• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,,,  08:10 AM

成功する人の考え方に共通している「5つのA」

成功する人の考え方に共通している「5つのA」

130123book-to-read.jpg


これまで一般的に考えられているスキルが、必ずしもビジネスを成功させる優位性にはならない。『トップ1%の人だけが実践している思考の法則』(永田豊志著、かんき出版)の著者はそう言います。そしてビジネスの知的生産性を向上させるスキルを研究する過程で、誰もが知るビジネス的大成功を生み出した人には共通の行動規範があることに気づいたのだそうです。著者はそれを、「5Aサイクル」と名づけました。

5Aサイクルを回している人は成功する確率が圧倒的に高く、逆に古い慣習にとらわれ、新しい一歩を踏み出せない人は疲弊と後悔に満ちた未来を覚悟しなければならないとまで言います。では、5Aサイクルとはどのようなものなのでしょうか?


  1. 顧客の抱える問題の「認知」(Awareness)
  2. 問題解決のための従来と異なる「アプローチ」(Approach)
  3. アイデアのスピーディな「実行」(Action)
  4. 仮説と実行結果の差異に対する「分析」(Analysis)
  5. マーケットニーズに合わせた柔軟な「適応」(Adjustment)

(26ページより)


つまり5Aサイクルとは、「チャンスを見つけて構想を練り、実行した結果を見ながら自らを修正する」という行為を何度も繰り返すこと。各項目について、掘り下げてみましょう。


■ 第1のプロセス

顧客の問題を「認知」する(29ページより)

顧客の問題を解決できれば、それは大きなマーケットチャンスになる。ビジネスのスタートは市場機会の発見であるべきで、だからこそ顧客に直接会い、どのような問題を抱えているのかを知ることが重要だと著者は言っています。

理由は、「不満」「不安」「不便」などさまざまな「不」を解消することが、信頼につながるから。そしてそのためには、自分自身の内部にある「不」を発見することも大切だそうです。


■ 第2のプロセス

問題解決のための異なる「アプローチ」(32ページより)

顧客や自分自身の「問題」を発見したら、次は問題解決。そのためには、問題解決のアイデアにまったく異なる「アプローチ」を組み合わせればいいそうです。それは従来に検討されたことのない、これまでとは異なる視点で問題を解決し、新しい価値を発想するための手段。

解決するべき問題が明らかであれば、解決法もおのずと決まってくるもの。ポイントは、アプローチの方法です。アイデアは普通でも、非常識なマーケティングや非凡なビジネスモデルをミックスすれば、それが驚くような金脈の発見につながるのだとか。


■ 第3のプロセス

誰よりも早く「実行」する(35ページより)

問題が認識され、解決法を思いついたら、次は「実行」。そしてこの段階で大切なのは、「より早く成功したいのなら、より早く失敗すること」だというのが著者の主張。環境と才覚に恵まれていたとしても、失敗なくしてストレートに成功することはできないからです。

逆に失敗することで、成功に近づくための重要な示唆を得られるといいます。だからこそ、誰よりも早く実行することが大切。「最初からうまくやろう」と考えるから、うまくいかないのだそうです。


■ 第4のプロセス

予測との違いを「分析」する(38ページより)

「分析」で重要なのは、自分の仮説や想定と、実行結果との違いに着目すること。結果が思っていたほどよくなかったという場合も少なくありませんが、そんなことより「想定できていなかったもの」がどれだけ発見できたかが大切。

試行錯誤から生まれたデータは、実行によって得られるいちばんの果実であり、ダイヤの原石。そしてそれを活かすためには、商品ひとつひとつ、顧客ひとりひとり定性的なデータをピックアップし、仮説を立てながら地道に分析すべきだといいます。


■ 第5のプロセス

顧客の求めに応じて、環境に「適応」する(40ページより)

分析結果によっては、事業自体を根本から見直す必要が出てくることもあるでしょう。そこで重要なのが、環境に対し柔軟に「適応」していく能力。顧客のニーズに合わせ、自分自身や提供するサービスを変えなければならないということです。

適応スピードが遅いと、命取りになることもあります。だからこそ、市場が望む方向へ自らを適応させるべきなのです。


この他、本書には5Aサイクルを活用して成功した企業の具体的な事例も紹介されています。興味を持たれたら、ぜひそちらもチェックしてみてください。


本書を手に取った方は、どんな感想をもったでしょうか。Facebookページでも下記のコメント欄でも、ぜひ教えてください。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.