよ。

電子工学以外の仕事で頼れるマシンといえば、MakerBot(メイカーボット)社の3Dプリンター「Thing-a-matic」(第2世代)や日立工機の机上バンドソー、DREMEL(ドレメル)社の ワークステーションなどです。スティック状の樹脂を溶かして接着するグルーガンのほか、プロフェッショナル用のナイフ「エグザクト ナイフ」やのこぎりなども、よく仕事をしてくれます。デスクトップ式のCNCマシンもゲットしますが、おそらく結局はガレージ行きでしょうね。


130123how_i_work_2.jpg

(アンダーソン氏の作業場)


仕事中は何を聴いていますか?

アンダーソン:物を書かなければいけないときは、アルバムをひとつだけ選んで、ずっとリピートさせています。『ロングテール』を書いていたときはほとんど、レディトロン(Ladytron)のWitching Hourでしたね。


睡眠習慣はどのようなものですか?

アンダーソン:睡眠は僕にとって課題のひとつ。僕は実に行動的な空想家なので、一晩中、寝付けないこともあります。なので、自宅にいるときは次のようなルーチンをきちんと守るようにしています。

・ 午後11時までに就寝
・ 就寝1時間前にはメールをしない
・ メラトニンを3ミリグラム摂取
・ ワインは2杯までにして、午後10時以降は飲まない

ベッドのサイドテーブルにZEO社のスリープマネージャーを置いています。それほど頻繁に装着して寝ているわけではありませんが、僕の場合、眠りの深い時間が10~12%程度と非常に短いことがわかりました。ここ数年は複数の仕事をやりくりしてきましたが、ひとつのことに集中しようと決めた背景には、このように睡眠障害をもたらすストレスなどを遮断したいという事情もあります。


日常のことで「これは他の人よりうまい」ということは何ですか?また、その秘訣は?」

アンダーソン:白熱電球のことなら誰にも負けません。一番明るく、一番温かい光を放ち、最新で、最もエネルギー効率のよい電球技術がどんなものであれ、僕はついていきますよ。過去いろいろな失敗を経て、今、全体がLEDに移行しようとしています。妻は「かっこよくない」と文句を言いますが、電気代はありがたいはずです。


これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください。

アンダーソン:成功は目的地ではない。自分が残してきた足跡である


このほか、ファンや読者に伝えたいことがあれば、どうぞ。

アンダーソン:生産性を向上させる最強のコツを教えましょう。それは「テレビを観ないこと」です。


アンダーソン氏には、MAKERS発売の際にライフハッカーでインタビューをしています(「21世紀を生きる人のために」~クリス・アンダーソンが米WIRED誌を辞める今、思うこと)。こちらも併せてどうぞ。


Tessa Miller(原文/訳: 松岡由希子)



■敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術シリーズ

人気TV番組『怪しい伝説』のアダム・サヴェッジに学ぶ「多芸多才のコツ」

開発者必見! ギークでもアナログな「bitly」チーフ、ヒラリー・メイソンの仕事術

これぞライフハッカー! 米ベストセラー作家・サーストン氏の仕事術

「自分の全てをmemexに」米Lifehacker生みの親、ジーナ・トラパーニの仕事術

Web2.0時代を担ってきた女性起業家カテリーナ・フェイクのシンプルな仕事術

「Reddit」創業者は1983年生まれ! アレクシス・オハニアンのメリハリ仕事術

これぞギーク界のレディー・ガガ! Limor Friedのロックな仕事術

PCより紙とペン? コードアカデミー共同創設者ザック・シムズのアナログ仕事術

「キュレーションの女王」マリア・ポポーワのあえて公私を分けない仕事術

デザイナーとブロガーの二毛作! クリストファー・ジョブソンの情熱的仕事術

「Reddit」の中の人、第2弾! エリック・マーティンによる愛犬同伴の仕事術

ギークなハリウッド女優! フェリシア・デイの自分に厳しい仕事術

Q&Aサイト「Stack Exchange」の父、ジェフ・アトウッドのToDoに頼らない仕事術

「脱サラ」ミュージシャン、ジョナサン・コールトンのロックな仕事術

DIYブームのカリスマ! 『MAKE』編集長、マーク・フラウエンフェルダーの仕事術

週4時間の労働で結果を出し続ける男 ティム・フェリスの仕事術

話題のメガネブランド「Warby Parker」の創業者ニールとデーヴの仕事術

急成長ECサイト「Fab」創業者 ブラッドフォード・シェルハマーの笑顔が絶えない仕事術

サイト構築ツール「SquareSpace」創業者 アンソニー・カザリナのミニマル志向な仕事術

人気アパレルECサイト「ModCloth」創業者夫婦の仕事術は使えるヒントが山盛り!

料理の鉄人アーロン・サンチェスのモバイル志向な仕事術

ラップミュージックを歌詞で楽しむ「Rap Genius」の創業者による三者三様の仕事術

伝説のエバンジェリスト、ガイ・カワサキの知られざる仕事術


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.